現役早稲田生が語る早稲田基幹理工学部に合格するための勉強法(物理編)

スタディチェーンが無料体験実施中!東大・早稲田を主とした大学に通う現役大学生に、オンラインで受験勉強をマンツーマン指導してもらえる"スタディチェーン”が初めての方限定で『2週間無料体験』と『お得な入会キャンペーン』を実施中です!
-

早稲田大学の基幹理工学部に合格するために必要な物理の勉強法を現役早稲田基幹理工学部の現役大学生が紹介します。早稲田大学基幹理工学部の入試問題の試験の特徴から入学試験への効果的な勉強法や効率的な勉強法をスタディチェーンの早稲田大学基幹理工学部の現役大学生が詳しく徹底解説します。

早稲田大学基幹理工学部の試験形式

2018年度時点での早稲田大学基幹理工学部の試験形式は以下のようになっています。

合格最低点をクリアすればもちろん合格することは可能です。しかしながら、ただ以下の通りにあるような基幹理工学部の合格最低点の合計点数のみを見ているだけでは何の効果も期待できません。

大切なことは自分の得意科目と苦手科目を踏まえた上でどういった勉強をしていくのか、どういった点数の目標を立てるのか、どういった勉強計画を立てるのか、この3つにかかっています。

早稲田大学基幹理工学部への合格へのカギ

合格最低点を踏まえた上で

  1. どういった勉強をしていくのか?
  2. どういった点数の目標を立てるのか ?
  3. どういった勉強計画を立てるのか ?

この3つが非常に大切になってきます。この3つを踏まえた上でこれから早稲田大学基幹理工学部の入学試験に効果的な勉強法を紹介するので、是非参考にしてみてください。

スタディチェーンに在籍する現役の早稲田大学基幹理工学部の大学生が基幹理工学部の勉強法を詳しく紹介していきます。

※スタディチェーン=大学受験に向けて必死に頑張る受験生のために日本トップレベルの講師がひとりひとりに合わせた最適な学習プランを一緒に作成し、365日の学習サポートを行う完全一対一対応のオンライン学習指導サービス

合格最低点(2018年度)

<基幹理工学部>学系Ⅰ:206点学系Ⅱ:222点学系Ⅲ:220点 <創造理工学部>建築:227点総合機械工:204点経営システム工:215点社会環境工:213点環境資源工:188点 <先進理工学部>物理:232点応用物理:221点化学・生命化:211点応用化:215点生命医科:221点電気・情報生命工:207点


さらに、必要な科目、時間配分は以下のようになっています。

学部・学科等 教科 科目 時間 配点
全学部・全学科・全学系 外国語 コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、英語表現Ⅰ・Ⅱ 90分 120点
数学 数学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・A・B 120分 120点
基幹理工 学系Ⅰ・学系Ⅲ 理科 「物理基礎、物理、化学基礎、化学」または「物理基礎、物理、生物基礎、生物」または「化学基礎、化学、生物基礎、生物」 120分 120点
学系Ⅱ 理科 「物理基礎、物理」「化学基礎、化学」 120分 120点
創造理工 理科 「物理基礎、物理」「化学基礎、化学」 120分 120点
先進理工 物理、応用物理、化学・生命化 理科 「物理基礎、物理」「化学基礎、化学」 120分 120点
応用化 理科 「物理基礎、物理、化学基礎、化学」または「化学基礎、化学、生物基礎、生物」 120分 120点
生命医科、電気・情報生命工 理科 「物理基礎、物理、化学基礎、化学」または「物理基礎、物理、生物基礎、生物」または「化学基礎、化学、生物基礎、生物」 120分 120点

 

早稲田大学基幹理工学部 入試への物理の勉強法のポイント

実際に過去問を解いてみることが最も大切です。早稲田大学基幹理工学部に合格するために過去問を利用する勉強法ポイントは「問題を解く順番を意識すること」、「問題文を適切に解釈して自分が知っている解法にしっかりと当てはめること」の2つです。
実際の早稲田大学基幹理工学部の入試には制限時間があるので、まずは制限時間内に解くスピードを身に付け、同時に正答率も上げる必要があります。

問題を解く順番を意識する

次に、問題を解く順番も考えながら、習慣化させていくことを意識していくようにしましょう。実際の入試では「解ける問題から先に解く」というのが最も合格への近道であり、合格する受験生の全員が取り組んでいることです。

そのため、早稲田大学基幹理工学部の入学試験の際には、時間をかけて難しい問題を1問解くよりもまずは簡単な問題数問速いスピードで解くようにしましょう。

実際に過去問で早稲田大学基幹理工学部の勉強をする際には、自分自身の力で入試問題を解いた後に、問題の解く順番も最適だったかどうかまでしっかりと確認してみましょう。

自分が知っている解法にしっかりと当てはめ、解答が出てくるパターンをしっかりと理解すること

続いて、早稲田大学基幹理工学部の合格のための勉強法として紹介した「問題文を適切に解釈して自分が知っている解法に当てはめること」は、特にあまり見慣れない設定の問題が出てきた場合、問題文を解釈して自分が知っている解法に当てはめるということが問題になってきます。

ここで効果的な勉強法のポイントとしては現象の理解、設問の意図の理解などが正しくできていたかのチェックは時間をかけることです。解答や解説に書いてあることを理解するだけでなく、問題文を読んだ時に設問の意図をどのように理解するのか、自分はどのように考えるべきだったのかを確かめて習慣化してみてください。
 
早稲田大学基幹理工学部を受験しようと考えていて、これまで説明してきた勉強法を既に実践していて時間がある人は、実戦力と応用力を身に付けるためにも他大学の入試問題にも挑戦してみましょう。早稲田大学基幹理工学部の問題だけでなく、他の大学の問題にも挑戦することはあなたの視野を広げるだけでなく受験における応用力を付けることになります。

慶應義塾大学や東京工業大学の問題がレベルとしては非常に良い練習となるでしょう。さらに時間があるのであれば、様々な大学の入試問題にもチャレンジしてみて下さい。

また「早大・慶大オープン」という模擬試験が毎年11月頃に行われています。実力確認のためにも受験してみてください。

  早稲田大学基幹理工学部 の物理の入試対策勉強法(力学編)

力学

早稲田大学基幹理工学部では毎年大問1題、記述形式の第2問または第3問で出題されています。近年早稲田大学基幹理工学部の入試問題で出題されたテーマは、「箱の内部で運動し、箱にぶつかる小物体」、「運動する台上での小球の運動」、「左右の糸で引かれる小球の運動」などが挙げられます。かなり高度な思考が要求される特徴があります。早稲田大学基幹理工学部では「相対運動」、「単振動」に関係する問題が多く出題されており、これらの考え方を深く理解し、演習することが鍵といえるでしょう。

  早稲田大学基幹理工学部 の物理の入試対策勉強法(波動編)

波動

早稲田大学基幹理工学部では波動は入試において、およそ2年に1回の割合で出題されています。第1問の小問集合においても、第2問、第3問の記述式の問題においても出題されています。早稲田大学基幹理工学部で近年出題されたテーマは、「光の屈折・回折」、 「レンズ」 、「凹面鏡」、「回折格子」などです。ここでも非常に応用的な難易度の高い問題が出題されています。「凹面鏡」に関しては、市販の問題集でもなかなか取り上げられていないので、解くのに苦労した受験生が非常に多いです。

そのため、波動に関しては、基礎をしっかりと固めた上で勉強を進めていくことをおすすめします。参考書の選び方が非常に大切となってくる分野です。スタディチェーンの勉強ブログでは、参考書の選び方も詳しく紹介しているので、是非参考にしてみてください。

  早稲田大学基幹理工学部 の物理の入試対策勉強法(電磁気学編)

3.2 電磁気学

早稲田大学基幹理工学部では電磁気学が過去10年間、毎年大問1題は出題されています。第1問の小問集合においても、第2問、第3問の記述式の問題においても出題されました。近年出題されたテーマは、「棒磁石の運動による電磁誘導」、「点電荷による電場、電位」、「手回し発電機」、「 コンデンサー」 などです。早稲田大学基幹理工学部では一般的には基礎的な考え方を発展させて解く必要がある、思考力を必要な応用問題が出題されています。

まだまだ基礎がてきていないと感じる方へおすすめの参考書

『物理[物理基礎・物理]入門問題精講』(旺文社)
この段階では自分で問題を解く必要はありません(もちろん、解けるようであれば解いても構いません)まずは「どのような状況設定の時にどのような解法を使うのかをインプットする」というところに重点を置きましょう。自分自身で問題を解く上での選択肢をもっていないと、いざ試験会場で何も手も足も出せないことになります。

『為近の物理基礎&物理 合格へ導く解法の発想とルール(力学・電磁気)【パワーアップ版】』(学研プラス)

『秘伝の物理問題集High[力学・熱・波動・電磁気・原子](ひとりで学べる)』(学研プラス)

なども、どのように問題を解くのかをかなり他の参考に比べても非常に丁寧に解説しているので参考になると思います。

スタディチェーンが無料体験実施中!東大・早稲田を主とした大学に通う現役大学生に、オンラインで受験勉強をマンツーマン指導してもらえる"スタディチェーン”が初めての方限定で『2週間無料体験』と『お得な入会キャンペーン』を実施中です!
-

関連記事

  1. 【世界史】早稲田大学法学部合格のための勉強法

  2. 【コロナ】休校期間中に家で無料で受けられるオンライン学習

  3. 新型コロナウイルス休校中の家庭学習支援サービスまとめ

  4. 「独学は独りじゃない」スタディチェーンがキミの理想を叶える。

  5. 現役早稲田生が語る早稲田商学部に合格するための勉強法(国語編)

  6. 【大学受験生物】大学受験の対策に向いてる生物の参考書は?