現役早稲田生が語る早稲田教育学部に合格するための勉強法(生物編)

スタディチェーンが無料体験実施中!東大・早稲田を主とした大学に通う現役大学生に、オンラインで受験勉強をマンツーマン指導してもらえる"スタディチェーン”が初めての方限定で『2週間無料体験』と『お得な入会キャンペーン』を実施中です!
-

早稲田大学教育学部に合格するために必要な、生物の勉強法を現役早稲田生が紹介します。教育学部の数学の入試問題の特徴から、入学試験への効果的な勉強法や効率的な勉強法を、スタディチェーンの教育学部の現役早稲田生が詳しく徹底解説します。

早稲田大学教育学部の試験形式

早稲田大学教育学部の生物は生物基礎・選択生物の両方から出題され、例年大問3つで構成されていて、すべて記述式となっています。

また、早稲田大学教育学部の生物は、高校生物の範囲を凌駕した内容の考察問題が出題されることがあるので、得意な範囲や穴埋め問題で確実に点を稼げる力を身につけておきましょう。

早稲田大学教育学部の生物の試験時間は60分で、配点は50点となっています。また、早稲田大学教育学部の入試自体は英数理の各教科50点配点の計150点満点です 。

合格最低点が教育学部のどの学科も100点前後なので、最低でも35点は取りたいところです。

早稲田大学教育学部入試問題の特徴

早稲田大学教育学部の生物の入試問題は大問3つで構成され、どの3題もすべて記述式で非常に内容が濃いものとなっています。論述・描画問題が必ず出て、考察問題が頻出です。

早稲田大学教育学部の生物は教科書の範囲を度外視した問題が頻繁に出題されます。特に、最先端研究に関する内容には要注意です!(ex.ES細胞やīPS細胞など)そのため、日頃からニュースや新聞、参考書のコラムに目を通しておくことが必要不可欠です。

ただ、生物の問題は基礎知識を問う問題も出題されるので、基礎問題をいかに確実に解けるかが合否の分かれ目になります。空欄補充や選択問題は教科書レベルの問題ばかりなので、参考書の問題を繰り返し解いて基礎知識を身に着けていきましょう。

早稲田大学教育学部入試への勉強法のポイント

早稲田大学教育学部の入試対策勉強法(論述問題編)

早稲田大学教育学部の生物の入試問題では、15~30文字の短い論述問題も多く出題されます。そのため、要点を簡潔にまとめる力が必要です。勉強法としては、まずは生物用語の意味を正しくを覚えることが必要不可欠です。生物用語を覚えた後は参考書や学校の授業プリントを使って繰り返し解き慣れていきます。その際、毎回先生に採点をしてもらい、解答を覚えるくらい反復していきます。入試本番では似たような問題が出題されることが多々あるので暗記するつもりで反復していきましょう。

50文字を超える長い論述問題は上記の短い論述問題が解けないと話になりません。ですので、まずは短めの論述問題を解いて実力を身につけましょう。実力をつけて長い論述問題に挑みましょう。

早稲田大学教育学部の生物の入試問題に限らず、 論述を上手にするコツはいきなり文を作るのではなく書く内容やキーワードを書き出すことです。その次に、述べていく構成を立てて論述の骨組みを決めます。こうすると、相手に伝わりやすい文章を簡潔に書くことが可能です。

早稲田大学教育学部の入試対策勉強法(描画問題編)

早稲田大学教育学部の生物の入試問題では毎年必ず描画問題が出題されます。特に早稲田大学教育学部の描画問題は他大の生物に比べて高い難易度となっています。教科書の範囲を超えるような問題も多く出題されます。

対策としては資料集や参考書のコラムといった細部にまで目を通しておくことです。ただし、人間は目で見るだけでは覚えることができない人間なので、実際に描いていきましょう。最初は答えの模写でいいので実践していきましょう。

早稲田大学教育学部の入試対策勉強法(考察問題編)

早稲田大学教育学部の生物の入試問題では、 実験結果のグラフ・表や文章などの資料について考察する問題などがよく出題されています。 考察問題に関してはとにかく解き慣れる・傾向をつかむことが大事です。

一般的に、考察問題はパターン化されています。ですので、赤本や参考書を何周も解いてパターンを頭にすべて入れていきましょう。そうすれば試験本番で同じパターンが出てきたときに落ち着いて対処できます。

スタディチェーンが無料体験実施中!東大・早稲田を主とした大学に通う現役大学生に、オンラインで受験勉強をマンツーマン指導してもらえる"スタディチェーン”が初めての方限定で『2週間無料体験』と『お得な入会キャンペーン』を実施中です!
-

関連記事

  1. 【大学受験】化学と生物を選択するうえでそれぞれの特徴は?

  2. 【生物】大学受験で合格を勝ち取るための生物の勉強法は?

  3. 【大学受験向け】生物基礎の問題集って?生物との違いって? 

  4. 【大学受験】生物基礎の受験生おすすめの参考書・問題集って?

  5. 【大学受験】セミナー生物基礎・生物の特徴は?勉強法って?

  6. 【大学受験】現役早稲田生が教える生物基礎の勉強法って?