【地学】現役大学生おすすめの受験のための勉強法を徹底解説

スタディチェーンが無料体験実施中!東大・早稲田を主とした大学に通う現役大学生に、オンラインで受験勉強をマンツーマン指導してもらえる"スタディチェーン”が初めての方限定で『2週間無料体験』と『お得な入会キャンペーン』を実施中です!
-

 

地学基礎を勉強しているけど、どう成績を上げていけば良いか分からない、と思っている地学の選択者は少なくないでしょう。

 

この記事では、地学基礎の参考書の情報は少ないうえ、先生も少ないため、頼る人がいなく、おすすめの参考書すらわからない、という悩みを解消するため、地学で高得点を取るための参考書、そしてその使い方を紹介していきます。

 

地理の成績を最短距離で上げるためには、参考書選びはかなり重要です。ぜひこの記事を参考に地学を正しい勉強方で取り組んでみてください。

 

青山の地学基礎をはじめからていねいに

 

東進から出版されている参考書です。12章で編成されており、語り口調で解説されているのが特徴です。

 

高校1年生でも理解できるように書かれているので、丁寧に解説されています。各章末に確認テストがついているので、理解度の確認を行うこともできます。

 

また、図やイラストが多く書かれているので、難しい内容もビジュアルで把握できるようになっています。一から地学を学びたい人や、地学基礎に苦手意識がある人にオススメです。

 

地学基礎 書き込み式サブノート

 

地学用語が覚えられない人におすすめしたい参考書です。地学の全体像を掴みやすいので、大枠をマスターして次の参考書に繋げていくことが出来ます。

 

穴埋め形式になっているので、自分が覚えているか確認しながら進めていけることが魅力です。初学段階で、全体像を掴むことで、苦手意識が生まれることを防ぎ、深い内容理解にも繋げることができます。

 

地学基礎の必修整理ノート

 

これも書き込み式の参考書です。授業に合わせて使いやすいように小項目で構成されており、各項目の最後にはテストもあります。

 

書き込み形式ということで、書き込む内に自然と内容を覚えて理解できるようになっています。

 

地学基礎で学ぶ項目や用語は教科書によって少しずつ違っていますが、現在使われている全ての教科書を徹底分析して編集してあるので安心です。

 

センター試験地学基礎の点数が面白いほどとれる本

 

この参考書は、センター試験の過去問を徹底的に分析して、あらゆる問題に対応できるよう構成されています。

 

図や挿絵が多く、難しい内容を書いていないのが特徴です。そのため、初学者や苦手意識がある人でも抵抗感なく読むことができます。

 

難易度はやや易しめですが、解説はとても詳しく地学が苦手な人でも苦手意識を持たずに勉強していくことができます。

 

解決! センター 地学基礎

 

計算問題などの演習が必要な問題を、多く掲載している参考書です。暗記系ではなく計算問題などの知識を深めたい人にとって、有効な参考書となっています。

 

内容量自体はそこまで多くなく、すぐに終わるので計算問題に難がある人や、試験直前の確認に使える参考書となっています。

 

センター地学基礎 完全攻略

 

駿台が出版している問題集です。地学基礎の問題集が少ない中で、この問題集はセンター試験の解説が詳しく載っている貴重な参考書です。

 

収録されている問題は、過去問ではなくオリジナル問題となっていてます。問題数は63問と比較的少なく、1ヶ月前後で終わらせることが出来ます。

 

正解だけでなく不正解の選択肢の解説も行っているので、地学を網羅的に理解しながら問題を解き進めていくことが出来ます。

 

センター試験 安藤雅彦 地学基礎 講義の実況中継

 

河合塾の授業を、丁寧にまとめて再現している解説形式の参考書です。頻出の図表の読み取り対策として、図やグラフを豊富に掲載しています。

 

また、“センター試験に出るポイント”と“ステップアップ”に、センター試験に出るポイントがまとめられています。

 

また、センター試験では出題されませんが、点差が付きやすい考察問題と計算問題も収録されています。

 

出題率の高い問題を厳選した問題演習も掲載しているので、高得点を取れる実力が付く参考書です。

 

きめる!センター地学基礎

 

シリーズ累計300万部の人気のセンター地学基礎対策の参考書です。問題集としても使うことが出来ます。

 

大学受験で出題される地学の全範囲を網羅しており、簡潔なまとめと詳しい解説で効率よく学習することが出来ます。

 

ページ数は300ページと一見多く思えますが、図を多用しているので見やすい作りになっています。

 

また、別冊付録として要点がまとまった要点集が付いているので、手軽にいつでも知識の確認を行うことができます。

 

難易度は少し高いですが、問題をこなしていけばかなりの実力がつく参考書です。

 

センター地学基礎 短期攻略

 

駿台から出ている問題演習に特化した問題集です。センター試験の過去問題に、オリジナルの問題を加えて掲載しています。解説は、答えの出し方だけでなく、考え方、関連する要点も説明しており、わかりやすいものになっています。

 

また、正解の選択肢だけでなく、不正解の選択肢についても詳しく説明があります。63題掲載されており、実践的な形で無理なく問題を解くことができます。

 

マーク式総合問題集地学基礎 2019

 

地学基礎は2015年にできた科目であり、過去問は少ししかありません。そのため、多くのセンター試験を解きたい場合は、この問題集がオススメです。

 

この参考書は「河合塾全国マーク模試」を4回分収録しています。過去問も2回分収録されているので、かなりの演習を積むことができます。

 

マーク式基礎問題集地学基礎

 

河合塾から出版されている問題集です。

 

図表・写真やグラフを題材にして、考えながら問題を解くオリジナルの問題を中心に収録しています。センター試験だけでなく、私大対策の問題も掲載されているので、二次試験で地学を受験する人におすすめです。ジャンル別、分野別に問題を掲載してあり、苦手分野をつぶしていくことが可能です。

 

また、重要事項がまとめてあり、間違えやすい事項には「注意」が振られているので、重要度や難易度が分かりやすくなっているのも魅力です。

 

スタディチェーンが無料体験実施中!東大・早稲田を主とした大学に通う現役大学生に、オンラインで受験勉強をマンツーマン指導してもらえる"スタディチェーン”が初めての方限定で『2週間無料体験』と『お得な入会キャンペーン』を実施中です!
-

関連記事

  1. 現役早大生が語る早稲田教育学部に合格するための勉強法(生物編)

  2. 【世界史】早稲田大学文化構想学部合格のための勉強法

  3. コロナによる休校期間中はオンライン塾で受験勉強を進めよう

  4. 【政経】早稲田大学社会科学部合格のための勉強法

  5. 現役早稲田大学生が教える効率の上がる勉強法5選!!

  6. 【英語】早稲田大学基幹理工学部合格のための勉強法