指定校推薦のメリット、デメリットを徹底解説!

スタディチェーンが無料体験実施中!東大・早稲田を主とした大学に通う現役大学生に、オンラインで受験勉強をマンツーマン指導してもらえる"スタディチェーン”が初めての方限定で『2週間無料体験』と『お得な入会キャンペーン』を実施中です!
-

大学入試に指定校推薦を利用しようか、一般入試やAO入試を利用しようか迷っている方は非常に多いと思います。今回はそんな皆さんのために指定校推薦のメリット、デメリットを徹底解説します。

目次

  1.  指定校推薦のメリット
    1.1. 特別なことが無い限り確実に合格する
    1.2. 一般受験で進学するより安く、親も安心する
    1.3. 一般入試、AO入試よりも圧倒的に楽
    1.4. 大学に入ってから一番成績が良いのは指定校推薦
    1.5. 自分の実力以上の大学に行くことができる
  2.  指定校推薦のデメリット
    2.1.  苦手な教科がある場合が多い
  3.  まとめ
     指定校推薦のメリット

特別なことが無い限り確実に合格する
 指定校推薦は何か特別なアクシデントや犯罪行為などをしでかせない限り不合格になることはありません。よく指定校推薦試験が終わり、大学からも合格通知が届いたにも関わらず、高校の先生から授業態度や生活態度次第で合格を取り消すなどと言われることがありますが、合格が取り消される可能性はほとんどありません。合格が取り消されるとすれば、飲酒や喫煙などの犯罪行為により逮捕された場合のみです。

 そのため、指定校推薦試験に受かった後は思い切り自分がやりたいことをやった方がいいでしょう。是非指定校推薦のメリットを最大限に活用して読書、映画鑑賞など自分がやりたいことにどんどん励んでみてください。

一般受験で進学するより安く、親も安心する
 一般入試で進学する場合、一年間の塾の費用、複数校への出願費用、受験地までの交通費、宿泊費などなど数百万円のお金がかかります。

 しかしながら、それに比べて指定校推薦の場合は志望校への出願費用のみで済みます。結果的に何百万のお金の違いが生まれるんです。

指定校推薦を利用すれば親孝行にも繋がって家計の負担も軽減できるというのは何よりも指定校推薦のメリットではないでしょうか?

一般入試、AO入試よりも圧倒的に楽
 一般入試、AO入試などの場合は、同時に何年も勉強を積み重ねてきた浪人生とも勝負をしなければいけません。しかしながら、指定校推薦の場合は自分の高校の校内選考を突破した時点で大学合格が確約されます。そのため、一般入試を受ける人と比較してみると、時間コストも金銭的コストも指定校推薦の方が圧倒的に少ないです。

大学に入ってから一番成績が良いのは指定校推薦
 色々なサイトやブログ、youtubeなどで一般入試を突破した人が大学に入っても一番成績もよく、評価も高いなどと言っていますが、そんなことは全くありません。

 むしろ真逆です。

 受験応援サイトや受験youtubeなどは基本的に今の大学の実態を知らない方が運営しています。そのため、でたらめな大学に関する情報が転がっているのをよく目にします。

 しかしながら、当サイト「受験塾」の運営メンバーには、東京大学、早稲田大学、慶応義塾大学、立教大学、明治大学、青山学院大学などの現役大学生が在籍しているために本当の大学の生の実態をお伝えしています。

 だからこそ、その立場から大学内での指定校推薦の立場を申し上げると、AO入試組の次に優れています。具体的には、AO入試組→指定校推薦組→一般入試組の順で総合的にも平均的にも優れています。

 ただし、AO入試組と指定校推薦組では多くの私立大学においては指定校推薦組の方が人数が多いために多くの現役大学生は指定校推薦組が一番大学に入って優秀だと言います。

自分の実力以上の大学に行くことができる
 指定校推薦を利用すれば自分の実力以上の大学に合格することが可能です。なぜなら、不得意な科目があったとしても定期テスト対策だけしっかりとして定期テストにおいて優秀な成績を残していれば指定校推薦枠を勝ち取ることは十分可能だからです。これこそが指定校推薦のメリットであるために大学の名前で選ばずに指定校推薦の条件を見て自分の高校の成績で指定校推薦枠を勝ち取れる大学を探してみてください。

 指定校推薦のデメリット
 苦手な教科がある場合が多い
 指定校推薦のデメリットとしては、一つだけです。

 何かしら苦手な科目がある場合が多いということです。なぜなら、一般入試組の多くは複数科目を徹底的に勉強しているのに対して指定校推薦組は定期テストのみの勉強ができる場合が多いです。そのため定期テストではできても長い範囲のテストなどでは成績が悪い教科のある指定校推薦組が非常に多いのです。

 しかしながら、これは大学に入れば取りたい授業を自分で選べるので苦手な科目を取らなければ全く成績には関係ありません。

 まとめ

 いかがだったでしょうか?指定校推薦のメリット、デメリットについて紹介しましたが、圧倒的に指定校推薦はメリットの方が多いということに気付けたと思います。お子さんに指定校推薦を利用してもらいたい親御さん、指定校推薦を利用しようかどうか迷っている受験生の方の少しでもお役に立てれば幸いです。

最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

スタディチェーンが無料体験実施中!東大・早稲田を主とした大学に通う現役大学生に、オンラインで受験勉強をマンツーマン指導してもらえる"スタディチェーン”が初めての方限定で『2週間無料体験』と『お得な入会キャンペーン』を実施中です!
-

関連記事

  1. 【世界史】早稲田大学社会科学部合格のための勉強法

  2. 【大学受験生物】大学受験の対策に向いてる生物の参考書は?

  3. 【オンライン塾】オンライン塾を使って成績を上げる方法は?

  4. 【物理】早稲田大学基幹理工学部合格のための勉強法

  5. 新型コロナウイルス休校中の家庭学習支援サービスまとめ

  6. 【世界史】早稲田大学国際教養学部合格のための勉強法