【国語】早稲田大学政治経済学部合格のための勉強法

スタディチェーンが無料体験実施中!東大・早稲田を主とした大学に通う現役大学生に、オンラインで受験勉強をマンツーマン指導してもらえる"スタディチェーン”が初めての方限定で『2週間無料体験』と『お得な入会キャンペーン』を実施中です!
-

早稲田大学政治経済学部に合格するために必要な、国語の勉強法を現役早稲田生が紹介します。
政治経済学部の国語の入試問題の特徴から、入学試験への効果的な勉強法や効率的な勉強法を、スタディチェーンの政治経済学部の現役早稲田生が詳しく徹底解説します。

 

早稲田大学政治経済学部の試験形式

早稲田大学政治経済学部の国語は、大問1.2が現代文、大問3が古文・漢文という出題形式が続いています。

 


現代文は以前は大問2.3でしたが、2017年度より大問1.2となりました。小問は各10問弱で、解答数は計20個程度です。以前はともに大問1であった古文と漢文は、近年では大問3甲が古文で、大問3乙が漢文となっています。

 

両問は内容的に繋がりがあり、総合的に考えることでわからない問題も処理できることがあります。古典の小問は合わせて12~13問程度で、解答数は15個程度です。

 

本文の文章量としては、現代文2題合わせて5000~6000字程度で比較的少なく、難易度も早稲田の他の学部と比較するとそこまで難しくありません。また、古文は2000字程度の長文で、漢文が100字程度です。

 


試験時間は90分なので、先に古文、漢文を30分程度で仕上げ、現代文は残りの60分程度をかけ、処理していきましょう。

 

早稲田大学政治経済学部の入試問題の特徴

早稲田大学政治経済学部の国語は、思考力を問う問題から知識を問う問題まで多種多様です。政治経済学部を受験する学生は、四字熟語、漢字、古文単語、文法、漢詩の知識などの知識問題で、他の受験生に遅れを取らないようにようにしてください。

 

早稲田大学政治経済学部の現代文は、標準的な内容の評論文が多いです。しかし、解答の根拠を見つけるのに時間がかかる書き抜き問題や、空欄補充問題が多くなっているので、過去問演習の際は問題をどのような順番で処理していくか、まで考えて取り組むといいでしょう。特に、脱文問題はこだわって探していると、多くの時間を費やしてしまうので、注意してください。

 


また、法学部ほど多くはないですが、私大では珍しい記述問題があります。問題文の要旨を理解しているかを問う問題なので、過去問を徹底的にやりこむことで対応していきましょう。

 

早稲田大学政治経済学部入試への勉強法のポイント

早稲田大学政治経済学部の入試対策勉強法(現代文編)

早稲田大学政治経済学部の国語では、文語体の評論文が頻繁に出題されます。
特にこのような形式の問題は、随筆である場合が多いですが、2017, 2018年においては評論文が出題されています。

 


しかし、随筆が出た場合は多くの受験生にとって大変に感じられることでしょう。それでは、早稲田大学政治経済学部の随筆に対応するにはどうすれば良いでしょうか。まずは、随筆がどのようなものなのかを知る必要があります。

 

最初に、普段読んでいるような 評論文とは少し違うということを理解しましょう。評論文とは、テーマに対し筆者の意見を論理的に説明していくものです。
そのため、国家論や近代と現代比較、日本文化と西欧文化比較など抽象的なものが多く、身近に感じられない内容であることが特徴です。

 

一方で随筆とは、筆者自らが体験したエピソードから出てきた筆者の感情や見解です。随筆文を読むときの注意点は出来事と感想の因果関係とその推移です。そのため、何が筆者に感想、見解を抱かせる原因なのか?感想がどのように移り変わっていくのか?の二点に注意して読解していきましょう。

 

また、因果関係は時系列の変化があるときに内容が掴みづらいので注意してください。迷いそうな場合は対処法として、図式化するのが良いです。 形式上には確かに評論文との違いはありますが、論理的に読むという観点では対して変わらないので普段から論理を意識して読んでいれば、大丈夫です。

 

早稲田大学政治経済学部の入試対策勉強法(古典編)

早稲田大学政治経済学部の古典は、古文と漢文が内容的に繋がっていることが特徴です。出題範囲としては、受験生にあまりなじみのない近代からの出題が出しています。そのため、文章に対して知識のない文章であっても解けるようになっておく必要があります。

 


古文では和歌の知識、漢文では漢詩の知識が頻出のため、知識レベルの漏れがないようにしておいてください。

 

さらに、知識レベルでは文学史の知識は必須なのでこちらも確認するようにしましょう。問題についてですが、 傍線部の意味の解釈問題では単純に単語、文法からの理解だけでなく、文脈からの理解も合わせて対処していきましょう。

 


漢文の問題は標準的な文法の知識で解ける問題ばかりなので、取りこぼしのないように基礎を固めましょう。

 

早稲田大学政治経済学部の入試対策勉強法(知識編)

早稲田大学政治経済学部の国語では、漢字の書きとりをはじめとして、同音異義語、同訓異字、類義語、対義語、また四字熟語、ことわざ、慣用句、故事成語、誤使用の多い語句の意味、さらには文学史まで多くの範囲から知識問題の出題があります。

 

このようなところでの失点が積もり積もって合否の分かれ目となるので、わからない言葉は常日頃から調べる癖をつけ、漢字や、語彙は問題集を一つ決めて終わらせましょう。

 

参考書について悩みがある人はこの記事をぜひ参考にしてみてください。
https://studychain.jp/?p=2187

 

詳しい入試情報は大学のオフィシャルHPに掲載されています。
https://www.waseda.jp/fpse/pse/

スタディチェーンが無料体験実施中!東大・早稲田を主とした大学に通う現役大学生に、オンラインで受験勉強をマンツーマン指導してもらえる"スタディチェーン”が初めての方限定で『2週間無料体験』と『お得な入会キャンペーン』を実施中です!
-

関連記事

  1. 【コロナ】コロナの影響でも浪人生が学べるオンライン予備校

  2. 【物理】早稲田大学基幹理工学部合格のための勉強法

  3. 【英語】早稲田大学社会科学部合格のための勉強法

  4. 高校生・受験生が知りたい!大学・学部ランキング【憧れ編】

  5. 現役早稲田生が語る早稲田商学部に合格するための勉強法(国語編)

  6. 「独学は独りじゃない」スタディチェーンがキミの理想を叶える。