【大学受験】理系必見!生物選択で行けない学部学科がある??

理系の高校生は、理系に進学すると同時に物理か生物のどちらかを選択します。生物で受けられる学部学科はどこなのか、受けられない学部学科はあるのか、医療系の学部を志望するなら生物を選択すべきかといった大学受験生が知りたい情報について紹介していきます。

大学受験を生物で受けられる学部紹介の前に

皆さんは理科の勉強を軽視していませんか?大学受験において、理科を軽視する学生が圧倒的に多いです。では、なぜ理科を軽視する大学受験生は多いのでしょうか?

大学受験において、大半の学生が高1高2の間は国数英を最重要視して優先的に勉強します。なので理科や社会を後回しにしがちです。その結果、大学受験本番ギリギリで理科を詰め込もうとする学生が続出しています。

確かに、国数英を優先的に勉強するスタンスは間違っていません。ですが、それでは理科が大学受験本番に間に合わないという学生が続出してしまいます。

大学受験の勉強において理科という教科を後回しにした結果、大学受験本番に間に合わず、理科が足を引っ張ってしまう現象が起こりがちです。後回しにしすぎてもう手遅れだから捨て科目にしようと考える学生は多いです。

しかし、その考えは非常にもったいないし、国数英より大学受験対策が簡単な理科を捨て科目にするのは100%大学受験に失敗するといっても過言ではないでしょう。

なので、理系進学の際の物理か生物の選択は非常に大切な選択になります。特に、もし志望学部が生物では受けられないということを生物を選んだ後に知れば、生物への勉強に対するモチベーションは一向に上がりません。

今からは、大学受験を生物で受けられる学部紹介を中心にしていきます。

大学受験で生物を使える学部学科

大学受験で生物が使える学部学科『国公立大学編』

国公立大学の場合、多くの大学が理科二科目を課します。たいていは化学が必須で、物理or化学を選択する形式です。

大学受験で生物を使える主な学部学科として

「理学部の化学科、生物学科、数学科など」「農学部」「医学部」「歯学部」「薬学部」「看護系」「栄養系」「工学部のバイオ系」が挙げられます。

大学受験で生物が使える学部学科『私立大学編』

結論から述べると、生物選択でもほとんどの大学学部・学科を受験できます。なぜなら、私立大学の大学受験では、かなりの割合で理科一科目受験が採用されているからです。具体的には、生物を使わずに受験できます。そうです。私立大学だと化学の1科目で工学部含めてどの学部学科も受けられます。

私立大学の良いところは、工学部のように生物で受けられない学部はあるけれど、国公立大学と違って化学だけで受けられるので生物選択でも受験することができます。

大学受験で生物が使えない学部学科

大学受験で生物が使えない学部学科『国公立大学編』

単刀直入に言うと、生物を使える工学部は非常に限られます。「工学部だけか」って思われるかもしれませんが、それは大きな間違いです。理系学生の多くは工学部を受けます。これは、もともとは工学部志望ではなくても『就職につぶしがきくから』という理由です。

具体的な大学名で言えば、生物選択で大学受験できる有名な国公立大学の工学部は大阪市立大学の工学部、化学バイオ工の後期入試しかありません。

大学受験で生物が使えない学部学科『私立大学編』

主に早稲田大学、慶應義塾大学の理工学部の大半が生物選択では受けられまwせん。それぞれの大学の理工学部は化学・物理の二科目で大学受験をします。他の私立大学の異なり、理科二科目が指定されています。国公立大学と同じ形式ですね。

なので、私立大学志望でも早稲田大学と慶應義塾大学の理工学部を意識している学生は、物理選択の際に注意しておきましょう。

医療系学部を志望するなら生物を選択した方が良い?

 医療系学部だからといって生物を選択しなければならないということはありません。基本的に物理でも生物でも大学受験をすることができます。化学は必須で物理化生物のどちらかを選択する形式です。それに、現在はすべての大学で理科三科目での受験制度を廃止しています。

とはいえ、大学に進学したら生物の勉強をすることになるので、高校で生物選択だと進学後に有利になります。なので、大学での授業のために前もって生物を勉強しておきたいという学生は生物を選択をするのもありですね。

 

高1、高2の受験勉強の始め方、開始時期

受験勉強っていつから始めたらいいの?」

「実際、今から受験勉強したとしても、第1志望に合格できるのか不安……」

「受験勉強を始めようとは思うけどどこから手を付ければいいかがわからない…..」

「高1、高2で受験勉強をするにはどうすればいいの?」

こういった悩みを抱えている高1・高2生、多いのではないでしょうか?   

下記の記事では高1、高2の大学受験の必勝合格戦略ということで

  • 受験勉強はいつから始めればいいのか
  • 高1・高2からの受験勉強として具体的にやるべきこと
  • 高1・高2からの受験勉強を進めていく上で大切なこと

といった内容を徹底解説しています。これを読めば受験勉強の始め方がわかり、何から始めればいいのかわからないという疑問も解消することができます。

高校3年生の勉強の計画の立て方、受験生として大切なことは?

「逆転合格するにはどうしたらいいの?」

「勉強計画の詳しい立て方がわからない」

「高校3年生の勉強法がよくわからない」

「部活を続けながらでも合格できる?」

 こういった悩みを抱えている受験生は、少なくはありません。   そこで高3向けの大学受験の必勝戦略ということで、 

  • 受験勉強の正しいスタートダッシュ
  • 逆転合格を狙う上で具体的にやるべきこと
  • 高3生の受験勉強を進めていく上で大切なこと

などから、勉強計画をたてるうえでやってはいけないNG行為、受験勉強をしているのに中々点数が上がらない人がやってしまいがちな勉強法といったところまで踏み込んで解説しています。一読の価値はあると思うのでぜひ読んであなたの受験勉強に役立ててください。

関連記事

  1. 共通テスト数学9割とる対策とおすすめ参考書・問題集

  2. 【大学受験】独学でも合格できる物理のおすすめ参考書は?

  3. 【大学受験】無機化学や有機化学は暗記しなきゃいけないの?

  4. 【独学】倫理政治経済の大学受験勉強法を徹底解説!!

  5. 慶應義塾大学の学部・学科の特徴って?偏差値はどれくらい?

  6. 【物理】大学受験で合格を勝ち取るための物理の勉強法は?