【現代文】大学受験で合格をつかむための参考書の選び方とは?

スタディチェーンが無料体験実施中!東大・早稲田を主とした大学に通う現役大学生に、オンラインで受験勉強をマンツーマン指導してもらえる"スタディチェーン”が初めての方限定で『2週間無料体験』と『お得な入会キャンペーン』を実施中です!
-

 

知識

国語の中でも現代文は暗記科目ではないため、どこから学習していけばわからないという人もいるでしょう。
しかし、現代文も他の国語の教科と同じように基礎的な知識がないと、解けない問題というのが数多く存在します。
以下では、「合格するために必要な現代文の知識」をつけるために不可欠な参考書を紹介していきます。

 

漢字編

 

入試漢字マスター1800+

この漢字帳のいいところは、漢字の横に意味も書いてあることです。単なる漢字練習ではなく、現代文を読む際にも役に立つため一石二鳥です。

ぜひ何を買うか迷っている人ははじめに手に取ってみるのがいいのではないでしょうか。
収録内容としては、書き取り約1200題超、読み約400題、センター対策約100題、四字熟語約200題から成ります。

 

頻出入試漢字コア2800―新版完全征服

上記の参考書と同じように、漢字の読み書きだけでなく、語の意味もしっかり学習できるように工夫されています。漢字の意味も覚えられるように、例文を活用した語の意味を簡潔に掲載しています。

特徴としては、2800語もの語数を収録していることです。これさえ完璧にすれば大学受験の漢字は網羅できると思います。
参考書には定評のある桐原から出版されているのでまず間違いなしの1冊です。

 

生きる漢字・語彙力

この参考書も漢字帳でありながら、語の意味も理解できるように工夫された参考書です。例文が面白いので漢字学習のとっかかりにいいかもしれません。
掲載量も2300語と多く、こちらもこの1冊で十分大学受験で対応できます。

 

キーワード編

現代文のキーワードは直接問われることが少ないにしても、実は英語で言う英単語と同じくらい重要になってきます。


かといって、現代文のキーワードを一から調べるのは大変手間で、効率が悪いです。
以下で現代文のキーワードをまとめてある参考書を示したので、ぜひ参考にしてみてください。

 

生きる現代文キーワード

駿台から出てる語彙力向上用の参考書です。
文章読解をしながらテーマやキーワードを確認、覚えていくため、記憶に定着しやすいです。

難易度的には容易ですが、低すぎることもなく易しい解説や、練られた問題配置のため初心者でも不安要素なく取り組める1冊です。

 

現代文キーワード読解

定番の難関大学時受験者用の参考書です。
z会から出版されています。読解の流れで定着させることに重点を置いているためか、頻出単語のみに絞られています。頻出テーマは確実に身につくでしょう。

また、解説文、例文共に文章自体のレベルが相当高いので、既に現代文単語をある程度覚えていて、かつ読解にも自信のある人使うと高い学習効果を見込めるでしょう。

 

演習

次に、過去問に対応するための読解力をつけることのできる、演習用の参考書を紹介します。
現代文の演習用参考書はこの世にありふれていますが、何をどの時期にやればいいか判断することは難しいでしょう。

そこで、スタディチェーンは以下にレベル別で代表的な参考書を示したので、ぜひこの記事を参考にして計画的に演習を積み重ねてみてください。

 

田村のやさしく語る現代文 代々木ゼミ方式

優しい語り口で、現代文を解く基本から丁寧に書いてある参考書です。現代文が苦手な人に、初めてのテキストとして使うことをおすすめします。ページ数も少なく、テキストが終わるか不安という方でも使いやすい内容になっています。

この参考書をしっかりこなすことで、中堅大学レベルの知識を付けることができます。現代文に苦手意識がある人に、手に取ってみてほしい参考書です。

 

現代文読解力の開発講座

現代文が比較的得意な人におすすめの参考書です。文章を論理的に読み解く方法が分かることで、読解力を、さらに延ばすことができます。

要約問題も付いていて、解説も詳しいです。難しいと感じても、まずは問題を解いて、解説を読み込むサイクルを繰り返すことで、理解度が格段にアップします。

 

得点奪取現代文記述・論述対策

模試で問題を作っている河合塾の先生が中心となって作られたテキストです。
そのため、問題、解答共にかなり作り込まれており、力になります。

採点基準も明確なので、どこがわかっていなかったのか、どのように書いていれば正解だったのかが、わかるようになります。

本格的な記述対策になるので、赤本に始める前の国公立の2次試験や、私立の記述対策にぴったりです。

 

 

 

早慶に受かりたいけど勉強法がわからないという人は、、

今回は、大学受験の現代文における勉強法や、参考書の選び方、おすすめの参考書や問題集を紹介致しました。


ただ、今回の記事だけでは、大学受験の現代文の勉強方法が具体的によく分からない!どんなペースで勉強したらよいのかよく分からない!という方には是非スタディチェーンの無料体験指導をおすすめします。


スタディチェーンの無料体験指導では、現役難関大学生から直接、参考書の選び方や苦手科目の克服方法や各教科の勉強方法を直接聞くことができます。


実際、私も勉強法や参考書の選び方に悩んでいましたが、スタディチェーンの無料体験指導を受けたことで、どうやって勉強したら良いかを直接、早稲田大学の現役大学生講師から聞くことができ、その方法を基に勉強して見事現役合格を果たすことができました。

「どうしても早慶に行きたい!」「逆転合格したい!」という方は、ぜひ下のリンクから無料体験指導が申し込めるので、概要をご覧になってみてください。

スタディチェーン一同、勉強を頑張る皆さんを心から応援しています。

スタディチェーンが無料体験実施中!東大・早稲田を主とした大学に通う現役大学生に、オンラインで受験勉強をマンツーマン指導してもらえる"スタディチェーン”が初めての方限定で『2週間無料体験』と『お得な入会キャンペーン』を実施中です!
-

関連記事

  1. 【国語】大学受験の志望校別おすすめ漢字参考書5選

  2. 【参考書】現代文キーワード読解の使い方を解説【大学受験】

  3. 【大学受験】現代文の勉強法は?おすすめの参考書・問題集って?

  4. 【参考書】現代文読解基礎ドリルの使い方を徹底解説【大学受験】

  5. 【大学受験】塾で現代文の勉強をする意味ってあるの?

  6. 現代文の記述式問題の特徴・勉強法?参考書って?