【英語】早稲田大学商学部合格のための勉強法

スタディチェーンが無料体験実施中!東大・早稲田を主とした大学に通う現役大学生に、オンラインで受験勉強をマンツーマン指導してもらえる"スタディチェーン”が初めての方限定で『2週間無料体験』と『お得な入会キャンペーン』を実施中です!
-

早稲田大学の商学部に合格するために必要な英語の勉強法を現役早稲田生が紹介します。早稲田商学部の英語の特徴から効果的な勉強法や効率的な勉強法をスタディチェーンの現役早大生が紹介します。

早稲田大学商学部の試験形式

商学部は、会話問題一つ、長文問題四つから構成されています。

長文問題は500~600語程度で、早稲田の他学部と比べると比較的短いです。しかし、問題数は多いので時間配分には気を付けなければいけません。また、長文のジャンルは多岐に渡るので、日頃から新聞を読むなど多くの方向にアンテナを張っておきましょう。

また随所に記述問題が見受けられるため、私立専願の受験生は演習をしておく必要があります。また問題数が多いため、速読力が求められます。

長文問題以外では会話文問題が毎年出題されています。

設問形式は長文問題に似ており、内容一致、内容説明、空所補充問題を中心に出題されます。口語表現や高レベルの会話文問題への対応力を養っておきましょう。


早稲田大商学部の入試問題の特徴

空所補充

空所補充問題は、単に単語や熟語の知識や文法知識だけで正答できる問題は少なく、長文を理解し文脈に合ったものを選ばなければいけません。空所の前だけでなく、コンテクストをよく理解する必要があります。

内容説明

この問題も紛らわしい選択肢が多いので、単にその単語を知っていたからと言って正解できる問題は少なく、前後関係から類推しなければいけません。また、記述で内容説明問題が出題される年もあるので、記述力もつけておくとよいでしょう。

英文和訳

国公立大学のように複雑な英文構造をしているような問題は見られず、比較的容易な問題となっていますが、処理し無くてはいけない数は多いので、時間配分位気をつけなくてはなりません。そのため、基本的な英文和訳の演習をh頃から多く積み、抵抗感無く記述問題に当たる必要があります。

和文英訳問題

英文和訳問題と同様に、複雑な問題は無く基本的な問題と言えるでしょう。しかし、構文をいくつか覚えていないと時間がかかってしまうので、このパターンがきたらこの構文を使うといったふうに、あらかじめ予備知識を蓄えておく必要はあります。

会話文

他の会話文問題と違うのが、長文問題のように空所補充や内容一致などの問題によって構成されている点です。逆に言えば長文と同じように解けばいいので、スムーズに解けるかもしれません。


早稲田大学商学部入試への勉強法のポイント


早稲田大学商学部の入試対策勉強法(長文編)

長文は大問4つに渡り、多くのボリュームを占めます。そのためいかに長文で得点できるかが合否の分かれ目になっていきます。まずは問題集で読解力、速読力を鍛えて過去問演習に打つることでスムーズに力を付けていくことができるでしょう。

早稲田大学商学部の入試対策勉強法(会話編)

本学部の問題は会話文問題が例年出題されます。会話文問題の演習を通じて、会話独特の表現に慣れておきましょう。先ほど文法の項目で紹介した『NEXT STAGE 英文法・語法問題 3rd Edition』などにも会話文問題はありますが、さらに、下記の問題集にも取り組んでおきましょう。


早稲田大学商学部の入試対策勉強法(英文和訳・和文英訳編)

先述の通り、英文和訳・和文英訳共に、問題自体は標準的なレベルで、本学の受験生としては落としてはならないレベルです。つまり落としてしまうと他の受験生との差がついてしまうということになります。
そのため、基本構文をしっかりと覚えておいて、この二つの問題で時間を取られないように対策しておきましょう。

スタディチェーンが無料体験実施中!東大・早稲田を主とした大学に通う現役大学生に、オンラインで受験勉強をマンツーマン指導してもらえる"スタディチェーン”が初めての方限定で『2週間無料体験』と『お得な入会キャンペーン』を実施中です!
-

関連記事

  1. 【東京大学】2019年度と2020年度の入学式の違いは?

  2. 受験勉強は勉強計画の立て方を学ぶとこから始めよう!【大学受験】

  3. 指定校推薦の校内選考はどうやって受かる?選考過程を徹底解説

  4. 【日本史】早稲田大学教育学部合格のための勉強法

  5. 【コロナ】休校中の大学受験対策にはオンライン塾が良い?

  6. 【国語】早稲田大学政治経済学部合格のための勉強法