【大学受験】オンライン塾とオフライン塾を徹底比較‼ 費用やメリットは?

スタディチェーンが無料体験実施中!東大・早稲田を主とした大学に通う現役大学生に、オンラインで受験勉強をマンツーマン指導してもらえる"スタディチェーン”が初めての方限定で『2週間無料体験』と『お得な入会キャンペーン』を実施中です!
-

オンライン塾とオフライン塾を比べてみました!

オンライン塾、オンライン授業とオフラインの塾[通塾]とでは、どのような違いがあるでしょうか。もちろん、オンラインとオフラインの違いだけではありません。費用面などさまざまな違いがあります。比較してみましょう

[オフライン塾[通塾]とは?特徴は?]

集団塾に通うメリット

ライバル・友達ができる

集団塾とは20~30名ぐらいの受講生が教室で授業を受ける方法で、学校の授業とよく似ています。

集団指導形式でも成績や志望校ごとにクラスが分かれていることが多いので、同じレベルの生徒同士が一緒に学ぶことができます。

塾は勉強をしたいと思う生徒が通うので、勉強や成績についての話題で友達と話をする機会が多くなります。

目指す大学が同じ偏差値くらいの友達がいるとお互いに刺激しあうことによってお互いに高めあえることができます。

個別指導塾に通うメリット

個別指導塾では、1対1もしくは1対少人数で授業を受けます。

個別指導形式であれば友人を作る機会はありませんが、それでも多くのメリットがあります。

悩みごとの相談ができる

個別指導塾では生徒一人に対し、先生が親身になって授業をしてくれます。

そのため、学習内容以外の面でも学校生活や進学についての相談相手になってもらえるというメリットがあります。

集中して学習ができる

個別指導塾であれば、基本的に先生と1対1で指導してもらえます。

気が散る要素がないので学習に集中することができます。

オフライン塾の塾代の相場をみていきましょう。高校生の場合、定期テストなどの内申点対策などのコースもありますが、一般的には大学受験対策のために塾へ通いますのでここでは大学受験対策のために塾へ通った場合の塾代の相場を記載します。

集団指導塾
高校3年生:年間50~70万円
高校1年生・2年生:年間40~50万円

個別指導塾
高校3年生:年間60~100万円
高校1年生・2年生:年間50~80万円

ただし、超難関校を志望する場合は年間で100万円を超える費用が掛かるケースもありますので、こちらの相場はあくまで目安としてご認識いただくようお願いします。

授業料以外にかかる費用

授業料以外にも、季節講習費や入塾金がかかる場合があるのでしっかりと確認する必要があります。

季節の講習費

季節講習には大きく分けて、

  1. 春期講習
  2. 夏期講習
  3. 冬期講習

の3つがあります。それぞれ通塾回数や授業のコマ数によって決まるのが一般的で、その点料金もまばらになります。傾向としては、授業料が比較的高い塾ほど季節講習費も高く、授業料が安価な塾は季節講習費も安価であるように見られます。

入塾金

塾に新しく入るにあたり、「入塾金」というものがかかる場合があります。いわゆる塾に入るためにかかるお金で、スタスタ編集部の独自調査によると、平均20,000円~25,000円程かかる場合が多いようです。その一方で、

  • 入塾金を一切取っていない塾
  • 期間限定で入塾金がかからないキャンペーンをやっている塾

も多数あるため、確認してみましょう

[オンライン塾とは?特徴は?]

オンライン塾とは、インターネットを通じて授業や個別指導を受けたり(オンライン授業)、配信された動画を見たりして学習するものです。

インターネット環境とパソコンなどがあれば利用できるため、移動時間や住所の制限を受けません。また、オンライン塾だからといって、一般的な塾や予備校よりも講師の質が低いといったこともはなく、第1志望の合格へ向けて学力をしっかり高められます。

塾と言えば「実際に通塾するもの」というイメージがまだまだ根強くあるものの、実際にはオンラインの塾(ネット塾)もここ数年受講者が増えてきました。

また、オンライン学習への抵抗感が少なからずある方もいるかと思います。

そんな不安がある一方で、ここ近年のオンライン塾では難関大学へ合格者を多数輩出しています。

オンライン塾は普通の塾や予備校より費用が安い

オンライン塾、オンライン授業は一般的な塾や予備校と比べて授業料が安いです。

この低価格の授業料はオンライン授業の最大のメリットと言っても過言ではありません。オンラインで授業をするからこそ、特にオンライン専門の塾であれば、元々の料金も非常に低く、低価格で個別指導から集団授業まで色々な指導を受けることができます。

オンライン塾の方が安い理由としては、

①実際に校舎を構えるオフライン塾と違って暖房費や水道費、電気代などがかからない

②オフラインの塾ならば、校舎が賃貸料や土地代などがかかっており、それを授業料に含めているため授業自体の質は変わらずとも費用が割高になります。オンラインだとそれがありません。

オンライン塾なら地方でも自分の志望校の難関大学生の講師から習える

地方だと、関東や関西の難関大学出身の講師と巡り合える機会が少ないです。関東や関西の難関大学を志望する高校生、受験生としては、志望校出身の講師から学びたいものです。自分の志望校の先輩、現役大学生講師からの指導はオンライン塾だからこそ受けられるものです。

つまり、関東や関西の難関大学出身の講師から習いたいとなると、都心部までわざわざ出てくる必要があります。その都心部までの余計な時間とお金を省いてくれるのがオンライン授業、オンライン塾です。

オンライン塾、オンライン授業では、自宅で動画を見られるため、いつでもどこでも受けたい講師から授業を受けられます

オンライン授業、オンライン塾でもマンツーマンの指導のものはオフラインと遜色ない

オンライン塾、オンライン授業などはやっぱりオンラインだから、一方通行な授業だったり、内容も薄いんじゃないの?といった声も上がります。もちろん動画授業配信サービスでは一方的な授業や分からない問題も解決できないといったこともあると思います。

しかしながら、マンツーマンのオンライン授業、オンライン塾であれば、しっかりと生徒ひとりひとりと対話を行いながら授業を進めていくために、一方通行ではない、個人の志望校や現状の学力レベルに合わせた指導を受けることができます。

[オンライン塾のスタディチェーンが無料で使える!!]

今回の記事はいかがでしたでしょうか。

是非今後の受験勉強に活かしながら頑張っていただきたいと思います。スタディチェーンではコロナウイルスの感染拡大による休校中の受験生もしくは勉強がはかどっていない全国の受験生を対象に14日間の無料体験を実施しております。

▼無料体験へのお申し込みはこちらから

14日間の無料体験レッスン
スタディチェーンが無料体験実施中!東大・早稲田を主とした大学に通う現役大学生に、オンラインで受験勉強をマンツーマン指導してもらえる"スタディチェーン”が初めての方限定で『2週間無料体験』と『お得な入会キャンペーン』を実施中です!
-

関連記事

  1. 指定校推薦に落ちる可能性はある?落ちる理由を解説

  2. 【東京大学】行きたい学部に進学するには何類に入学すべき?

  3. 受験期にスマートフォンをつかっていましたか?【大学生にアンケート】

  4. [大学受験]受験勉強いつから始めるべき?いつから塾に通うべき?

  5. 大学受験で赤本はいつからやるべき?【現役大学生にアンケート】

  6. 大学受験において塾に通うことは絶対に必要なことなのか?