【国語】大学受験で合格をつかむための参考書の選び方とは?

スタディチェーンが無料体験実施中!東大・早稲田を主とした大学に通う現役大学生に、オンラインで受験勉強をマンツーマン指導してもらえる"スタディチェーン”が初めての方限定で『2週間無料体験』と『お得な入会キャンペーン』を実施中です!
-

大学受験で合格する上で不可欠なのが参考書です。それではその参考書はどのように選べばいいのでしょうか?


この記事では、難関大に在籍する現役大学生が大学受験に合格するための参考書の選び方を解説しているのでぜひ読んでみてください。

 

【現代文】大学受験で合格するための参考書の選び方って?

 

知識

国語の中でも現代文は暗記科目ではないため、どこから学習していけばわからないという人もいるでしょう。
しかし、現代文も他の国語の教科と同じように基礎的な知識がないと、解けない問題というのが数多く存在します。
以下では、「合格するために必要な現代文の知識」をつけるために不可欠な参考書を紹介していきます。

漢字編

入試漢字マスター1800+

この漢字帳のいいところは、漢字の横に意味も書いてあることです。単なる漢字練習ではなく、現代文を読む際にも役に立つため一石二鳥です。ぜひ何を買うか迷っている人ははじめに手に取ってみるのがいいのではないでしょうか。
収録内容としては、書き取り約1200題超、読み約400題、センター対策約100題、四字熟語約200題から成ります。

頻出入試漢字コア2800―新版完全征服

上記の参考書と同じように、漢字の読み書きだけでなく、語の意味もしっかり学習できるように工夫されています。漢字の意味も覚えられるように、例文を活用した語の意味を簡潔に掲載しています。
特徴としては、2800語もの語数を収録していることです。これさえ完璧にすれば大学受験の漢字は網羅できると思います。
参考書には定評のある桐原から出版されているのでまず間違いなしの1冊です。

生きる漢字・語彙力

この参考書も漢字帳でありながら、語の意味も理解できるように工夫された参考書です。例文が面白いので漢字学習のとっかかりにいいかもしれません。
掲載量も2300語と多く、こちらもこの1冊で十分大学受験で対応できます。

 


キーワード編

現代文のキーワードは直接問われることが少ないにしても、実は英語で言う英単語と同じくらい重要になってきます。
かといって、現代文のキーワードを一から調べるのは大変手間で、効率が悪いです。
以下で現代文のキーワードをまとめてある参考書を示したので、ぜひ参考にしてみてください。

 

生きる現代文キーワード

駿台から出てる語彙力向上用の参考書です。
文章読解をしながらテーマやキーワードを確認、覚えていくため、記憶に定着しやすいです。難易度的には容易ですが低すぎることもなく、やさしい解説や、練られた問題配置のため初心者でも不安要素なく取り組める1冊です。

 

現代文キーワード読解

定番の難関大学時受験者用の参考書です。
z会から出版されています。読解の流れで定着させることに重点を置いているためか、頻出単語のみに絞られています。頻出テーマは確実に身につくでしょう。また、、解説文、例文共に文章自体のレベルが相当高いので、既に現代文単語をある程度覚えていて、かつ読解にも自信のある人使うと高い学習効果を見込めるでしょう。

 

演習

次に、過去問に対応するための読解力をつけることのできる、演習用の参考書を紹介します。
現代文の演習用参考書はこの世にありふれていますが、何をどの時期にやればいいか判断することは難しいでしょう。
そこで、スタディチェーンは以下にレベル別で代表的な参考書を示したので、ぜひこの記事を参考にして計画的に演習を積み重ねてみてください。

 

田村のやさしく語る現代文 代々木ゼミ方式

優しい語り口で、現代文を解く基本から丁寧に書いてある参考書です。現代文が苦手な人に、初めてのテキストとして使うことをおすすめします。ページ数も少なく、テキストが終わるか不安という方でも使いやすい内容になっています。
この参考書をしっかりこなすことで、中堅大学レベルの知識を付けることができます。現代文に苦手意識がある人に、手に取ってみてほしい参考書です。

 

現代文読解力の開発講座

現代文が比較的得意な人におすすめの参考書です。文章を論理的に読み解く方法が分かることで、読解力を、さらに延ばすことができます。
要約問題も付いていて、解説も詳しいです。難しいと感じても、まずは問題を解いて、解説を読み込むサイクルを繰り返すことで、理解度が格段にアップします。

 

得点奪取現代文記述・論述対策

模試で問題を作っている河合塾の先生が中心となって作られたテキストです。
そのため、問題、解答共にかなり作り込まれており、力になります。採点基準も明確なので、どこがわかっていなかったのか、どのように書いていれば正解だったのかが、わかるようになります。
記述対策になるので、赤本に始める前の国公立の2次試験や、私立の記述対策にぴったりです。

 

【古文】大学受験で合格するための参考書の選び方って?

次に古文の参考書について解説していきます。

古文は覚えるべき、単語、助動詞、助詞が多く、苦手意識を持っている人が多いとお思いますが、逆に言えばそこさえ覚えてさえしまえばあとは得点源にもしうる教科なので粘り強く頑張っていきましょう。
しかし、がむしゃらに頑張ってしまうと時間を無駄にすることにもなりかねません。この記事を参考に、正しい参考書で正しい勉強をすることで、最短で合格にたどり着きましょう。

 

知識

古文は、何と言っても単語以外にも覚える文法事項が多いことが特徴です。

ただ適当に片っ端から覚えていては効率が悪く、時間を浪費してしまいます。
以下の記事を参考に自分にあっている参考書を探してみてくださいね。

 

古文単語ゴロゴ


この単語帳は、古文の単語を語呂合わせで覚えるというコンセプトで作られた単語集です。

この1冊に出てくる古文単語を一通り覚えておけば、入試の古文単語で悩むことはなくなるでしょう。古文単語を覚えるのがどうしても苦手という人でも、『古文単語ゴロゴ』に書かれている語呂合わせを使うと印象に残りやすいので、今までよりも効率よく暗記できるようになります。

古文の教科書や問題集に出てくる単語を自力で覚えようとしてもなかなか記憶に定着しなかったという人は、『古文単語ゴロゴ』を使った語呂合わせによる暗記法を試してみることをおすすめします。

 

読んで見て覚える重要古文単語 315

次に紹介する古文単語帳は、『読んで見て覚える重要古文単語 315』です。
各単語、語源やイラストが載っているため、古文への苦手意識が生まれることなく暗記ができます。


これまでの古文単語帳よりもイラストが重視されているので、初学者であっても違和感なく取り組むことができるかと思います。

  

文法

富井の古典文法をはじめからていねいに

古文に苦手意識のある人、古文の勉強法がわからない人がはじめに手をつけるべき参考書です。

古文ができるようになるには?品詞はどのように見極めればいいのか?といった基本的な項目から、古文の勉強の核の部分に至るまで古文知識をを網羅しているので、演習に入っても辞書的に使うこともできる便利な参考書です。

 

古文解釈 はじめの一歩 -文法から解釈へ-

古文解釈に必要な着眼点を丁寧に解説しています。
内容は重めになっているので、いきなりのこの参考書での学習はおすすめしません。

上記の富井の古典文法で基盤を固めてから、この参考書を導入することで実力UPを狙うことができます。演習の取っ掛かりとして導入するのが良いでしょう。

 

古文上達 基礎編 読解と演習

古典文法を長文の中で抑えられるので、ある程度古典文法を抑えた学生で、過去問の前に長文に慣れたい受験生におすすめです。

45項あり内容的には重いですが、この一冊で中堅私大レベルの古文読解力をつけることができます。文法知識を使って長文を解きたい、という人にはおすすめの一冊です

  

問題集

古文知識がついたら、次はそれを演習用参考書でアウトプットしましょう。
いくら覚えても自分の力で解いていかなくては本番の量と時間に対応することができません。
以下では、レベル別に参考書を示してあるのでぜひ参考にしてみてください。

 

ステップアップノート30古典文法基礎ドリル

この参考書は、「古典文法を短期的に覚えてしまう」ことをコンセプトとしているので、この参考書を終わらせるだけである程度は古文が読めるようになります。

1つ1つの文法を詳しく解説するというよりは問題演習を通じて慣れていく形式となっているので、覚えた知識をアウトプットするのに適した参考書になっています。

また、この参考書は初学者のために細かな解説もついているのでつまづくことが少なく、古文に意苦手意識を持たせないような作りになっています。

 

 

古文入試精選問題集

この参考書は、基礎的な知識のインプットが終わった受験生が、過去問に入る前に演習用として使うことが多いです。

収録されている問題はMARCHや早慶、難関国公立を中心とした過去問をリメイクして作ってあります。そのためこの演習参考書に入る前に、基礎的な演習用参考書に手をつけてからの方が良いでしょう。レベルの目安としては、センター試験8割程度の実力は必要です。

しかし、ハードルが高い一方で解説もかなり豊富なので、ある程度知識のある生徒がこの参考書での演習を行えば、過去問に入れるくらいの実力を養成することができます。

 

【漢文】大学受験で合格するための参考書の選び方って?

漢文は暗記事項もそれほど多くなく、入試の問題量もそれほど多くないことが多いため、軽視している受験生が多いです。
しかしそれゆえに対策不足で、漢文のせいであと一歩、第一志望校に届かなかったという人も毎年数多く存在します。
後悔のない受験をするためにも、隙のない学習を進めていきましょう。
かといって漢文にそこまで時間をかけるわけにもいかないので、まずそのために正しい参考書選びをして万全の対策をしましょう。

 

知識編

漢文は暗記量は比較的少ないとはいえ、句形を覚えなければ太刀打ちできない問題が数多く存在します。
まずは短期集中で、句形を覚えていき、素早く演習に移行していきましょう。

 

漢文句形ドリルと演習 ステップアップノート

漢文が苦手な人や、易しい問題から句形に慣れていきたい人のための問題集です。
各句形ごとに項目が分かれており、覚えた句形を次のページの問題ですぐにアウトプットすることで、身につきやすい構造になっています。これを2周もすれば基礎的な漢文の知識は磐石と言っていいでしょう。

漢文早覚え速答法 パワーアップ版

ステップアップノートに合わないという人はこれがおすすめです!
この参考書も各句形が項目ごとに、詳しく解説されていてこれ一冊で漢文の基礎知識をつけきることができます。
また辞書敵意に使うこともできるので、問題演習でわからないことがあってもこの参考書に戻ればすぐに疑問を解消することができます。

また理系の受験生でセンター試験の問題練習をしたい人にもこの問題集はピッタリです。本番前に目を通し、漏れがないか確認するのが良いでしょう。

演習編

漢文は国語の他の教科と比べて、なかなか問題尾を解く機会が学校でない分、いざ過去問をやるときに解き方がわからない人や、どこから手をつければいいかわからない人が数多く存在します。
そのように、漢文の路頭に迷わないための道標となる演習用参考書を以下で紹介します。

 

マーク式基礎問題集

この問題集は、センターでしか漢文を使わない人や、マーク式の演習をしたい人におすすめです。難易度的にはそこまで難しくないので、演習を重ねたい人にとても役に立ちます。

また、この問題集はマーク模試の過去問から精選されており、悪問が少ないため納得しやすく、自分の知識にできる構造になっています。マーク式の演習を始めたい人はまずこの問題集から始めてみましょう。

決定版 センター試験
国語【漢文】の点数が面白いほどとれる本

上記の問題集が少し簡単だった人はこの問題集に飛んでみましょう。
この問題集は上記問題集より比較的、問題レベルが高くなっているものの、漢文の句形や書き下し文などの解説も丁寧に載っているので、センター試験対策の勉強はこの問題集から始めても大丈夫です。

本番前に触れ、腕試しに解いてみるのにも有効な1冊となっています。

得点奪取漢文―記述対策

過去問で記述問題に入る前にまず取り掛かりたいのがこの参考書です。
文章自体は難しくありませんが、記述の形式に慣れるには最適な参考書になっています。

記述で一番難しい採点基準も詳しく載っているので過去問を実施するときに、何に気をつけて解答すればいいかわかるようになります。

記述問題に免疫がない人や、過去問をやってみてどうも書き方がわからないという人におすすめの1冊です。

スタディチェーンが無料体験実施中!東大・早稲田を主とした大学に通う現役大学生に、オンラインで受験勉強をマンツーマン指導してもらえる"スタディチェーン”が初めての方限定で『2週間無料体験』と『お得な入会キャンペーン』を実施中です!
-

関連記事

  1. 【参考書】現代文キーワード読解の使い方を解説【大学受験】

  2. 【偏差値別】現代文おすすめ参考書と問題集を徹底紹介‼

  3. 【国語:大学受験参考書】きめる!センター現代文の使い方を解説!

  4. 【大学受験】きめる!センター現代文の具体的な内容・勉強法って?

  5. 国語によくある近代以降の文章!大学受験の悩みを解決‼

  6. 【大学受験】現代文の勉強法は?おすすめの参考書・問題集って?