現代文の記述式問題の特徴・勉強法?参考書って?

スタディチェーンが無料体験実施中!東大・早稲田を主とした大学に通う現役大学生に、オンラインで受験勉強をマンツーマン指導してもらえる"スタディチェーン”が初めての方限定で『2週間無料体験』を実施中です!
-
詳しくはスタディチェーンの無料体験を受けたら「今日何の勉強をしようかな?と悩む時間が無くなった話

記述式問題の特徴・勉強法

消去法が使えない

記述式試験では、答えとなる文を自分で生み出さなければなりません。マーク式試験のように答えとなりうる文が予め用意されているわけではないのです。

なので、センター試験などで猛威を奮う「消去法」が記述式では全く使えません。国語の問題を解く際に、消去法だけに頼って自分の頭で答えを考えてみたことのない人は非常に苦労するでしょう。

センター直前期にセンター向け対策として消去法の訓練をしておくのはいいですが、国公立二次を受ける人は普段の勉強では自分で解答を書く練習をしておくことが大事だということが分かります。

読解力だけでなく表現力も必要

自分で解答文を書かなければならないという特性上、記述式試験では読解力の他にも表現力がとても重要になってきます。

「表現力」とは、例えば本文中の難解な言葉や表現を、自分なりの言葉でわかりやすく噛み砕いて説明する力、本文の論理構成を解答の形に合うように組み替えて論理的な解答を作る力など、自分で解答文を作成する際に必要な様々な力のことです。これは、ひたすら訓練をこなすことによってしか身につきません。

一朝一夕で身につく力ではないので、早め早めのうちから解答文作成の練習に取り掛かっておく必要があります。それも、ただ数をこなすのではなく一回一回質の高い勉強をしないと、一向に表現力はついてきません。解答を自分で作るのが苦手だと思っている人は、できれば毎日、集中して国語の記述問題を解いていきましょう。

現代文で差はつかない

記述式試験で国語の点数を安定させるには、古文漢文での高得点が必要になります。現代文でいい点を取ろうと頑張っている時間があったら、古文漢文の勉強に時間を回したほうが効率がいいです。現代文は「合格最低ラインよりちょっと上をキープする」くらいの意識で留めておくのが、効率的に受験で勝つためのテクニックです。

記述問題の書き方

記述の解答は一文で書かなくてはいけないのか、文中の言葉をそのまま使っていいのかなど、細かいところまで気になってしまうものです。ここではそういった書き方を挙げていきます。

書き始めについて

  • 書き始めの一字は開けない
  • 句読点は1字として数える
  • 句読点は行の始まりにあっても構わない

解答用紙にマス目があるのは字数を数えるためで、原稿用紙の書き方を知っているかを聞いているわけではないです。そのため、書き始めに一字空けたり、行の最後のマスに最後の一字と句読点をまとめて書いたりしてはいけません。

字数制限について

  • 字数制限は守る
  • 字数制限の8割は書く
  • マス目がない場合も枠をはみ出さない

字数制限を守っていないとそもそも採点の対象にならない恐れがあります。
また、マス目がなく枠だけが与えられている場合でも、枠の外に文字を書いてしまうと採点官に何かサインを送っているのではないかと思われ、カンニング扱いになってしまいます。

逆に字数制限に明らかに足りていなかったり、枠の余白が大きすぎたりという場合も採点対象にならないかもしれません。字数制限のある問題の場合には、8割以上書けば安全です。枠の形式の問題では大学ごとに違うので過去問や先生に聞くなどして調べておきましょう。

行数について

  • 解答は2文以上になっても構わない
  • 改行はしない

解答を1文で書くことにこだわる必要はないです。2文以上の方がうまくかける場合それで問題ありません。またその場合でも、上記の通り原稿用紙とは違いますので、本来なら改行するところでも改行しないで続けて書いてください。

 ですます調で書かない

解答はですます調ではなく、「だ、である」で書いてください。ですます調にしても採点官の印象が良くなるということはなく、字数が増えるだけでメリットはありません。

国語・記述式問題の「要約問題」の勉強法・解き方

記述式問題の「要約問題」はよく聞かれることなのでしっかり押さえておきましょう。

「要約せよ」は現代文設問の集大成。

時間もかかる上なかなか満点の答案が書けない難問です。

ポイントは三つ。

①メインアイディア→展開部の関係を考えて大枠をまとめる

まずは文章を意味段落に分けます。

この意味段落ごとにトピックセンテンスを読み取り、そこから文全体の展開を理解しましょう。

話題提起→筆者の主張→理由や根拠

だいたいの文がこの展開です。

メインアイディア→展開部の関係を崩さないように短い文で大枠をまとめましょう。

②原則具体例は削除

原則、具体例は削除です。読者の理解を助けるための具体例は要約において必要ないです。

具体例のみの段落などはそのままカットしてしまってOK。

③字数による微調整作業

要約問題の規定の字数になるよう微調整を繰り返す。

具体的にはメインアイディアの取捨選択や具体例の取り込みのこと

意味段落のメインアイディアの中には要約にわざわざ書かなくて良いものもあります。

(例:問題提起は筆者の主張より重要性に欠ける)

また規定の字数が多いときは使えそうな具体例を取り込むことも考えましょう。

長い文章を分けたり、言葉を言い換えたりしながら規定の字数ギリギリになるよう調整しましょう。

国語という科目においても、基本的にインプット→アウトプットという形式は変わりません。

[国語インプット参考書]

ことばはちからダ!現代文キーワード

<特徴>1つのキーワードに対する、解説・例文が豊富に掲載されている点が大きな特徴で難易度の高いキーワードでも、例文・解説で詳しく学ぶことができます。

ことばはちからダ!現代文キーワードをAmazonでみる

現代文キーワード読解

<特徴>
現代文読解に頻出されるキーワードを哲学・科学といったジャンル毎に体系的に収録されています。また例文に対する要約もあるのでインプットした読解法をアウトプットする練習としても活用できます。

現代文キーワード読解をAmazonでみる

入試現代文へのアクセス 基本編

<特徴>
比較的簡単な問題が多いので基礎を定着させるのにぴったりの参考書です。本文解説が詳しいので、ただ答えあわせをするのではなく、自分の読み方とのズレを確認して下さい。

入試現代文へのアクセスをAmazonでみる

入試現代文へのアクセス 発展編

<特徴>
比較的簡単な問題が多いので基礎を定着させるのにぴったりの参考書です。本文解説が詳しいので、ただ答えあわせをするのではなく、自分の読み方とのズレを確認して下さい。問題難易度が標準私大レベルに向上しています。

入試現代文へのアクセス 発展編をAmazonでみる

スタディチェーンが無料体験実施中!東大・早稲田を主とした大学に通う現役大学生に、オンラインで受験勉強をマンツーマン指導してもらえる"スタディチェーン”が初めての方限定で『2週間無料体験』と『お得な入会キャンペーン』を実施中です!
-

関連記事

  1. 大学受験に必須な国語の語彙勉強の方法

  2. 【大学受験】国語の現代文記述式問題の勉強法って?おすすめの参考書は?

  3. 【現代文】大学受験で合格をつかむための参考書の選び方とは?

  4. 【大学受験】国語現代文の文学史の問題とは?おすすめ参考書って?

  5. 【参考書】現代文の解法読める!解ける!ルール36の使い方【大学受験】

  6. 【国語】大学受験の志望校別おすすめ漢字参考書5選