【日本史】早稲田大学政治経済学部合格のための勉強法

スタディチェーンが無料体験実施中!東大・早稲田を主とした大学に通う現役大学生に、オンラインで受験勉強をマンツーマン指導してもらえる"スタディチェーン”が初めての方限定で『2週間無料体験』と『お得な入会キャンペーン』を実施中です!
-

早稲田大学政治経済学部に合格するために必要な、日本史の勉強法を現役早稲田生が紹介します。政治経済学部の日本史の入試問題の特徴から、入学試験への効果的な勉強法や効率的な勉強法を、スタディチェーンの政治経済学部の現役早稲田生が詳しく徹底解説します。

早稲田大学政治経済学部の試験形式

早稲田大学政治経済学部の日本史の試験形式は、古代、中世から大問1つ、近世から大問1つ出題され、残り3題は近現代から出題される計大問5つから成るります。近現代史の出題の多さが顕著で、この傾向は長らく変わっていません。
また早稲田大学政治経済学部の日本史では、論述が毎年出題されています。主にテーマは近現代で難易度は最高レベルです。これらの独特の入試傾向に対応しするために徹底的な過去問研究が必要です。

早稲田大学政治経済学部の入試問題の特徴

早稲田大学政治経済学部の日本史の特徴は、上述した通りその近現代史の出題の割合である。
大問5題のうち3題以上が近現代分野の大問となっており、古代、中世分野は大問1でしか扱われない傾向が続いています。
内容としては、近現代史の政治史が史料問題や、史料や資料を読み取って解答する論述が頻繁に出題されています。このような問題ではグラフや表で表されている経済指標をすばやく読み取り、解答に反映させる能力が問われています。配点難易度共に高いので合否を左右する問題と言えるでしょう。
近現代の経済史については、論述問題に対応できるレベルまで知識を磐石なものにしておく必要があります。

早稲田大学政治経済学部入試への勉強法のポイント

早稲田大学政治経済学部の入試対策勉強法(単語編)

早稲田大学政治経済学部の日本史で、他の受験生と差をつけるためには、圧倒的な単語力が必要です。教科書に載っていない事項も多く出題されるため、教科書だけを繰り返し勉強していても、解けるようにはなりません。
そのような場合に有効なのが用語集です。どの出版社のものでもいいですが、山川のものが見やすいでしょう。出題頻度も掲載されているので、参考にしてみててください。用語集を使用する際に注意しておかなければいけないのが、細かすぎる所にまで目を注いでしまうことです。使用する際は、教科書の基礎知識周辺の内容に絞って、学習を進めましょう。

また、いくら難しい単語が出るとは言っても、本番でそのような知らない単語に遭遇してしまった場合は、捨て問として処理するのが賢明でしょう。

早稲田大学政治経済学部の入試対策勉強法(史料編)

早稲田大学政治経済学部の日本史では、全問史料問題から出題されます。その上それらの史料のほとんどは初見の史料になるため、読解力、思考力が求められます。
それらの未見史料に対応するために、まずは頻出史料を押さえてください。史料の内容だけでなく、その史料がどういった時代のものなのかなど、歴史の流れを汲む手助けになります。
オススメの参考書としては東進の史料一問一答です。注釈や欄外の話にも目を通すようにしてください。この1冊に出ている史料を全て押さえ、理解できるようにしておけば、初見の史料でも読みこなせる力が身につくでしょう。史料だけではなく、その史料が出題された過去問も掲載されているため非常に有効です。

早稲田大学政治経済学部の入試対策勉強法(論述編)

早稲田大学政治経済学部の日本史では、毎年120字程度の論述が求められてきましたが、2019年度には150字の出題がありました。今後これがスタンダードになる可能性もあるため、気をつけましょう。
取り上げられるテーマとしては、近現代史の内容がほとんどです。2011年度は特例的に平成時代からの出題がありましたがそこまで気にする必要はないでしょう。明治以降の内閣の政治・外交・経済の特色などは、120字程度でまとめられるよう、演習を積み重ねておく必要があります。
また、論述問題は自分で繰り返し書くことが大切です。問題集の解答例ばかり読んでいても、論述力は上達しません。
そして、書いた論述は必ず第三者に添削してもらうようにしましょう。早稲田大学政治経済学部の日本史の傾向に詳しく、論述対策が出来る人に添削してもらう必要があるでしょう
私大志望の多くの学生は論述問題をしていないことが多いため、この論述問題が合否の分かれ目になるといっても過言ではないでしょう。論述問題において、最初に意識しなければいけないのは事象の論理関係を意識することです。そこから構成を考え、問題文の要求に沿った解答を書いていきましょう。

詳しい入試情報は大学のオフィシャルHPに掲載されています。
https://www.waseda.jp/fpse/pse/

スタディチェーンが無料体験実施中!東大・早稲田を主とした大学に通う現役大学生に、オンラインで受験勉強をマンツーマン指導してもらえる"スタディチェーン”が初めての方限定で『2週間無料体験』と『お得な入会キャンペーン』を実施中です!
-

関連記事

  1. 高1、高2のための大学受験の必勝合格戦略│志望校合格を目指す君へ

  2. 【物理】高校生必見!おすすめの参考書を用いた勉強法は?

  3. 【国語】早稲田大学文学部合格のための勉強法

  4. 【コロナ】休校期間中にはオンライン授業、オンライン塾?

  5. 【オンライン塾】コロナ予防に学生は携帯50ギガ分が無料⁉