【物理】早稲田大学教育学部合格のための勉強法

スタディチェーンが無料体験実施中!東大・早稲田を主とした大学に通う現役大学生に、オンラインで受験勉強をマンツーマン指導してもらえる"スタディチェーン”が初めての方限定で『2週間無料体験』と『お得な入会キャンペーン』を実施中です!
-

早稲田大学の教育学部に合格するために必要な、物理の勉強法を現役早稲田生が紹介します。教育学部の入試問題の物理試験の特徴から、入学試験への効果的な勉強法や効率的な勉強法をスタディチェーンの教育学部の現役早稲田生が詳しく徹底解説します。


早稲田大学教育学部の試験形式

早稲田大学教育学部の物理は、大問2題から構成されています。
近年の傾向としては、力学から1題出題、波動と電磁気から毎年交互に1題出題されています。しかし2017年には原子が出題されているので注意してください。

問題の内容は、基本的には教科書レベルの理解を深め、演習を積んでいけば対応おすることが可能です。また、論述問題や描写問題も出題されることがあるため対策をしておくとよいでしょう。

制限時間に対して問題数がかなり多いので、いかに早く処理していくかが鍵になってきます。


早稲田大学教育学部の入試問題の特徴

難易度は、マーチレベルのものも多いですが、早慶レベルまで知識を蓄えておかないと解けない問題もあるため、抜け目なく対策してください。
解法ですが、暗記ではなく自分で式を作って解答まで導く演習を繰り返しやっておきましょう。描図や理論説明のような問題も出題されることもあるので、日頃から一つ一つの知識に疑問を持ち、なぜその現象が起こるのか考えましょう。


早稲田大学教育学部入試への勉強法のポイント


早稲田大学教育学部の入試対策勉強法(思考力編)

早稲田大学教育学部の物理は、思考力を要求する応用問題が多く出題されます。基本的な知識ををベースにして出題されていますが、基本問題を繰り返し解いたり、公式を丸暗記したりするだけでは解くことは難しいでしょう。物理法則に対して、深い理解を得るようにすることを心がけ、思考力を養いましょう。


早稲田大学教育学部の入試対策勉強法(描図・論述編)

早稲田大学教育学部の物理は、多くの問題が計算結果のみを記述する形式ですが、年度によっては描図問題や論述問題といった記述形式の問題が出題されています。
出題内容を適切に捉え、物理現象を簡潔にグラフや文章でまとめる演習を積んでおきましょう。物理的応用力と同時に数学的処理能力も必要となるため、過去問を用いて出題傾向や難易度を把握しておくことが合格への鍵です。


早稲田大学教育学部の入試対策勉強法(知識編)

先述した通り、知識自体はマーチレベルの問題が多いです、しかし応用的な知識を聞いてくる問題も一程度出題されるので、他の受験生と差をつけられることのないように、マーチレベルの知識問題は決して落としてはいけません。そのためには繰り返しの演習が不可欠なので、最後まで演習量を減らさずに知識を維持していきましょう。

スタディチェーンが無料体験実施中!東大・早稲田を主とした大学に通う現役大学生に、オンラインで受験勉強をマンツーマン指導してもらえる"スタディチェーン”が初めての方限定で『2週間無料体験』と『お得な入会キャンペーン』を実施中です!
-

関連記事

  1. 【物理】早稲田大学創造理工学部合格のための勉強法

  2. これさえできれば学力は一気に上がる!全教科おすすめ勉強法

  3. 大学生が語る指定校推薦に受かった後のおすすめの過ごし方

  4. 【コロナ】休校期間中でも家で無料で受けられるオンライン塾

  5. 【コロナ】最近話題になっているオンライン自習室って何?

  6. 休校中にも活用できるおすすめのオンライン学習サービス