【世界史】早稲田大学商学部合格のための勉強法

スタディチェーンが無料体験実施中!東大・早稲田を主とした大学に通う現役大学生に、オンラインで受験勉強をマンツーマン指導してもらえる"スタディチェーン”が初めての方限定で『2週間無料体験』と『お得な入会キャンペーン』を実施中です!
-

早稲田大学商学部に合格するために必要な、世界史の勉強法を現役早稲田生が紹介します。商学部の世界史の入試問題の特徴から、入学試験への効果的な勉強法や効率的な勉強法を、スタディチェーンの商学部の現役早稲田生が詳しく徹底解説します。

早稲田大学商学部の入試問題の特徴

出題地域と分野

出題される地域は、欧米に比重がかかっている。中でもアメリカ史が頻出するのが特徴だ。

ただし、大問で中国史が頻出で、小問では欧米と中国以外の地域も幅広く出題されるため注意が必要だ。

出題される時代は古代から現代まで幅広いが、大問で現代史、それも直近の出来事まで出題されることがある。

分野としては学部の性格上、経済史が多く出題されるのが特徴だ。

難易度としては、教科書レベルを超えた難問が散見されるが、大半は教科書内容の応用レベルで、全体として難易度は高めです。

出題形式と時間配分

早稲田大学商学部の問題構成は大問4題小問が50題である。

試験時間は60分で、1題あたり約1分強で解かなければならないという計算になる。しかし、論述問題には相応の時間が必要なため、それ以外の49題は1分弱で解答しなければならない。

問題形式としては100字の論述問題が1題語句記述が13題となっている。残りは正誤問題が20題記号選択問題が13題で例年安定してこのスタイルだ。選択問題のうち、年代整序が1~3ほどで必出なのも特徴だ。

早稲田大学商学部入試への勉強法のポイント

全体の対策

商学部は、早稲田の中で政治経済学部、法学部に次いで世界史の難易度が高い学部だ。通史を何度も繰り返し、まんべんなく覚えていくことが基本的には重要だ。そこから通史の因果関係を確認した後で各語句の確認をしていこう。

そこで、通史の実力を確認するために早稲田大学の過去問、中でも文学部と文化構想学部の過去問を解いていこう。

文学部と文化構想学部は商学部よりも難易度が低く、論述問題がない上に出題範囲があまり偏ってなく、古代~現代まで全地域から出題される。7~8割の得点を目指して通史をある程度完成させておくことがポイントだ。

記述問題の対策、現代史と経済史

記述問題では事項・事柄の内容説明や歴史的意義を問う設問が多いが、時事問題をからめた問題が出題されることがある。また、アメリカ史が出題されることもしばしばだ。現代史、アメリカ史の両者とも学習が手薄になりがちなので注意しよう。

商学部だけに経済史がよく出題されルため、意識して対策をする必要がある。教科書レベルの問題がほとんどだが、経済史のみを抜粋されると解きにくい。

早稲田では同時代別地域や同地域別時代と関連付けて問題が出されることが多い。そのため、経済史に特化した関連付けと整理をしておくのがポイントだ。

論述問題対策としては、古代からじっくりと学ぶあまり現代がおろそかにならないようにまず通史を現代まで学習を終わらせよう。近現代は早稲田の他の学部でも重要なのでしっかりおさえたい。

基本は教科書のため本文をよく読むのはもちろんだが、側注または脚注、写真や地図・図版のキャプションにも目を通しておこう。資料集に載っているような地図や写真は大きなヒントになるからだ。図の年代や関連史実・人物も一緒に覚えよう。

次に簡潔に要点をまとめて100字以内で収める訓練をすることが重要だ。そのために100字程度の論述問題を数多くこなさなければならない。とくに字数超過は0点にされるかもしれないため注意が必要だ。100字は意外と短く、だらだらと書いているとすぐに制限がかかってしまう。

文字数短縮のための言い回し、テーマごとに書かなければならない重要事項を押さえられるように練習しよう。100字問題は理解度がもろに現れ、他の受験生と差が付きやすい。対策次第でコンスタントにとれるようになるため、1日1題は解くようにするのがポイントだ。

正誤問題の対策

正誤問題は全50題中20題と比率が高く、そのうえ難問が出題され、中でも文化史では難問が出題される。

文化史は作品名と作者を覚えるだけでなく、どの時代のどの出来事に結び付いているのか、同時代のほかの地域では何があったか等も整理しておくのがポイントだ。

語句記述問題についても、やや詳細な設問が出題されることがある。しかし、大半は教科書レベル、それを取りこぼさないようにし、本文だけではなく、側注または脚注、写真・図版のキャプションもきちんと読み込んでおこう。

年代の整序対策

年代整序は、解くのにどうしても時間がかかってしまうのが特徴だ。2013年度に3題出題され田ほどなので要注意したいタイプの問題でもある。

年号は覚えなければならないが、出来事がどのように起こったかという流れをまず把握しよう。何か重大な出来事が起こる時には必ず理由があり、その因果関係は、試験問題でも問われやすい。そのため、事項を学習するときは語句の丸暗記ではなく、前後関係もおさえておこう。

時事問題対策

日頃から、新聞やニュース番組に触れておこう。その年前後のトピックに沿った問題が頻出だ。その年に話題になったこと自体は出題されずとも、その国や地域、出来事に関連する内容がテーマにされることもある。大きな出来事だけでもいいので、頭に入れておいて損はないだろう。

苦手分野をつくらないように

上記の通り、欧米史に比重のかかった出題傾向にあるが、中国史は必出、イスラーム史や東南アジア史が出題されることもあるため、抜けのない学習が必要

計画的に学習すること、過去問の数をこなすことがとても重要だ。勉強の筋道を立てるにも、その問題傾向をつかまなければならない。商学部はもちろん、他学部の過去問もできる限り解こう。

多少難易度に差はあるが、早稲田は問題の出し方に共通するものがある。世界史の問題に関しては政治経済学部や法学部はやや難易度が高めなため、余裕があれば挑戦してみると良いだろう。また、直前の対策として、商学部以前に試験が実施された学部の問題を入手して解くことも有効だ。

詳しい入試情報は大学のオフィシャルHPに掲載されています。

スタディチェーンが無料体験実施中!東大・早稲田を主とした大学に通う現役大学生に、オンラインで受験勉強をマンツーマン指導してもらえる"スタディチェーン”が初めての方限定で『2週間無料体験』と『お得な入会キャンペーン』を実施中です!
-

関連記事

  1. 【生物】大学受験の生物対策におすすめのアプリはある??

  2. 【数学】早稲田大学国際教養学部合格のための勉強法

  3. 【東京大学】教えて!東京大学法学部ってどれくらい凄い?

  4. 【大学受験】難関大志望におすすめのオンライン塾、ネット塾まとめ

  5. 【英語】早稲田大学文化構想学部合格のための勉強法

  6. 【東京大学】東京大学の入試日程や試験の配点、時間割は?