【古文】大学受験で合格するための参考書の選び方って?

スタディチェーンが無料体験実施中!東大・早稲田を主とした大学に通う現役大学生に、オンラインで受験勉強をマンツーマン指導してもらえる"スタディチェーン”が初めての方限定で『2週間無料体験』と『お得な入会キャンペーン』を実施中です!
-

以下では、古文の参考書、問題集について解説していきます。

古文は覚えるべき、単語、助動詞、助詞が多く、苦手意識を持っている人が多いとお思いますが、逆に言えばそこさえ覚えてさえしまえばあとは得点源にもしうる教科なので粘り強く頑張っていきましょう。


しかし、がむしゃらに頑張ってしまうと時間を無駄にすることにもなりかねません。この記事を参考に、正しい参考書で正しい勉強をすることで、最短で合格にたどり着きましょう。

 

知識

古文は、何と言っても単語以外にも覚える文法事項が多いことが特徴です。

ただ適当に片っ端から覚えていては効率が悪く、時間を浪費してしまいます。
以下の記事を参考に自分にあっている参考書を探してみてくださいね。

 

古文単語ゴロゴ

最初に紹介する古文単語帳は、『古文単語ゴロゴ』です。
古文の単語を語呂合わせで覚えるというコンセプトで作られた単語集です。

この1冊に出てくる古文単語を一通り覚えておけば、入試の古文単語で悩むことはなくなるでしょう。古文単語を覚えるのがどうしても苦手という人でも、『古文単語ゴロゴ』に書かれている語呂合わせを使うと印象に残りやすいので、今までよりも効率よく暗記できるようになります。

古文の教科書や問題集に出てくる単語を自力で覚えようとしてもなかなか記憶に定着しなかったという人は、『古文単語ゴロゴ』を使った語呂合わせによる暗記法を試してみることをおすすめします。

 

読んで見て覚える重要古文単語 315

次に紹介する古文単語帳は『読んで見て覚える重要古文単語 315』です。
各単語、語源やイラストが載っているため、古文への苦手意識が生まれることなく暗記ができます。

これまでの古文単語帳よりもイラストが重視されているので、初学者であっても違和感なく取り組むことができるかと思います。

 

文法

単語の次に取り掛からなければいけないのが、古典文法です。当然のことながら現代の文法とは全く異なるので、違う言語として腹をくくって暗記しましょう。

始めは量も多く抵抗があるかもしれませんが、これさえ覚えればあとあと、演習の際に楽になるので頑張っていきましょう。

そんな頑張るあなたの支えになる参考書を以下では紹介していきます。

 

富井の古典文法をはじめからていねいに

古文に苦手意識のある人、古文の勉強法がわからない人がはじめに手をつけるべき参考書です。

古文ができるようになるには?品詞はどのように見極めればいいのか?といった基本的な項目から、古文の勉強の核の部分に至るまで古文知識をを網羅しているので、演習に入っても辞書的に使うこともできる便利な参考書です。

 

古文解釈 はじめの一歩 -文法から解釈へ-

古文解釈に必要な着眼点を丁寧に解説しています。
内容は重めになっているので、いきなりのこの参考書での学習はおすすめしません。

上記の富井の古典文法で基盤を固めてから、この参考書を導入することで実力UPを狙うことができます。演習の取っ掛かりとして導入するのが良いでしょう。

 

古文上達 基礎編 読解と演習

古典文法を長文の中で抑えられるので、ある程度古典文法を抑えた学生で、過去問の前に長文に慣れたい受験生におすすめです。

45項あり内容的には重いですが、この一冊で中堅私大レベルの古文読解力をつけることができます。文法知識を使って長文を解きたい、という人にはおすすめの1冊です。

 

問題集

古文知識がついたら、次はそれを演習用参考書でアウトプットしましょう。
いくら覚えても自分の力で解いていかなくては本番の量と時間に対応することができません。
以下では、レベル別に参考書を示してあるのでぜひ参考にしてみてください。

 

ステップアップノート30古典文法基礎ドリル

この参考書は、「古典文法を短期的に覚えてしまう」ことをコンセプトとしているので、この参考書を終わらせるだけである程度は古文が読めるようになります。

1つ1つの文法を詳しく解説するというよりは問題演習を通じて慣れていく形式となっているので、覚えた知識をアウトプットするのに適した参考書になっています。

また、この参考書は初学者のために細かな解説もついているのでつまづくことが少なく、古文に意苦手意識を持たせないような作りになっています。

 

古文入試精選問題集

この参考書は、基礎的な知識のインプットが終わった受験生が、過去問に入る前に演習用として使うことが多いです。

収録されている問題はMARCHや早慶、難関国公立を中心とした過去問をリメイクして作ってあります。そのためこの演習参考書に入る前に、基礎的な演習用参考書に手をつけてからの方が良いでしょう。レベルの目安としては、センター試験8割程度の実力は必要です。

しかし、ハードルが高い一方で解説もかなり豊富なので、ある程度知識のある生徒がこの参考書での演習を行えば、過去問に入れるくらいの実力を養成することができます。

スタディチェーンが無料体験実施中!東大・早稲田を主とした大学に通う現役大学生に、オンラインで受験勉強をマンツーマン指導してもらえる"スタディチェーン”が初めての方限定で『2週間無料体験』と『お得な入会キャンペーン』を実施中です!
-

関連記事

  1. 【大学受験】国語の特徴・対策法を知ることで合格までの距離が近くなる!

  2. 【古文】大学受験で合格するおすすめ勉強法を徹底解説!!

  3. 大学受験に出る国語の文学史の特徴・勉強法・参考書を紹介!

  4. 【国語】大学受験の古文のおすすめの参考書と単語帳と文法書

  5. 【古文】現役大学生おすすめの受験のための勉強法を徹底解説

  6. 【大学受験】オンライン塾で国語9割取る勉強法をお教えします