現役早稲田生が語る早稲田先進理工学部に合格するための勉強法(数学編)

スタディチェーンが無料体験実施中!東大・早稲田を主とした大学に通う現役大学生に、オンラインで受験勉強をマンツーマン指導してもらえる"スタディチェーン”が初めての方限定で『2週間無料体験』と『お得な入会キャンペーン』を実施中です!
-

早稲田大学先進理工学部に合格するために必要な、数学の勉強法を現役早稲田生が紹介します。先進理工学部の数学の入試問題の特徴から、入学試験への効果的な勉強法や効率的な勉強法を、スタディチェーンの先進理工学部の現役早稲田生が詳しく徹底解説します。

今回は早稲田大学の理系学部の出題形式や学力レベル別に数学の勉強法を紹介していきたいと思います。早稲田大学の理系学部( 創造理工学部、基幹理工学部、先進理工学部 )を志望していて、参考書選びや勉強法で悩んでいる方は是非参考にしてみてください。

早稲田大学先進理工学部の試験形式

出題量と時間配分

早稲田大学先進理工学部の入試形式は、入試時間は120分で、出題問題数は5題であり、一問当たり24分でありますが、すぐ解き終わるような問題がある一方で、しっかりと方針がたってから、なおかつかなりの計算が必要とされる問題が毎年複数出題されるために、早稲田先進理工学部の試験形式は非常にボリュームのある入試特徴があると言えるでしょう。

ちなみに、早稲田大学の理系学部は、創造理工学部、基幹理工学部、先進理工学部ともに全て同じ問題が出題されます。

だからこそ、早稲田大学の理系学部( 創造理工学部、基幹理工学部、先進理工学部)に合格するための大きな重要テーマとしては、どれだけ 解きやすい問題をいかに早く処理し、残りの時間で難問にどれだけ食いつけるかが鍵となります。

出題形式

早稲田大学の理系学部( 創造理工学部、基幹理工学部、先進理工学部)の出題形式として、 大問5題、各大問中には小問が3個ほどという形が続いています。
早稲田大学の理系学部( 創造理工学部、基幹理工学部、先進理工学部)の特徴としては、図形問題でも問題に図形が載っていないことが非常に多いです。これは、早稲田大学の理系学部は 図示を設問に載せていない場合も、与えられた条件を図に整理できる力を、出題者は受験生に求めています。

早稲田大学先進理工学部の入試問題の特徴

出題範囲(分野)

早稲田大学理系学部の入試においては、数Ⅲ範囲の微分積分が5問中1~2問出題されます。
さらに、確率・場合の数、複素数と漸化式といった複数の分野にまたがった融合問題が出題されます。こちらは入試標準レベルのものが非常に多いです。
早稲田大学理系学部の入試においては、近年ではセット全体の難易が年によって交互というパターンが続いています。

解答形式

早稲田大学の理系学部 、創造理工学部、基幹理工学部、先進理工学部は 全問記述式です。
早稲田大学の理系学部、創造理工学部、基幹理工学部、先進理工学部 証明問題では、図示する問題も出題されます。つまり、単に答えを出すだけでなく、答案の書き方、条件の吟味などができているかを通じて、数学の理解の度合いと思考力がみられています。

早稲田大学先進理工学部入試への勉強法のポイント

早稲田大学理系学部の入試においては、合格するためのポイントとして挙げられるのが、数学で何点取らなければならないか、自分の数学・理科・英語の全ての科目の学力バランスをもとにしっかりと色々な人と話し合いを行った上で、合格のための戦略を練りましょう。ここで、どういった勉強法に取り組むのかで、非常に大きな差が生まれることになります。

早稲田先進理工学部の入試においては、基本的に全科目5割で合計180点、あと少しで合格ラインです。そして、早稲田先進理工学部の入試においては、ここからあと20~30点をどのようにして稼ぐのかしっかりと考えましょう。具体的には、どの科目のどの分野でどれくらい稼ぐか考えていきましょう。そして、これからそのためにどれくらいの勉強時間をかける必要があるのかしっかりと逆算していきましょう。

数学が得意な人

早稲田大学の理系学部の入試においては( 創造理工学部、基幹理工学部、先進理工学部 )数学が得意ならば4完・90点以上を目指しましょう。合格がぐっと近づきます。他の科目で多少の苦手があっても安心できる点数です。

そんな人におすすめの参考書

『理系入試数学の核心 標準編』(増進出版)

理系数学入試の核心 標準編のレベルは、全部で150問題がある中で、一部が中堅大レベルと難関大レベルが半々ぐらいです。この参考書は、標準編とありますが、問題は全体的に質が高いので、難関大の志望者(早稲田大学の理系学部志望 でも本書は非常におすすめです。

『やさしい理系数学』(河合出版)

スタディチェーンに在籍する現役早稲田生の先輩も早稲田大学理系学部に合格するために使用していた参考書であるために非常におすすめの参考書になります。

数学が苦手でもなく得意でもない人

数学力が普通だと思うのならば、3完1半以上が目標になるかと思います。72点(6割)以上は取りたいところです。2完3半以下だと少し厳しいかもしれません。他の科目は5割を下回らないようにしましょう。

そんな人におすすめの参考書

『合格数学』

『合格+110』あるいは『大学への数学一対一対応演習』

数学が苦手な人

数学が苦手ならば、まずは2完2半を目指すところから。数学5割のラインは死守したいです。その上で他の得意科目でカバーしなければなりません。

そんな人におすすめの参考書

『チェックアンドリピート』(増進出版)

スタディチェーンが無料体験実施中!東大・早稲田を主とした大学に通う現役大学生に、オンラインで受験勉強をマンツーマン指導してもらえる"スタディチェーン”が初めての方限定で『2週間無料体験』と『お得な入会キャンペーン』を実施中です!
-

関連記事

  1. 【大学受験物理】参考書を使った物理の効率的な勉強法は?

  2. 【世界史】早稲田大学政治経済学部合格のための勉強法

  3. 現役大学生・社会人が選んだ”国際色豊かな”大学ランキング

  4. 休校中でも使えるおすすめの評判の高いオンライン塾は?

  5. コロナによる休校期間中はオンライン塾で受験勉強を進めよう

  6. 【物理】早稲田大学先進理工学部合格のための勉強法