高3生向け逆転合格の必勝戦略|すべての大学受験生に向けて

スタディチェーンが無料体験実施中!東大・早稲田を主とした大学に通う現役大学生に、オンラインで受験勉強をマンツーマン指導してもらえる"スタディチェーン”が初めての方限定で『2週間無料体験』と『お得な入会キャンペーン』を実施中です!
-

高3生向け逆転合格の必勝戦略|すべての受験生に向けて

「逆転合格するにはどうしたらいいの?」
 
「勉強計画の詳しい立て方がわからない」
 
「高校3年生の勉強法がよくわからない」
 
「部活を続けながらでも合格できる?」
 
こういった悩みを抱えている受験生は、多いのではないでしょうか?   そこで今回は高3向けの大学受験の必勝戦略ということで、
 
  • 受験勉強の正しいスタートダッシュ
  • 逆転合格を狙う上で具体的にやるべきこと
  • 高3生の受験勉強を進めていく上で大切なこと

をお伝えしていきたいと思います

[大学受験]受験勉強いつから始めるべき?

大学受験のための受験勉強はいつから始めるのか、迷う方も多いかと思います。

多くの場合、例えば100m走や実際の入試試験なんかはみんな平等に一斉スタートです。
一人だけ先に走っている、ひとりだけ試験を解き始めている、こんな光景はあり得ないですよね

しかし、受験勉強に限っていえば一斉スタートではないのです。フライングありのむしろフライングした人こそ圧倒的有利になれるレース。

「いつから始めよう」と気が付いた時点で少しずつ始めることがとても大切です。

高校3年生になってから受験勉強を始める場合

高校3年生の春から受験勉強を開始すると1日の勉強時間はどれくらいになるでしょうか。

目安としては、学校以外の時間で平日3~4時間、休日7~8時間の勉強時間は必要になってきます。

私が受験生の時は、高校3年生の10月まで部活を続けながら受験勉強に取り組んでいました。

中々の強豪校だったため、平日は、学校が終わって19時まで部活→すぐに塾に直行する生活を続けており、週末はほぼ毎週のように遠征があったため、10月に部活を引退するまではまとまった時間を塾や家で勉強する時間はなかったです。

しかし、バスでの移動中やウォーミングアップまでの時間に単語帳を開いて勉強をするような生活を送っていて、その中でもしっかり7時間は時間を取って勉強していました。

高校3年生の春の時点で、「受験勉強」をしたことがない状態、つまり「テスト前の一夜漬け」のような長い目で見ると全部忘れてしまっている勉強しか、したことがない人はまずは基礎の定着をすることから始まります。

英単語、古文単語の暗記から始まり、チャートを毎日少しづつ解くというような感じです。

夏休みから少しづつ赤本の問題を解き始めたりするようになるので、時間はありません。

春から夏までで基礎を固める必要があるので、平日もできる限りの時間、つまり3~4時間の勉強は必要になってきます。

この時期は単語などの暗記に時間を使うことになるので、なかなか成績が伸び悩む人もいるでしょう。

受験勉強が滞っている理由に

「勉強をしなければならないのは分かっているが腰が重い」

「そもそも、どこがわからないかすらわからない」

という人がいます。   しかし、受験勉強を進めていき、基礎の学力が身に付きどこまで勉強すればいいのかがだんだんと見えてくると自然とこれらの悩みはなくなっていきます。

受験勉強の良いスタートダッシュのために勉強計画をまず立てる

志望校の合格可能性判定や偏差値は、ただやみくもに勉強してもなかなか上がりません。大学受験に合格するには、成長の期日を試験日に合わせ、計画的に勉強を進めていく必要があるのです。

  現在の状況と志望校の合格条件から逆算して、長期目標・短期目標を立てていくことが重要です。    

また逆転合格を狙うのでれば、周りと同じペースで勉強していても受かるはずがありません。周りの倍の勉強量×勉強の質×しっかりとした計画で戦うことが大切です。

大学受験の勉強計画はまず「逆算」する

大学受験の勉強計画を立てるには、まず逆算をする必要があります。すでに第一志望校がA判定の人と、これから偏差値を20,30と上げなければいけない人では、必要な勉強方法が違うのは当然のこと。

自分が合格している姿をイメージし、志望校について情報収集をしましょう。     入試に必要な科目、合格までに必要な参考書の数々、受験までに上げなければならない偏差値、いつまでにどんな目標を達成すればいいのかの計画を立てることなどが必要な行動となってきます。

そして、何が必要かを把握するだけではなく、必要ないものを計画の時点で切り捨てるのも大切です。    

受験生で必要のない勉強をしてしまっていて、その勉強は実は不必要だったということに気付くのは受験直前だった、という人は数多くいます。  

例えば、私立文系を志望しているのに、試験に出ない漢文やリスニングに取り組んでも意味はありません。

理系の場合も、文系科目が必須ではない学部・学科も多数あります。自分の進路をしっかり見定めて、自分に合った勉強計画を立てる必要があります。

大学受験の勉強計画を立て、勉強に取り掛かる時のポイント!!

大学受験において勉強計画を立てる際に気にしないといけないことが大きく分けて8つあります、

1.まずは国公立大学か私立大学なのかを絞ろう

大学受験における志望校は言わば「ゴール地点」、どの山に登るのかが決まればその山を登るのに必要な道具、知識、必要な能力などが明確になりトレーニングもしやすくなります。

やるべきことが明確になると自然とやる気が湧いてきてやる気になります。

志望校がどこなのかによって、東大なのか早稲田なのかによって対策(勉強の内容そのもの)が変わってくるので当然、大学受験に対する勉強計画も変わってきます。

志望校を選ぶ基準となるのは、

①国公立大学か私立大学か

②文系か理系か

③大学名よりも興味のある学部・学科を優先する

④大学の雰囲気・伝統・イメージ

の4つです。

大学名よりも自分の興味のある、学部・学科の方を優先しましょう。自分の興味関心とは全然違うけど大学自体のネームバリューがすごいからと進学先を決めた場合、大学に入学してから1年2年と重ねていくうちに学んでいる内容に興味がないものですから徐々に大学の単位を落としていき、留年なんてことも容易にあり得ます。

現在、日本には大学が764大学もあり学部・学科にわけると2,307学部5,146学科にも上ります。

ひとりひとりにとって必ず学びたいものがどこかの大学には必ずあると思います。

自分の学びたい分野を1~3つに絞る

それに該当する学部学科をリストアップ

その学部学科がある大学をピックアップし志望校を決める

というやり方を最もおすすめします。

つまり、あくまでも行きたい大学から学部・学科を選ぶよりも、興味のある分野が学べる大学の中から志望校を決めるというわけです。そうすることによって、第一志望だけでなく第二、第三志望の大学もきれいに決まり早い時期からの志望校対策がしやすくなります。

2.自分の学力・弱点を把握

まずは、模試を受けて自分の現在の学力と弱点を把握しましょう。第一志望合格のために必要な点数と、現在の各科目の点数の差分を求め、力を入れるべき科目を決めます。また、苦手科目の中でもより努力が必要な単元が具体的にわかっていると良いでしょう。

3.長期的・短期的な計画を立てる

次に、長期・短期それぞれの目標を決め、具体的な計画を立てていきます。
例えば、長期目標が「英語の点数を50点伸ばす」なら、短期目標は「来月の模試で10点アップ」、そのために「英語重要構文の参考書を○周する」など。実現可能な短期目標を少しずつ積み重ねていくことで、最終的な大きな目標に近づきやすくなります。

4.限界量の勉強計画は立てない

勉強計画を立てる際の落とし穴となりがちなポイントは限界の量の勉強計画を立てることです。

どういうことかといいますと、勉強計画を立てている作業の間はとても楽しいです。そのため自分ができる勉強量の限界ギリギリで勉強計画を立ててしまう受験生が多くいます。

もちろんそれを毎日コンスタントにこなせる人であれば問題ないのですがほとんどの人は長続きしません。

さらに、一日の勉強計画を頑張ってもこなせなかった場合、自分自身にがっかりしてしまい「なんて自分は情けないんだ」と、自分自身を傷つけてしまう受験生も多いですがこれは精神衛生上非常によろしくないことです。

そのため、一日に勉強できる時間と勉強量の限界値で勉強計画を立てることよりも、自分の限界値の80%くらいの勉強計画を立てて置きます。勉強は継続がモノを言います。

今まで頑張っても2時間かかっていた勉強量に慣れ1時間半とかでこなせるようになったら、限界値が広がったということです。空いた30分に新たな勉強をしましょう、そうやって徐々に徐々に自分の限界値を広げていきましょう

そうすることで、

①今日やるはずだったけどできなかった勉強をやる時間を作っておける

②自分を傷つけずに済み、精神衛生の良い状態が保てる

③1か月前、3か月前の自分よりはるかに成長している自分が感じられる

5.勉強時間ではなく勉強量で計画を立てる

よく今日は9時間勉強するぞ!とか数学は3時間、国語は2時間勉強するぞ!とか、時間を基準に勉強の計画を立てる人がいますが、あまりいいやり方とはいえません。

勉強は◯◯時間やれば必ず力がつく、というものではないからです。大事なのはどれくらい時間をかけたか、ではなくどれくらい理解し自分の中に落とし込みそれを実際の問題で解くことができたか、なのです。時間を目標として設定すると、今日は6時間も時間をかけたからきっと大丈夫だろう、という考えで内容は十分に理解できてないのに次に進んでしまうことになりかねません。

ただし、5ページやると決めたからといってわからない問題につまずいて5時間も6時間もかけていたのでは意味がありません。

わからない問題は飛ばし、問題集の2週目3週目で解けるようになっていることを目標としましょう。

問題を飛ばす勇気、めちゃめちゃ大事です。

大学受験のための具体的な勉強計画作り

具体的な勉強計画の立て方を知っていきましょう。勉強計画は長期目標から設定し、年間→季節の4期→月→週・日という風に徐々に短期の目標を決めていきます。

年間では季節ごとに何に取り組むかを決める

まず、年間目標を設定します。高2の終わりや高3生の場合、当然年間の最終目標は「第一志望合格」。現在の学力から受験合格に必要な点数や偏差値を把握することが最優先事項です。

季節でいうと、秋までには知識の詰め込みを終え、秋以降は過去問演習に集中するのが理想です。そのため、「春・夏で基礎固め→夏休みに弱点補強→秋・冬で具体的な志望校対策」という流れを作っていきましょう。どの時期までに、どの教材レベルをマスターしておくかを決めるとわかりやすいです。

月間計画は年間計画に沿って考える

次に、季節ごとの目標から逆算して、月間計画を立てていきます。

立て方の具体例は例えば、来月には現代文へのアクセスを取り組みたいという計画を立てたのであれば、

今月:現代文の解法 読める!解ける!ルール36(第1週目でまず1週、残りの3週間で復習3週する)→現代文読解基礎ドリル(第2週∼第3週で1週月末までに復習でもう1週する)

といったように目標を立てていきます。

週間・1日の計画は具体例に

週間・1日の計画は、月間計画よりさらに具体的に立てます。月間計画から逆算し、週ごとに参考書のページ・章などを割り振りましょう。それから1日ごとの勉強計画を立てていきますが、単純に7で割ればいいというわけではありません。月~木は問題を解く、金はテスト、土はテストの復習、日はフリーという風に、曜日ごとにやることを決めていきましょう。

勉強で重視されるのは量と質どっちなのか問題

受験勉強において、勉強の量と、勉強の質、どちらを大切にすべきなのでしょう。答えは出ています。

量の方が圧倒的に優先

勉強というのは圧倒的な量をもとにしてどんどん質を高めていくものです。

なおかつ、量×質のかけあわせです。

スポーツなんかでもこれは共通しています。サッカーで例えると、サッカーではパスとトラップが最も基礎で大切な技術です。初心者が初めてボールを蹴る際、一流選手のパスとトラップの動画を見漁り、本を買って、いいシューズを買い、質を高めてからやりますか?そのような人はほとんどいないと思います。なぜなら、頭では理解していても現実的に実行するのは難しいことにあるからです。

クオリティを求めようと思ってもそもそもボールをまっすぐ蹴る、飛んできたボールを足元に収めるという基盤がないといくら丁寧に練習しても、経験者からみれば下手くそにしか見えません。それくらい初心者が求める質はレベルの低いものです。丁寧にボールを蹴る10回よりも、足に当たる感触で蹴り方を少しづつ変えていく100回の方がよっぽど大切です。

1個1個を丁寧に積み上げていき正解に近づけるよりも、高回転で何回も作って壊してを繰り返して土台を作ってから正解に近づけていく方が結果的に効率がいいです。積み木を1個1個慎重に重ねていくより、積み木を何個か使い安定した土台を作って積み上げていきつつある程度の高さまで上がったらそこからは丁寧に重ねていく方がよいということです。

量を積み上げ高速で問題集を終わらす方法

では、どうやって量を積み上げていくのか。今回は『問題集を早く終わらせるには』ということを、私が受験生の時に実践して結果が出ていた方法を紹介します。また、飛ばす勇気が必要になってきます。

問題集によってはとても問題量が多く、中々終わらないことが多いです。

ですが、「問題集などは長くても1週を2週間でおわらせて、高速で復習する」ことにしましょう。

何も一問一問くそ真面目にやっていく必要はありません。

(志望校や得意分野、苦手分野に合わせて問題を選んでやるという方法もありますが、ここでは全部やるということで考えてみます。)

「問題を飛ばす」ということを考えると一気に早くなります。

問題数が多いときは、難易度で区切るのも考えられます。

例えば、基本問題、標準問題、応用問題って分かれたりしてたら、まずは基本問題を全部一気にやる、次に標準って感じで・・・

問題集によっては、すこし難易度の高い問題には「*」のマークがついてたりするので、それを全部飛ばすとか。

ここで重要なのは問題集を最後までやり通すということなんです。

難しい問題を長時間悩んで挫折するとその科目自体が嫌いになってきます。

長いからモチベーションもイマイチ上がらない。

結局最後まで行かずに途中で挫折するとずっと学力は向上しない。だから、まずは一周、回して達成感を味わう。

終わった後はすぐ2週目にとりかかります。これは復習も兼ねていることで一周目に解いた問題の類題が少なからず出てくるはずだし、やっていたら前回やった問題が嫌でも目に入る。そのときにちょっとだけどうやって解いたか思い出してやるといいです。

ポイントは、スピードを重視すること。

始めは無理に難しい問題を相手にしないようにします。どうせ後から何回もやり直すんだからと初めは割り切っていい。あとは、ひたすら復習を繰り返す。

高速で1週をやり合計3周、問題集を回す。これで、1冊丸々終わる頃には、他の人がやるより三倍やったくらいの効果があるはずです。

ポイントは、スピードを重視すること

をこなして自分のできない所をあぶりだしによってその問題が解けるようにするのが大事です。

これは本当に結果が出る勉強法です。実践してみてください。

逆転合格を狙う受験生にアドバイス

・周りの否定的な意見について

あなたが大学受験を決意し、逆転合格を狙う!と周りの人たちに宣言すると友達、先生、自分の親までもがあなたを否定してくるかもしれません。そこで大切になってくるのが「反骨心」です。

周りの人は無理無理、お前は無理だよと、言ってくることもあるかもしれません。そんな奴らを見返しましょう。いちいち自分の可能性をつぶしてくるような人たちの声は聴く必要はありません。逆に、合格したら学校の先生などはすごい勢いで手のひらをひっくり返してきます。

・苦しい、つまらないはずの勉強が面白いと思える瞬間がある

「勉強なんてつまらない、ずーーっと机に向かって何時間も勉強し続けるなんて楽しいわけがない、友達と遊んでた方が!部活してた方が楽しい!」

そりゃそうです。ですが!受験生でさらに逆転合格を狙うのにそんな友達と遊んだりしている時間はありません。勉強以外をしている時間なんて全くないです。

ただ、きつくてつまんない勉強でも、楽しくなる瞬間がきます。スタディチェーンの講師の現役大学生に聞いても、「みんな受験勉強まじで苦しかったけど時々楽しくなる時があって、楽しくなったらもっと勉強にのめりこんで点数が爆上がりしたわ」や「基礎力がついてきて、わからない問題の理解もスルッとできる感覚になってからは楽しかった」などの声が上がりました。

一番きついのは基礎力をつけている受験勉強初期です。ただ、永遠には続きません。しっかりとした土台を作って計画に沿ってしっかり勉強していると勉強が楽しいという瞬間がきます。スポーツでも楽しむことで長続きしてどんどん上達していきます。

なので、受験生には勉強が楽しいという瞬間がきて成績が爆上がりするまで苦しみもがきながらも勉強することをあきらめないでほしいと思います。

・ずっと部活ばっかやってきたけど間に合うの??

よく、ずっと部活しかやっていてなくて勉強なんて全然やってこなかったんだけど受験に間に合うの??というような質問をしてくる子がおおいです。

結論から言います。

間に合うか間に合わないかではなく、間に合わせましょう

絶対に間に合わせるというその心意気が大事です。

部活生が逆転合格が目指すうえで強みとなるポイントがいくつかあるので紹介していきます。

①目標達成意欲がすごい

部活をやっている人には、それ以外の人が中々持ち合わせていない目標達成意欲を持っています。絶対に合格してやるという強い意志をもって勉強することができます。

②まず実行に移せる力

とりあえず行動をしてみよう、うだうだ考えていても何も変わらないことを知っているためまず一歩を踏み出そうとする決意とそこからの行動の早さを勉強にも生かせます。

③基礎の大事さを体で覚えている

部活をやっている人たちは、基礎が最も大切である、ということを体で覚えています。そのため基礎をおろそかにせずに勉強に臨み無駄なロスがなく勉強をすることができます。

④PDCAの習慣化

部活生はPDCAサイクルを無意識でできている子が多く、あの場面であのプレーができるようになりたい、あの音を出せるようになりたいという計画を立てる(Plan)→練習(Do)→実際の場面でやりそれを踏まえ自分を客観的に見て反省点、改善点を洗い出す(Check)→そして改善(Act)

このようなPDCAを習慣化して取り組んでいた部活生であれば、○○の問題を解けるようになるためには、いついつまでにあの参考書を終わらせる、取り組みながらも自分のペースが落ちていたり勉教法がずれているのを修正したりといったことができます。

自主学習は受験勉強で最も重要なのになぜみんなやりたがらないのか?

難関私大受験を成功させるのに必要な勉強時間は世間一般的に最低1,500時間程度と言われています。

この1,500時間のうち、予備校や塾の授業時間は500時間程度で、それ以外の時間の1,000時間程度は「自主自習」の時間。受験の成功は、この自主自習の質にかかっています。

それを勘違いして高1高2生は自主学習に重きを置かない人が数多くいるため中々成績が上がらず勉強そのものが嫌いになっていきます。

  何度でも言いますが、勉強において最も大切なのは授業を受けている時間よりも自主学習をしている時間です。自主学習が占める時間としては受験勉強1500時間のうち1000時間が必要ですが、多くの塾の場合、授業に重きが置かれています。

また、自主学習のメソッドよりもわかりやすい授業を求める受験生が多いです。 それはなぜか?2つあります。

多くの人が自主学習より授業を求める2つの理由とは

  1つ目は、満足感が得られることにあります。

授業では質の高い有名講師からアハ体験のような凄い満足の行くわかりやすい授業が展開されます。

2つ目は、自主学習は地味だし、ひとりでできそうだからという認識があるからです。

自主学習は独学に委ねられます。そのため、勉強する側はわざわざ塾にお金を払っていく意味はなくないか?と思ってしまうわけです。

わかりやすい授業を受けることで強い満足感が得られる、自主学習を重視するならわざわざ塾に行ってる意味が、、、と思った結果、参考書を使った自主学習や英語の勉強で最も大切と呼ばれる音読などをやらずに、授業は集中して受けているのに中々点数が上がらないといった受験生が数多くいます。

さらに、せっかく塾に通うのであれば満足感が欲しい!有名講師のすごい話を聞きたい!と思ってしまう受験生が多くいるためそこに需要があり、授業を大切にする塾が多く存在します。

  また、一人ひとりの自主学習を管理するのは生徒ごとに目指す目標、進捗が違うためう規模が大きくなりすぎると難易度が高く塾側が把握しきれないということが起こり得ます。

  こういった中々点数が上がらない受験生が自主学習の大切さに気付くのはたいてい直前期の追い込み時期です。直前期というのはどの塾や学校でも授業のカリキュラムが終わり受験生が各々の勉強をし始めます。

つまり自主学習です。直前期に爆発的に点数を伸ばす人の多くの特徴が秋まではずっと授業を受けていて、自主学習の優先度を後回しにしていた。

しかし、直前期に授業がなくなって参考書+問題集の勉強に切り替わると爆発的に点数を伸ばした。 これは私自身そして、周りの受験勉強仲間にも共通していることでした。ただ、自主学習の大切さに気付いたのが受験直前期。なんで誰も自主学習の大切さを教えてくれなかったんだ?と思いました。    

そんな思いを持つ現役大学生が受験生のときに欲しかった塾を作りました。それが「スタディチェーン」です。

[学習コーチングサービスのオンライン塾スタディチェーン]

ここからは、私たちのスタディチェーンを少し紹介させていただきます!ぜひ読んでみてください!!

スタディチェーンの特徴①受験生の苦労をしる実際に合格を経験した難関大講師が担当

受験生の苦悩や焦りは受験生にしかわかりません。現役の受験生が抱える悩みは、実際にスタディチェーンの講師が受験の時に抱えていたものと、とても似ているため親身になって相談に乗ってくれます。

スタディチェーンの特徴② ひとりひとりに合った勉強法を教え学習プランを作成

志望校に合格するためににどんな勉強をすればいいか、どれだけ勉強すればいいかがわかっている受験生はほとんどいません。

合格までの道のりを可視化し、合格までの可能性を引き上げるそれぞれの受験生にあったオーダーメイドのロードマップを作成することによって、逆算し受験から1年前、半年前、1か月後、現在の成績に合った、勉強の進捗にあったロードマップです。

まとめると、受験開始時期に陥りがちな「どう勉強したらいいかわからない」という問題や、「勉強はしているが、成績が目に見える形で出ていない」という悩みを持つ受験生のために、

生徒一人ひとりに合った効率的な勉強法を教え、生徒の志望校合格から逆算した学習プランを作成するというサービスを行っています。

スタディチェーンの特徴③ 365日の学習サポート

オンライン塾スタディチェーンは、大学受験に向けて頑張る受験生のために日本トップレベルの現役大学生講師がひとりひとりに合わせた最適な学習プランを作成し、365日の学習サポートを行う完全一対一対応のオンライン学習指導サービスです。絶対に受験生を一人にするようなことはしません。

スタディチェーンの特徴④ 最短合格の方法

本当の最短合格の方法は自分の行きたい大学に実際に受かった現役大学生に一対一で受験勉強のアドバイスを受け続けることだと思います。

また、スタディチェーンで働く講師陣は皆、高校生、浪人生の時に大手塾・予備校や映像授業を受ける予備校などに通っていましたが、一人ひとりに個性があって悩みも違うのに一緒くたにまとめられて自分の勉強の悩みをスムーズに解決できない、自分に合う勉強法がわからないといった悩みを抱えていました。

そのような悩みを自分たちの後輩となる現役の受験生に抱えてほしくない、という思いがあります。

スタディチェーンの特徴⑤ スタディチェーンは地方の受験生にこそおすすめ

もちろん、都市部に住んでいる方にも利用していただきたいと思っています。

ですが、地方と都市部では受験格差が現状としてあるというのが現実です。

地方の受験生が抱える大きい悩みの1つは、自分の志望校のイメージがなかなか掴めないことではありませんか?

北海道や九州から上京してきた講師たちは全員一致でその悩みを持っていました。

「オープンキャンパスに行って志望校のイメージを作る」「いろいろな大学を見て回り自分の雰囲気に合った大学を選ぶ」「自分の行きたい大学に通う塾のチューターさんに話を聞く」

都市部に住んでいないというだけでこれだけの差が生まれています。

私たちは例えば、環境などの「その人のせいではない理由」で将来の可能性が阻害されてしまうことが非常に悔しく思っています。

ですが、スタディチェーンなら自分の行きたい大学に通う現役大学生から志望大学の大学の雰囲気や授業内容はもちろんどうやって勉強したら良いかを直接、自分の行きたい志望校の現役大学生講師から聞くことができ、その方法を基に勉強して見事現役合格を果たすことができます。

オンラインたる理由の1つにそれがあります。

[オンライン塾のスタディチェーンが無料で使える!!]

今回の記事はいかがでしたでしょうか。

是非今後の受験勉強に活かしながら頑張っていただきたいと思います。スタディチェーンではコロナウイルスの感染拡大による休校中の受験生もしくは勉強がはかどっていない全国の受験生を対象に14日間の無料体験を実施しております。

▼無料体験へのお申し込みはこちらから

14日間の無料体験レッスン

高1、高2の受験勉強の始め方、開始時期

受験勉強っていつから始めたらいいの?」

「実際、今から受験勉強したとしても、第1志望に合格できるのか不安……」

「受験勉強を始めようとは思うけどどこから手を付ければいいかがわからない…..」

「高1、高2で受験勉強をするにはどうすればいいの?」

こういった悩みを抱えている高1・高2生、多いのではないでしょうか?   

下記の記事では高1、高2の大学受験の必勝合格戦略ということで

  • 受験勉強はいつから始めればいいのか
  • 高1・高2からの受験勉強として具体的にやるべきこと
  • 高1・高2からの受験勉強を進めていく上で大切なこと

といった内容を徹底解説しています。これを読めば受験勉強の始め方がわかり、何から始めればいいのかわからないという疑問も解消することができます。

スタディチェーンが無料体験実施中!東大・早稲田を主とした大学に通う現役大学生に、オンラインで受験勉強をマンツーマン指導してもらえる"スタディチェーン”が初めての方限定で『2週間無料体験』と『お得な入会キャンペーン』を実施中です!
-

関連記事

  1. 【大学受験物理】参考書を使った物理の効率的な勉強法は?

  2. 現役早稲田生が語る早稲田大学先進理工学部に合格するための英語の勉強法

  3. 【大学受験】数学を得意に!青チャートの使い方を徹底解説

  4. 【政経】早稲田大学社会科学部合格のための勉強法

  5. 【英語】大学受験で合格を勝ち取るための英語の勉強法は?

  6. 勉強計画の立て方がわからない人必見‼挫折しない勉強計画の立て方