高校生・受験生が知りたい!大学・学部ランキング【憧れ編】

スタディチェーンが無料体験実施中!東大・早稲田を主とした大学に通う現役大学生に、オンラインで受験勉強をマンツーマン指導してもらえる"スタディチェーン”が初めての方限定で『2週間無料体験』と『お得な入会キャンペーン』を実施中です!
-

高校生、受験生の多くの皆さんが一度は苦労するであろう受験校、学部選び。
しかし、いまはコロナでライバルたちがどのような大学を志望しているのか、知りたくてもしれない状況にあると思います。

そこでスタディチェーンでは、高校生、受験生にさまざまな観点からアンケートを取り、情報収集に困っている受験生に提供することといたしました。

その第一弾として、今回の記事では「受験生の憧れる大学ランキング」について掲載いたします。ぜひ大学選びの参考にしてください!

 

憧れの大学ランキング


全国の高校生・受験生に対して「受験生の憧れる大学ランキング」について調査しました。

大学受験を考えている受験生必見のランキングとなっています。
まずは以下の表を参照してみてください。

  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査人数:155名
  • 調査対象:全国の高校生、受験生
  • 調査期間:6/7~6/15

1位は慶應義塾大学、2位は早稲田大学と、私学の雄がTOP2を席巻しました。


次いで3位は東京大学、同率4位は京都大学、ICUとなっており、6位以降は大混戦という結果となりました。

 

貫禄の慶應義塾

やはり高校生人気の高い慶應義塾。

その人気の高さは、他大学ではあまり見られないオープンキャンパスの予約制を採用しているところからも見受けられます。

それでは、慶應義塾の何が受験生のことを魅了してやまないのでしょうか。

圧倒的ブランド力

やはり慶應義塾といえばそのブランド力。

学部学科関係なしに、慶應義塾に通っているといえば周りからは尊敬の眼差しで見られます。

また、そのブランド力は学問方面だけではなく、プライベートにおいても発揮されるそう。

それは、パートナーの理想の大学としてよく慶應義塾が挙がっていることからもわかります。

育ちの良さが外見に滲みでているような美男美女が多いのが、また慶應義塾のブランド力を保っています。

幅広い学問領域

三田、日吉キャンパス、SFCキャンパスがあり、それぞれのキャンパスで多種多様な学問分野を学べます。

例えば文学部では、東京大学のように1年生の間は教養課程が用意されており、そこから自分が好きな学問分野を2年生時に選び、専門的に研究することのできる教育システムとなっています。

優秀な友人と一生モノの友情を育める

やはり、慶應義塾の特徴の一つとして、優秀な人脈の確保が挙げられるます。

当然、一般家庭の学生の方が多いのですが、有名人や大金持ちの子どもと仲良くなることも珍しいことではないです。

他大学に所属している筆者でさえ、何人かの慶應義塾に所属している、有名人の子息と知り合いになりました。

ましてや、慶應義塾に在籍していればその人が自分の生涯の親友となる可能性は十分に考えられます。

友人選びはそのような側面を基準として行うべきではないですが、慶應義塾に入ることで結果としてその後の人生が楽に進む可能性が高くなることも、また確かです。

安定した人気の早稲田

いろいろなランキングで慶應義塾と比較されている早稲田ですが、今回のランキングでも堂々の2位入りを果たしました。

慶應義塾とはそ正反対と言っても過言ではない早稲田の校風。

そんな早稲田の魅力に迫ります。

”自由”なバンカラ校風

早稲田といえばその多様性がよく注目されます。

いわゆるバンカラというファッションをし、反骨精神で思想を武装したような人たちが一昔前までいました。

今ではそのような過激な学生は少なくなってきましたが、相変わらず、早稲田にしかないようなサークルや、イベントが数多く存在するので、大学生活を謳歌したい人にはうってつけの大学です。

学部が多い

早稲田大学には三つのキャンパスがあり、合計で13もの学部を抱えるマンモス。校です。

これだけ学部の数があるということは、当然志望者も多くなりますよね。

ここで受験生の皆さんに気をつけておいてもらいたいのが、この学部の多さも早稲田の受験を難しくしている一因になっているということです。

これだけ学部があると、「どうせ早稲田対策をしたんだから、早稲田を軒並み受けていこうという受験生は多い」です。

このような受験生の多さゆえに、倍率が高くなっているので、どうしても入りたい学部が決まっている人は、片っ端から受けていく人に負けないよう、徹底的な対策が必要になってきます。

文化祭が都内最大規模

早稲田といえば文化祭という人もいるのではないでしょうか。

早稲田祭は都内最大規模であり、毎年様々な有名人がゲストとして出演します。

出る店やステージも大変豪華で面白く、早稲田生になって早稲田祭を運営したい!とそれをモチベーションに受験勉強をしていた友人がいたくらいでした。

もし早稲田志望の方でまだ行ったことのない人は、このパンデミックが収まり実施されたら、ぜひ足を運んでみてみてください。

 

「最高学府」東大

やはり国公立でトップだったのは東大でした。

その難易度ゆえに、早慶と比べると敬遠されているきらいがありますが、やはり日本の最高学府は東大でしかありえません。

それではそんな東大の魅力に迫っていきましょう。

教養学部

東大といえばこの1、2年生の教養学部制度。

2年間じっくり教養学部で学習することで、3年生からどの学問分野に進むか選ぶことができます。

よく他の大学生が陥りがちな、学部での勉強が入学前のイメージと異なり、学校の勉強がつまらないといった事態が起こり得ません。

また、その時の自分の興味に沿った学問を100%できるので、学習効率も非常に高いです。

教員の数

東大はなんと、生徒一人当たりに対しての教員数が、全国平均が約25.7名なのに対して、約5.8名と非常に充実した学習環境が整っています。

これは他の国公立大学と比較しても突出していていて、いかに丁寧な教育に力を入れたいるか、ということが伝わってきます。

圧倒的就職強者

そして東大といえば、就職で無双できることもその特徴の一つです。

本格的な就職活動が始まる前に、すでに東大生の囲い込みが行われていたりと、特に大手企業は東大生の獲得に躍起になっています。

今は特になりたい職業がなくても、将来の選択肢の幅を最大化したい人はぜひ、東京大学を志望校に据えてみてはどうでしょうか。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

やはり私立人気は相変わらず高いですが、受験厳格化を受けて国立志望に変える人も増えてきています。

自分は何を学びたいのか、大学で何をやりたいのか、将来どんな人間になりたいのかなど、ネームバリューでないところも考えることで、最後までモチベーションを保つことができると思います。

ぜひ、スタディチェーンの記事を参考にあなたの志望校を決めてみてください。

スタディチェーンが無料体験実施中!東大・早稲田を主とした大学に通う現役大学生に、オンラインで受験勉強をマンツーマン指導してもらえる"スタディチェーン”が初めての方限定で『2週間無料体験』と『お得な入会キャンペーン』を実施中です!
-

関連記事

  1. 現役早稲田生が語る早稲田大学先進理工学部に合格するための英語の勉強法

  2. 早慶上智生が語るコロナで休校中の受験生のおすすめ過ごし方

  3. 【世界史】早稲田大学社会科学部合格のための勉強法

  4. コロナの休校はまだ延長する?オンライン塾で受験勉強を進めよう

  5. 【物理】早稲田大学基幹理工学部合格のための勉強法

  6. 指定校推薦とは?指定校推薦経験者が語る指定校推薦の実態