【英文法】おすすめの英文法参考書リストを偏差値別に紹介

スタディチェーンが無料体験実施中!東大・早稲田を主とした大学に通う現役大学生に、オンラインで受験勉強をマンツーマン指導してもらえる"スタディチェーン”が初めての方限定で『2週間無料体験』と『お得な入会キャンペーン』を実施中です!
-

【英語】おすすめの英文法参考書・問題集リスト|偏差値別

英文法を含めた英語において大切なこと

英文法を含めた大学受験英語は国語や数学などの他の教科に比べて、やればやった分結果がついてくる教科です。だからこそ、しっかりとしたやり方で英語の学力を上げていくことが求められます。そして、英語に関しては、独学で十分に成績を伸ばすことができます。

いざ独学で英語の勉強をしようと思った時に、書店やインターネットで参考書や問題集を購入することになると思いますが、「参考書の数が多すぎて迷ってしまい、気がついたら何時間も経っていた」あるいは「前に買った教材とほとんど同じような内容だった」など、情報を知らずにカバーや表紙だけで選んでしまい、後々後悔することになる人は少なくありません。

参考書を選ぶ際に気を付けて欲しいことは、偏差値や学部によって大きな違いがあることです。自分の実力よりもレベルの高い参考書、あるいはレベルの低い三鈷杵を使っても成績は一向に上がりません。

むしろ時間の無駄です。特に英語の長文の参考書や問題集はそれが顕著に現れてしまいます。

英語の長文なのに全く違う言語に思えてしまうくらい内容が理解できないでしょう。それくらい参考書選びは重要です。

どんな参考書・問題集にもメリットとデメリットがあります。この記事を通して自分の目標と現在の実力を照らし合わせて、適切な参考書・問題集に取り組んでみてください。

どんな英文法の参考書・問題集がいい?

大学受験英語の問題集・参考書は問題集によって、解説が充実しているもの、ほぼ問題しかついていないものなど色々なものがあります。塾に通わずに独学で大学受験英語を勉強しており、わからないところを周囲に聞ける環境にない方は、解説が充実している問題集、参考書がおすすめです。

逆にわからないところを誰かに聞いて解決できる方や大学受験英語(英文法・英文解釈・長文・英単語)の理解に自信がある方は、解説があまりなく、そのぶん問題量の多い問題集のほうが無駄がなくていいかもしれません。

英文法の参考書を選ぶときの意識すべきポイント

まず、英文法の参考書を選ぶ際のポイントをしっかりと説明していきたいと思います。

自分のレベルに合っている英文法の参考書を選ぶ

自分のレベルにあっていない英文法参考書を選んでしまうと、お金の無駄になってしまうどころか学習進捗に大きな影響を及ぼしてしまいます。

英文法参考書を選ぶ際には、絶対に自分のレベルにあっている英文法参考書を選ぶようにしましょう。

本屋に着いてから参考書は選ばない

よく本屋で参考書を選んでいる方を見かけますが、なるべくやめておいた方が良いです。なぜなら、勉強時間が削られてしまいます。参考書選ぶに時間がかかるし、他の教科の参考書や漫画コーナーにも目が行きがちです。

また、本屋によって置いてある参考書は様々なので、自分が欲しい参考書がその本屋にない場合は、無理やり参考書を買うよりも本当に自分にあった参考書を買うことが一番だからです。

大学受験英語だけでなく全ての大学受験に必要な科目の中で参考書選びは、あなたの受験人生を左右するといっても過言ではありません。

必ず事前に買う参考書を選んでから書店に行くようにしましょう。この記事を読んで自分のレベルに合った参考書選びに是非役立ててみてください。

英文法のおすすめ参考書【偏差値別】

英文法の参考書は何を使うのか、これは非常に大きなポイントとなります。また、大学受験英語の基礎固めとして、何が一番必要なのかという声をよく聞きます。語彙力は大前提として、その次に必要となるのは、文法だといつも答えています。なぜなら、英文法がわからなければ、英語を読むのも書くのも聞くのもいまいち理解できないからです。大学受験英語において土台となる部分です。英文法をおろそかにしてしまうと後々大変なことになってしまいます、しっかりと読んでください。

それでは英文法を学ぶのにピッタリな英文法問題集・参考書を偏差値別に分けて紹介していきます。

英文法のおすすめ参考書・問題集【偏差値40~50】

こんな方におすすめ

  • 自分に合った英文法の参考書・問題集を知りたい
  • 英文法の参考書・問題集について詳しく知りたい
  • 大学受験英語で英文法は偏差値50レベルは突破したい
  • どんな参考書をやればいいのかわからない

英文法参考書①高校 英文法を ひとつひとつわかりやすく。

この英文法参考書は完全に中学英語の英文法の復習に特化しているという点が大きなポイントです。

冒頭の「英語の基本ルール」のコーナーでは、高校英語の勉強に入る前に確認しておきたい英語の基本ルールや、勉強を進めていく中で何度も登場する用語をイラスト満載の誌面でやさしく解説しています。勉強をはじめる前や、勉強を進めていく中でわからなくなったら、いつでもこのコーナーで振り返ることができます。

高校 英文法を ひとつひとつわかりやすく。をAmazonで見る

 

英文法参考書②『大岩のいちばんはじめの英文法【超基礎文法編】』

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 51xa8L2i9UL.jpg

この英文法参考書は誰でも英文法を理解できることを目標とした参考書です。

今井の英文法教室には、中学レベルの英文法から大学受験で必要な英文法まで簡潔に書かれています。かなり基礎的なレベルからスタートするので英語が苦手な場合にはこの参考書からスタートさせましょう。

「解説をよく読む→演習問題を解く→解説をよく読む」を繰り返してみてください。何度も何度もこのサイクルを繰り返して行うことで確実に力がつきます。

次の章に進むたびに前の章の演習問題を解きなおす。このサイクルを続けることでかなり基礎的な文法は定着します。

大岩のいちばんはじめの英文法【超基礎文法編】をAmazonでみる

 

英文法参考書③『肘井学の 読解のための英文法が面白いほどわかる本』

この英文法参考書には大学受験に必要な英文解釈の基礎が網羅されています。中学、高校で英文法の勉強をしっかりしてこなかったという人でもこの英文法参考書を通じてしっかりと実力を身に付けることができます。

英文が絶対に読めるようになる33のテーマが収録されている!
この英文法参考書には名詞節や副詞節、形容詞節などテーマごとに必要な知識がきれいにまとめられているというのもとても大きなポイントです。そのため、一度立ち止まることで知識の整理をすることが可能です。

肘井学の 読解のための英文法が面白いほどわかる本をAmazonで見る

英文法のおすすめ参考書・問題集【偏差値50~60】

偏差値50~60前後の受験生におすすめしたい英文法参考書をここからは紹介します。ここで紹介する英文法の参考書がある程度英文法の知識がついているという受験生に向けての参考書の本ですので、簡単な文法事項については飛ばされていたり解説が薄かったりする場合が多いです。

そのため、ここから紹介する英文法参考書を実際に使ってみて、わからないところが多かったりした場合には上記ですでに述べた英文法参考書に立ち返ることをおすすめします。

英文法参考書④Evergreen

この英文法参考書は英文法をわかりやすく丁寧に説明しており、初級者にもわかりやすく書かれているインプットに最適な参考書と言えます。

まだ英文法を勉強し始めの受験生向けです。中学レベルからもう一度完璧に復習したい方や共通試験でしっかりと点数が取れるようになりたい方へおすすめの参考書です。文法を基礎からやり直したい人はこの参考書を片手に勉強をスタートさせるといいでしょう。

『Evergreen 』の勉強法

Evergreenはあくまで基礎固めの参考書です。だからこそスピード感をもって、1問1問コツコツ理解していくことが大切です。少なくとも5周は繰り返して行う必要があります。

Evergreenが全部理解できるようになったら、是非次の参考書へと進んでみてください。

総合英語 EvergreenをAmazonでみる

英文法参考書⑤Vintage

英文法参考書としておすすめしたいVintageはCDもついていて、解説も読みごたえがあり充実しているので、基礎から応用まで対応できる英文法力をつけることができます。進学校では、VINTAGEが必須の文法書として配られる学校も数多くあり、長年受験業界にて愛され続けた大学受験の参考書となっています。

また、Vintageは問題数も多く演習量も確保できます。

各問題の解説にそれぞれポイントが1行で書いてあるので、復習がしやすいです。この参考書から合格した実績がたくさん出ているので、どの大学を志望する方にもおすすめできる参考書となっています。

英文法・語法 Vintage をAmazonでみる

 

英文法参考書⑥POWER STAGE 英文法・語法問題

「ネクステージ」の後継版として桐原書店より出版された「POWER STAGE(パワーステージ)」。

この英文法参考書、とにかく問題量が多いので、確実に演習量を確保できます。文法問題で問われるほとんどの事項がこの問題集でカバーできるので、文法問題を落とすことはほとんどなくなるでしょう。

ただ、解説が少し少なめなので、そこには注意してください。

次の4点がパワーステージの特徴です。
①文法・語法問題を手厚くカバー
近年、大学入試における語法問題の重要性が上がっていることを受け、文法・語法問題にかなりのページ数を割いています。そのため、難関大学入試で出題されるような、少し細かい文法知識も網羅した問題集となっています。

②項目ごとにまとめられた211の「Key Point」
文法問題を項目ごとに「Key Point」としてまとめているので、自分が解く問題の注目すべき点を理解しながら学習することができます。(例:Key Point 001 基本時制の用法 過去、現在、未来)

③重要な知識が整理された125の「TARGET」
入試頻出の知識を、「TARGET」としてまとめているので、各問題を解いて得る知識を改めて整理して覚えることができます。(例:TARGET 1 現在時制が表すもの)

④英文読解・英作文問題を見据えたシステム
「英文読解問題・英作文問題に挑戦!」のコーナーを設けるだけでなく、このコーナーと関連する文法問題を「読解」「英作」アイコンで示しています。なので、英文読解問題や英作文問題を念頭に置いて英文法を学習することができます。

POWER STAGE 英文法・語法問題 をAmazonで見る

英文法参考書⑦1億人の英文法

この英文法参考書は豊富なイラストとコラムで退屈しない一冊です。受験や資格のため以外にも、日本人が英語を使いこなせるようになるための要素がたくさん詰まっています。

  • 文法用語に苦手意識を感じていて、英文法をネイティブ的にとらえたいと考えている受験生
  • 短期間で文法理解をとりあえずやってしまいたいと考えている受験生

こんなひとにおすすめしたい文法書になっています。

一億人の英文法  すべての日本人に贈る「話すため」の英文法をAmazonで見る

英文法のおすすめ参考書・問題集【偏差値70~】

ここからは偏差値が70越えを目指す人におすすめしたい英文法参考書を紹介していきたいと思います。

  • 英文法の知識がある程度かたまってきたという受験生
  • 文法問題で1点も落としたくないという受験生

といった受験生にはぜひとも取り組んでもらいたい英文法の参考書になっています。

英文法参考書⑧頻出英文法・語法1000

この英文法参考書は「問題編」+「解答・解説編」の二分冊形式となっており、大学入試で問われる文法・語法上の必須項目をあらかじめ抜き出し、これまで収集した多量の入試問題から、ベストの物を項目別に収録されています。

「全解説頻出英文法・語法問題1000」参考書は、早慶合格者にとても人気の参考書です。

全解説頻出英文法・語法問題1000 をAmazonで見る

英文法参考書⑨全解説実力判定英文法ファイナル問題集

全解説実力判定英文法ファイナル問題集は昔から多くの受験生に支持されてきた、英文法参考書です。

難易度別に全10回のテスト形式問題を収録しています。これによって自分の今の実力を測ることができます。色々な出題形式で、文法事項をランダムに載せているので実戦力が確実につきます。

ただ、基礎的な文法力がないと、実力の判別がつかないためある程度英文法の知識が身に付いておりさらに最後まで英文法の知識を詰めたいという人にはとてもおすすめしたい参考書となっています。

全解説実力判定英文法ファイナル問題集をAmazonで見る

受験勉強の勉強計画を立ててくれる塾

自分でできないから、勉強計画アプリを使って見たけど、それでも思うように勉強計画が進まない、、、という人も当然いるでしょう。
やはり、やったことのないことを一人で1から始めるというのは難しいものです。

勉強計画さえ立ててもらえることができれば、授業をみんなと同じペースで受けるという無駄を削り、参考書で溢れかえっている現在であれば、十分に参考書だけで合格を掴むことができます。

スタディチェーンでは、早稲田志望であれば、早稲田に合格した経験のある現役早稲田生が、慶應志望であれば、慶應に合格した経験のある現役慶應生が、マンツーマンでオーダーメイドの勉強計画作成、勉強進捗確認、受験勉強の悩み相談、アドバイスを行ってくれるため、ゴールまでの道筋をしっかりと把握しながら受験勉強を行うことができます。

ぜひ、スタディチェーンの無料体験に参加してみてください!

▼無料体験へのお申し込みはこちらから

高1、高2の受験勉強の始め方、開始時期

「受験勉強っていつから始めたらいいの?」

「実際、今から受験勉強したとしても、第1志望に合格できるのか不安……」

「受験勉強を始めようとは思うけどどこから手を付ければいいかがわからない…..」

「高1、高2で受験勉強をするにはどうすればいいの?」

こういった悩みを抱えている高1・高2生、多いのではないでしょうか?   

下記の記事では高1、高2の大学受験の必勝合格戦略ということで

  • 受験勉強はいつから始めればいいのか
  • 高1・高2からの受験勉強として具体的にやるべきこと
  • 高1・高2からの受験勉強を進めていく上で大切なこと

といった内容を徹底解説しています。これを読めば受験勉強の始め方がわかり、何から始めればいいのかわからないという疑問も解消することができます。

高1、高2のための大学受験の必勝合格戦略│志望校合格を目指す君へ

高校3年生の勉強の計画の立て方、受験生として大切なことは?

「逆転合格するにはどうしたらいいの?」

「勉強計画の詳しい立て方がわからない」

「高校3年生の勉強法がよくわからない」

「部活を続けながらでも合格できる?」

 こういった悩みを抱えている受験生は、少なくはありません。   そこで高3向けの大学受験の必勝戦略ということで、 

  • 受験勉強の正しいスタートダッシュ
  • 逆転合格を狙う上で具体的にやるべきこと
  • 高3生の受験勉強を進めていく上で大切なこと

などから、勉強計画をたてるうえでやってはいけないNG行為、受験勉強をしているのに中々点数が上がらない人がやってしまいがちな勉強法といったところまで踏み込んで解説しています。一読の価値はあると思うのでぜひ読んであなたの受験勉強に役立ててください。

高3生向け逆転合格の必勝戦略|すべての大学受験生に向けて

現役難関大学生講師から合格まで最短の勉強計画の作成と学習サポートが受けられるオンライン塾

オンライン学習コーチングサービス「スタディチェーン」では週一回のオンラインでのマンツーマン指導で、学力レベル、学習状況、志望校を基に東京大学、早稲田大学、慶応義塾大学の現役大学生講師に勉強計画を作成してもらえます。

もちろん勉強計画だけではなく勉強の分からない部分の質問対応なども行うこともできます。

週一回の1対1のオンラインでの難関大学生講師によるマンツーマン指導

オンラインでのマンツーマン指導

365日の学習管理サポート

週一回のオンラインマンツーマン指導で立てた勉強計画を悩まず、無理せず、自分のできる範囲でしっかりと進めることができるように、365日いつでも質問したり、相談したりすることができます。

毎日、スタチェログと呼ばれる同じ志望校同士の生徒とその志望校の現役大学生が集まったグループに一日の勉強記録を投稿するとそのグループの中にいる志望校の現役大学生がアドバイスであったり、相談に必ず乗ってくれます。

スタディチェーンの365日の学習管理サポート

オンラインでもオフラインのような環境を完備

オンラインの塾では、自習室もないし、友達もいないし、なかなか自分一人で始めるのは不安といった声をよく聞きます。

しかし、安心してください!

オンラインの塾であっても、スタディチェーンではオンライン自習室をやっているだけでなく、過去問添削サービス、お悩み相談室、さらに志望校に合格した生徒同士の勉強時間のランキングや模試の成績ランキングを匿名で行っています。※スタディチェーンに通う生徒同士のみ

こういった機能がスタディチェーンにはあるからこそ、従来のオンライン塾にはなかったような魅力が詰まっているオンライン塾だと考えています。

コース一覧

スタディチェーン全コース

オンラインだからこそ日本全国のライバルと繋がれる

オンライン塾でも同じ志望校同士の日本全国のライバルとも匿名で勉強記録を毎日毎日投稿して、お互いに刺激し合うだけでなく、志望校に合格した先輩からもアドバイスがもらえる。さらに、同じ志望校同士の勉強時間ランキングや模試の成績ランキングも毎週末に送信されるためにオンラインであっても日本全国の受験生とライバル心をもって受験勉強に望むことができます。

▼無料体験へのお申し込みはこちらから

スタディチェーンが無料体験実施中!東大・早稲田を主とした大学に通う現役大学生に、オンラインで受験勉強をマンツーマン指導してもらえる"スタディチェーン”が初めての方限定で『2週間無料体験』と『お得な入会キャンペーン』を実施中です!
-

関連記事

  1. 【大学受験】受験生が陥りがちな英語の英文法勉強の罠とは?

  2. 【英語】独学している高校生におすすめの英語の勉強法は?

  3. 【英語】長文読解の勉強法を身に付ければ大学受験に9割合格する!!

  4. 英単語帳のターゲット1900の使い方【大学受験勉強法】

  5. 早慶合格に向けておすすめの英単語帳を早稲田生が紹介!

  6. 【英語】大学受験の英熟語のおすすめの勉強法と参考書