【大学受験】日本史文化史の勉強法って?おすすめ参考書は?

スタディチェーンが無料体験実施中!東大・早稲田を主とした大学に通う現役大学生に、オンラインで受験勉強をマンツーマン指導してもらえる"スタディチェーン”が初めての方限定で『2週間無料体験』と『お得な入会キャンペーン』を実施中です!
-

【大学受験】日本史文化史の勉強法って?おすすめ参考書は?

こんにちはスタディチェーンです!今回は、日本史の勉強の中で意外と忘れられがちな「文化史」について解説していきます。

授業で通史は丁寧に扱ってくれるけど、文化史の解説は少なくてどうすればいいのかわからないという人は多いのではないでしょうか?

この記事ではそんな疑問を解決する内容となってます。

そもそも日本史勉強で文化史って必要なの?

よく、日本史勉強をする受験生の中にも文化史に取り組みたがらない人がいます。しかし、文化史は通史の勉強と同じくらい重要なんです。

むしろ日本史で得点差がどこでつくのかといったら、日本史の文化史です。より注意して勉強しなきゃいけないのが文化史ということです。

文化史は、数多くの私立大学の入試試験で出されており、大学によっては30%近く文化史の問題という大学もあります。

文化史は日本史においては「頻出」テーマです。

たとえば、今年度からセンター試験が廃止となり、大学入試共通試験へと切り替わりますが、センター試験では文化史は例年出題されていました。

しかもセンター試験の中でも2割は文化史が出題されています。

もし文化史を対策しないで本番の入試に臨むと約20%分は勉強せずに試験に臨むことになります。よく文化史で得点差が出ると言われるのはこのためです。

そのため、あたし入試形態となっても大学受験の日本史科目では、文化史が出題される可能性が高いとみていいでしょう。

また、大学受験で問題として出される文化史の問題の多くは、教科書に載っている範囲で答えられる問題であることが多いです。

文化史はとてもコスパの良い範囲といえますので、暗記しておかなければ絶対的に損です。

文化史の日本史勉強法

①基礎をできるだけ早く仕上げよう

日本史は狭く深く学ぶのがミソです。基礎段階は世界史より簡単に網羅できるため、センター試験、共通試験に出題されるレベまでは、薄い参考書でさっさと基礎を終わらせ手応えを得るのがポイントとなってきます。

②一回一回覚えようとしない

日本史は古代~近代史まで走り切るように網羅する勉強法が必要、多い用語が勉強しても抜け落ちやすい。忘れてもいいように復習の回数を稼いで雑に毎週何十回も学びなすといった勉強法が正しいです。


問題は3秒以内に答えられなかったら×、一瞬で回答できるようにスピード感を鍛得ましょう。

③関連語も一緒に覚えていく

単語や用語だけ覚えるのではなく、関連ある用語などもセットで勉強することが重要。

大学受験日本史の文化史おすすめ参考書

・攻略日本史 テーマ・文化史 整理と入試実戦

この問題集は文化史の重要ポイントと実践問題がセットになっている参考書です。文化史の問題がたくさん掲載されており、解説も1問1問詳しく書かれています。論述問題も出てきますので、論述形式の問題演習もできます。

テーマ史と文化史の2部構成となっています。テーマ史を扱う第1部では、交渉史・経済史・社会史・政治史・地方史から22テーマを取り上げ、文化史を扱う第2部では各時代の文化のほか、時代横断型の文化総合を取り上げています。

これにより、入試頻出ながら苦手意識も高いテーマ史・文化史を、1冊で効率的に学習することができます。

このように文化史では、しっかり「理解」→「暗記」→「演習」の3ステップを踏んで効率よく勉強を進めていきましょう。

攻略日本史 テーマ・文化史 整理と入試実戦をAmazonでみる

通史日本史の勉強法

最後に大学受験の日本史通史はどのように勉強していけばいいのかを紹介していきまっす。

最初に決めるべきこと

日本史を勉強する際、まず決めなければならないのが「いつまでに一周目を終わらせるのか」ということでしょう。日本史=歴史、ですから、まずは通読しきることが大切です。

これについてはそれぞれのライフスタイルや学校の進捗事情、どの段階から本格的な受験勉強を開始するのかという点を考慮せざるを得ないので「必ず」という訳ではないのですが、理想は「夏休みが終わるまで」に、一通りの学習をまずは終えているのが理想でしょう。

受験生全体に当てはまるように言うならば、3か月で通史は終わらせましょう。

時間がある夏休みの間に、毎日少しずつでも教科書を読み進めることが必要です。

なぜ一周終わらせることが重要か?

一周終わらせることがどうして必要か、それは、どの分野の比重が重いのか、という全体像を知ることが目的です。

単純に「教科書のページ数=暗記量」「進行年度数=暗記量」ではないのが日本史の特徴。

具体的に、縄文時代などは日本史勉強の始めのころにやりますが、明治時代以降は勉強するのが後になってきます。

日本史の範囲を分野ごとに分けると以下になります。

  1. 古代・・・平安まで
  2. 中世・・・鎌倉〜室町
  3. 近世・・・江戸
  4. 近代・・・明治〜戦前
  5. 近現代・・・明治〜現代まで

大学受験の日本史では近代と近現代の2分野だけ問題だけで5割を超える年もあります。

そのため、早めに日本史を一周し、自分はどの分野が苦手なのか、近代、近現代をどう効率よく勉強していくかといった計画を二周目のために立てていきます。

大学受験日本史で9割を狙える勉強法

日本史の具体的な勉強法やスタディチェーンがおすすめする参考書、問題集についてはこちらの記事をご覧ください

日本史おすすめの参考書・問題集は?正しい勉強法って?【大学受験】

高校3年生の勉強の計画の立て方、受験生として大切なことは?

「逆転合格するにはどうしたらいいの?」

「勉強計画の詳しい立て方がわからない」

「高校3年生の勉強法がよくわからない」

「部活を続けながらでも合格できる?」

 こういった悩みを抱えている受験生は、少なくはありません。   そこで高3向けの大学受験の必勝戦略ということで、 

  • 受験勉強の正しいスタートダッシュ
  • 逆転合格を狙う上で具体的にやるべきこと
  • 高3生の受験勉強を進めていく上で大切なこと

などから、勉強計画をたてるうえでやってはいけないNG行為、受験勉強をしているのに中々点数が上がらない人がやってしまいがちな勉強法といったところまで踏み込んで解説しています。一読の価値はあると思うのでぜひ読んであなたの受験勉強に役立ててください。

高1、高2の受験勉強の始め方、開始時期

「受験勉強っていつから始めたらいいの?」

「実際、今から受験勉強したとしても、第1志望に合格できるのか不安……」

「受験勉強を始めようとは思うけどどこから手を付ければいいかがわからない…..」

「高1、高2で受験勉強をするにはどうすればいいの?」

こういった悩みを抱えている高1・高2生、多いのではないでしょうか?   

下記の記事では高1、高2の大学受験の必勝合格戦略ということで

  • 受験勉強はいつから始めればいいのか
  • 高1・高2からの受験勉強として具体的にやるべきこと
  • 高1・高2からの受験勉強を進めていく上で大切なこと

といった内容を徹底解説しています。これを読めば受験勉強の始め方がわかり、何から始めればいいのかわからないという疑問も解消することができます。

現役難関大学生講師から合格まで最短の勉強計画の作成と学習サポートが受けられるオンライン塾

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: TN8v3Ts1BlMQ08fy0a4GvOKDEmL_jXP-8JO2qW6-rzrY8AILlu0V5jYgh1yGgIBGxpfsi81A8LUjnEKb_psuDE0ghvtepb7D4-uFd6YQnptsB38nXz5kHEkivW_vj96LQAgeRXGa

オンライン学習コーチングサービス「スタディチェーン」では週一回のオンラインでのマンツーマン指導で、学力レベル、学習状況、志望校を基に東京大学、早稲田大学、慶応義塾大学の現役大学生講師に勉強計画を作成してもらえます。

もちろん勉強計画だけではなく勉強の分からない部分の質問対応なども行うこともできます。

週一回の1対1のオンラインでの難関大学生講師によるマンツーマン指導

オンラインでのマンツーマン指導

365日の学習管理サポート

週一回のオンラインマンツーマン指導で立てた勉強計画を悩まず、無理せず、自分のできる範囲でしっかりと進めることができるように、365日いつでも質問したり、相談したりすることができます。

毎日、スタチェログと呼ばれる同じ志望校同士の生徒とその志望校の現役大学生が集まったグループに一日の勉強記録を投稿するとそのグループの中にいる志望校の現役大学生がアドバイスであったり、相談に必ず乗ってくれます。

スタディチェーンの365日の学習管理サポート

オンラインでもオフラインのような環境を完備

オンラインの塾では、自習室もないし、友達もいないし、なかなか自分一人で始めるのは不安といった声をよく聞きます。

しかし、安心してください!

オンラインの塾であっても、スタディチェーンではオンライン自習室をやっているだけでなく、過去問添削サービス、お悩み相談室、さらに志望校に合格した生徒同士の勉強時間のランキングや模試の成績ランキングを匿名で行っています。※スタディチェーンに通う生徒同士のみ

こういった機能がスタディチェーンにはあるからこそ、従来のオンライン塾にはなかったような魅力が詰まっているオンライン塾だと考えています。

コース一覧

スタディチェーン全コース

オンラインだからこそ日本全国のライバルと繋がれる

オンライン塾でも同じ志望校同士の日本全国のライバルとも匿名で勉強記録を毎日毎日投稿して、お互いに刺激し合うだけでなく、志望校に合格した先輩からもアドバイスがもらえる。さらに、同じ志望校同士の勉強時間ランキングや模試の成績ランキングも毎週末に送信されるためにオンラインであっても日本全国の受験生とライバル心をもって受験勉強に望むことができます。

スタディチェーンではコロナウイルスの感染拡大による休校中の受験生もしくは勉強がはかどっていない全国の受験生を対象に14日間の無料体験を実施しております。

▼無料体験へのお申し込みはこちらから

スタディチェーンが無料体験実施中!東大・早稲田を主とした大学に通う現役大学生に、オンラインで受験勉強をマンツーマン指導してもらえる"スタディチェーン”が初めての方限定で『2週間無料体験』と『お得な入会キャンペーン』を実施中です!
-

関連記事

  1. 【大学受験】社会科目の選択方法って? (日本史、世界史、地理、倫理政経 )

  2. 【定期テスト対策】定期テストで日本史9割を取る勉強法

  3. 【大学受験】日本史の勉強はいつから始めるのが最適なの??

  4. 【大学受験者向け】 日本史 を語呂合わせで覚える勉強法!!

  5. 日本史おすすめの参考書・問題集は?正しい勉強法って?【大学受験】

  6. 【大学受験】日本史の一問一答はこの中から選ぼう!使い方も徹底解説