【数学】早稲田大学国際教養学部合格のための勉強法

スタディチェーンが無料体験実施中!東大・早稲田を主とした大学に通う現役大学生に、オンラインで受験勉強をマンツーマン指導してもらえる"スタディチェーン”が初めての方限定で『2週間無料体験』と『お得な入会キャンペーン』を実施中です!
-

早稲田大学国際教養学部に合格するために必要な、数学の勉強法を現役早稲田生が紹介します。国際教養学部の数学の入試問題の特徴から、入学試験への効果的な勉強法や効率的な勉強法を、スタディチェーンの国際教養学部の現役早稲田生が詳しく徹底解説します。

早稲田大学国際教養学部の試験形式

早稲田大学国際教養学部の数学の試験時間は60分、大問は毎年3~4題となっています。解答形式は、記述式による空欄補充形式で確率分布と統計的な推測を除いた数学Ⅰ・Ⅱ・A・Bから出題されます。基本的で典型的な問題が幅広く出題されるため、いかに基本演習を積み上げ、早く処理できるかが問われています。

早稲田大学国際教養学部の入試問題の特徴

ここ数年の出題範囲は数列、確率、三角関数が多く、難易度については基本~標準レベルの問題となっています。しかし、試験時間のわりに問題が多いので高い計算力と判断力が求められます。

国立大学志望者が受験生という前提で問題が作成されているので、私立文系の数学選択者からみると難しい問題が多いと感じるかもしれません。その中で確実に自分が得点できる問題を探して解答することが求められます。

早稲田大学国際教養学部入試への勉強法のポイント

早稲田大学国際教養学部の入試対策勉強法(確率編)

早稲田国際教養学部の数学は、確率がほぼ毎年出題される頻出分野です。
基礎的な典型問題が出題されるのはもちろんのこと、数列の分野も絡む確率漸化式の問題も多く出題されるので、対策が必要です。

国際教養学部の数学の確率は得点源になりうるので、典型問題を確実に解ける力をつけることで他の受験生に差をつけましょう。問題パターンも典型的なので、日頃から多くの問題にあたっていれば、解いたことのある問題がほとんどです。解法パターンを頭に入れておくことで時間短縮ができるようにしてください。

早稲田大学国際教養学部の入試対策勉強法(微積分編)

早稲田国際教養学部の数学は、文系数学でありながら、数学Ⅱの微積分が頻出分野です。苦手とする人が多い分野ではありますが、逆に言えば得点源にし他の受験生と差をつけることができる分野でもあるので、あらかじめ対策をしておきましょう。早稲田の数学においては、図は基本的に自分で描かないといけません。微積分についても分かりにくいようでしたら接線や関数の図を描きましょう。接線の大小や範囲についてイメージがつきやすくなることで、ミスを減らすことができます。

早稲田大学国際教養学部の入試対策勉強法(計算編)

問題数が多いため本番解けきれずに終わるなんてことも想定されます。事前にそのような事態を防ぐためにも、演習量を多くとる必要があります。
豊富な解法パターンを蓄積し、時間内に解き終えられるスピーディーで正確な計算力を養いましょう。

スタディチェーンが無料体験実施中!東大・早稲田を主とした大学に通う現役大学生に、オンラインで受験勉強をマンツーマン指導してもらえる"スタディチェーン”が初めての方限定で『2週間無料体験』と『お得な入会キャンペーン』を実施中です!
-

関連記事

  1. 【日本史】早稲田大学政治経済学部合格のための勉強法

  2. 自宅で受けられる!成績が上がるオンライン家庭教師

  3. 【国語】早稲田大学国際教養学部合格のための勉強法

  4. 高3生向け逆転合格の必勝戦略|すべての大学受験生に向けて

  5. 【英語】早稲田大学先進理工学部合格のための勉強法

  6. 【大学受験】コロナの休校中にも使える!おすすめのネット塾