【世界史】早稲田大学教育学部合格のための勉強法

スタディチェーンが無料体験実施中!東大・早稲田を主とした大学に通う現役大学生に、オンラインで受験勉強をマンツーマン指導してもらえる"スタディチェーン”が初めての方限定で『2週間無料体験』と『お得な入会キャンペーン』を実施中です!
-

 

早稲田大学教育学部に合格するために必要な、世界史の勉強法を現役早稲田生が紹介します。
教育学部の世界史の入試問題の特徴から、入学試験への効果的な勉強法や効率的な勉強法を、スタディチェーンの教育学部の現役早稲田生が詳しく徹底解説します。

 

早稲田大学教育学部の入試問題の特徴

 

問題構成は、大問4題、小問が50問だ。試験時間は60分であるため、1問あたり約1分強という計算になる。問題量が多いのも特徴の一つだ。

 

問題形式は語句記述が10題、マークシート方式が40題で、マークシート方式のうち、正誤問題と選択問題がそれぞれ20題前後で例年安定している。

 

選択問題のうち、年代整序が1~3題でこれも安定している。出題される地域は、例年大問1・大問2が西欧中心で、大問3が中国史、大問4が中国またはその他の地域となっている。

 

中国史については、小問で朝鮮半島や日本など周辺地域についても出題されるので注意してほしい。大陸との関連性は特にしっかりと学習してほしい。

 

時代については、西欧史では近現代の比重が高いい。大問1・2のうち、基本的には1題が近現代史で、もう1題が古代~近世であることが多い。もっとも、全体としては古代から現代までバランスがとられており、共通試験に近いといえる。

 

分野別では、政治史、経済誌が中心だ。ただし大問の主題が文化史となることがある。

 

難易度は、大半が教科書レベル。難問も出題されるが、数は多くない。難問を頑張って解くというよりは、教科書レベルの問題をいかに取りこぼさないかということが重要になってくる。

 

早稲田大学教育学部入試への勉強法のポイント

 

正誤・選択・語句記述は冷静に対処

 

正誤問題、とくに正答を問う問題でやや難問が出題されることがある。

 

組み合わせ問題という形式のため、さらに難度が上がる。

 

ただし、上記したように大半は教科書レベルであるため、惑わされて取りこぼすことがないようにしたい。

 

正誤問題は、基本的に誤肢を消去していく消去法で解くようにしていこう。焦ってぱっと見で選択した問題の間違いで落とした点が合否を決めるかもしれないからだ。

 

選択問題についても、やや詳細な設問が出題されることがある。ですが、これについても対処法は正誤問題と同じだ。惑わされないようにしたい。

 

年代整序問題も必出だ。ただあいまいに流れを覚えるのではなく年号まで正確に覚える必要がある。年号を覚えることは一見不要なことに覚えるが、正確に年号を覚えることで多くの問題の回答の根拠になるためにしっかり覚えておくことはむしろ必要事項といえる。

 

記述問題は書き誤りに注意したい。普段からノートや参考書に書き込むことで正確に覚えてほしい。特に中国史の登場人物は難解な感じの人物が多いので注意したい。

 

頻出する時代と地域の学習は重点的に

 

ギリシア・ローマ、中世ヨーロッパ、イスラーム、中国はほぼ必出なので、徹底的に学習してほしい。特に注意してほしいのは中国史だ。

 

早稲田大学教育学部では中国史を中心としたアジア史での難易度が高くなる傾向にある。特に、地名や王朝名、人名を問う問題が頻出となっている。中国史では王朝が何個も出てきて紛らわしいので、場所、時間、政権体制など具体的な情報を確実に入れて覚えたい。

 

王朝自体の名前は語呂合わせでもいいのでなんとか紐付けて覚えていこう。中国史はとにかく複雑なので、ミクロの視点で見て複雑な項目を学んだあとはマクロでどのような流れで王朝ができているのかを理解する力が必要だ。王朝や勢力の移り変わりを友達に説明できようにしてほしい。

 

文化史の学習も重要

 

上記したように文化史は必出で、しかも複数出題される。まれに難問が出題されることがあるものの大半は教科書レベルだ。

 

文化史は学習が手薄になりがちだが、逆に差をつける好機でもありる。少なくとも作品の時代・地域、作者(分かっている場合)、特徴を表などでまとめておきたい。表でまとめることによってその時正しい知識を得ることができるばかりではなく、間違えたときに素早く復習できる資料となるのでぜひ実践してほしい。

 

作品の時代背景や政治状況まで把握しておくことが望ましい。

 

現代史の学習も必須

 

国際紛争抑止の歴史」や「東西冷戦」と冷戦以降の現代史が出題されるケースもある。特に現役生は現代史まで手が回らないという場合もおおいだろう。学校の授業や塾の進行に合わせるのではなく、自身で学習計画をしっかりと考え、現代史まで確実に身に着ける必要がある。

 

地図や資料について

 

早稲田大学教育学部を目指す受験生にしてもらいたい勉強は、資料集の地図を見てモノと人の流れがどのように時代ごとに流れているのかを把握するだ。。中国史を中心に問題には様々な事項が含まれていて、複雑なので頭が混乱しがちだ。

 

資料や地図を頭に入れておくことで時代の流れをビジュアルでイメージすることができる。 ぜひ多くの資料と地図に触れてほしい。

 

本番は取りこぼしがないように

 

再三述べましたように、教科書レベルの基本的な問題が大半を占める。ということは、ケアレスミスで取りこぼしをするとそれが合否に直結するということだ。

 

受験の際は落ち着いて解くように心がけてほしい。それを裏付けるのは、ふだんの抜けのない学習だ。単なる語句の暗記ではなく、事項の時代・場所、内容と前後関係などを把握しておこう。

 

対策としては過去問については教育学部はもちろんのこと他学部の過去問もできる限り解くようにすると良い。

 

また直前の対策として、教育学部以前に試験が実施された学部の問題を入手して解くことも有効だ。。

 

詳しい入試情報は大学のオフィシャルHPに掲載されています

 

スタディチェーンが無料体験実施中!東大・早稲田を主とした大学に通う現役大学生に、オンラインで受験勉強をマンツーマン指導してもらえる"スタディチェーン”が初めての方限定で『2週間無料体験』と『お得な入会キャンペーン』を実施中です!
-

関連記事

  1. 【日本史】早稲田大学法学部合格のための勉強法

  2. 【日本史】早稲田大学文化構想学部合格のための勉強法

  3. 【英語】早稲田大学社会科学部合格のための勉強法

  4. 【英語】早稲田大学文学部合格のための勉強法

  5. 【世界史】早稲田大学文学部合格のための勉強法