【数学】早稲田大学スポーツ科学部合格のための勉強法

スタディチェーンが無料体験実施中!東大・早稲田を主とした大学に通う現役大学生に、オンラインで受験勉強をマンツーマン指導してもらえる"スタディチェーン”が初めての方限定で『2週間無料体験』と『お得な入会キャンペーン』を実施中です!
-

 

早稲田大学スポーツ科学部に合格するために必要な数学の勉強法を現役早稲田生が紹介します。
早稲田大学スポーツ科学部の入試問題の数学試験の特徴から入学試験への効果的な勉強法や効率的な勉強法をスタディチェーンの早稲田大学スポーツ科学部の現役大学生が詳しく徹底解説します。

 

早稲田大学スポーツ科学部の数学の試験形式

 

・試験時間 90分

・マークシート式

・大問5題

早稲田大学スポーツ科学部の数学は、数Ⅰ・Ⅱ・A・B(「確率分布と統計的な推測」を除く)から典型的な問題が中心に出題されます。問題の構成・難易度は毎年変わります。

 

ほとんどの問題が標準的な内容で、解法に工夫が必要で時間がかかる難解な問題が1題ほど入ります。早稲田の他の学部に比べると難易度はやや低いと考えられます。

 

他の問題は放物線と円が2箇所で接するという図を描いて求めやすい問題や、反復試行の確立の最大値を求める問題など、公式や解法を知っていれば解ける問題がほとんどです。

 

早稲田大学スポーツ科学部の勉強法ポイント(数学編)

 

標準問題を確実に正解できるように

早稲田大学スポーツ科学部の数学は、問題の多くを占める標準的な問題を確実に正解できるようになるのが、最優先にすべきことです。公式や解法など、基本的な知識を覚えて、問題演習で定着させましょう。

 

特に、微積分・ベクトル・数列など数Ⅱ・Bの典型問題は頻出なので、重点的に対策しましょう。 標準的な確率も多く出題されているので、苦手意識を持っている人はしっかり練習していきましょう。

 

標準的な問題から解くのが効率的に点数を取るポイント

 

早稲田大学スポーツ科学部の数学は、急に難しい問題や解くのに時間がかかる問題が出てきます。そのような問題は飛ばしてしまい、他の標準的な問題から解くのが効率的に点数を取るポイントです。

 

開始直後に、優先的に解いていく問題を見極めましょう。このような事態を想定し、普段から解けそうな問題と飛ばしてしまう問題を判断できるよう演習を積みましょう。

 

図を書き、ペンを動かす

早稲田大学スポーツ科学部の数学は、誘導が少ないのも1つの特徴なので、積極的に図を書き、ペンを動かしてみることが重要になってきます。

 

図形問題は、図が与えられないときは大抵自力で作図をする必要があります。綺麗な図を描くことは問題のイメージを簡単にしあす。普段から裏紙や無地のノートに図を書いて問題を解くようにしましょう。

 

過去問演習を繰り返す

 

早稲田大学スポーツ科学部の数学に対応するために、過去問演習を繰り返し、解く問題の優先順位、時間配分などを考える力を身につけておきましょう。

 

過去問はただやって満足するのではなく復習して初めてやる意味をもつ。何度も解いて何度も復習しよう。

 

詳しい入試情報は大学のオフィシャルHPに掲載されています。
https://www.waseda.jp/fsps/sps/applicants/

スタディチェーンが無料体験実施中!東大・早稲田を主とした大学に通う現役大学生に、オンラインで受験勉強をマンツーマン指導してもらえる"スタディチェーン”が初めての方限定で『2週間無料体験』と『お得な入会キャンペーン』を実施中です!
-

関連記事

  1. 合格への道のりは二人三脚で。スタディチェーンが君に伝えたい3つのこと。

  2. 【数学】早稲田大学国際教養学部合格のための勉強法

  3. 【英語】早稲田大学国際教養学部合格のための勉強法

  4. コロナの休校はまだ延長する?オンライン塾で受験勉強を進めよう

  5. 【世界史】早稲田大学政治経済学部合格のための勉強法