【大学受験】合格できる化学の勉強法と参考書を紹介!


この記事では、大学受験で合格を勝ち取るための化学の勉強法を理系の現役大学生が徹底解説します。

大学受験向け化学の勉強法の解説の前に

皆さんは化学の勉強を軽視していませんか?

大学受験生は、化学に限らず理科を軽視する学生が圧倒的に多いです。

なぜ理科を軽視する大学受験生は多いのでしょうか

大学受験において、大半の学生が国数英を最優先に勉強します。なので理科や社会を後回しにしがちです。その結果、大学受験本番ギリギリで理科を詰め込もうとする学生が続出しています。

確かに、国数英を優先的に勉強するのは大事です。

ですが、それでは理科、化学が大学受験本番に間に合わないという学生が続出してしまいます。

大学受験の勉強において理科、化学という科目を後回しにした結果、大学受験本番に間に合わず、化学が足を引っ張ってしまう現象が起こりがちです。後回しにしすぎてもう手遅れだから捨て科目にしようと考える学生は多いです。

他にも、計算が苦手だから理論化学を後回しにしたり、暗記が苦手だから無機化学や有機化学を避けたりする学生が多く見受けられます。

しかし、その考えは非常にもったいないし、国数英より大学受験対策が簡単な化学を捨て科目にするのは100%大学受験に失敗するといっても過言ではないでしょう。

大学受験の勉強を本格的に始める前から化学の勉強法を確立しておけば、大学受験直前に焦ることはないでしょう。

そんな化学の勉強法について、今から徹底解説していきます。

大学受験のため勉強法 理論化学編

無機化学や有機化学で扱う内容を理解するためには理論化学で学ぶ知識が必要です。

つまり、理論化学の勉強法を確立することは、後に学ぶ無機化学・有機化学の基礎に繋がります。

後述で無機化学と有機化学に分けて詳しく説明していきます。

理論化学には様々な単元が存在しますが、実はそれぞれの単元は関連しているのです。

理論化学の勉強法として、各単元を関連付けて勉強しなければ大学受験問題を理解することができません。

例えば、化学平衡を理解するには熱化学の知識であったり、酸と塩基で出てきた反応式を覚えていることが必要になりますし、電池・電気分解は酸化還元の応用であったりします。

つまり、理論化学のどこかの分野の知識が欠けていると、大学受験の勉強において理論化学の他の分野はもちろん、無機化学と有機化学にも影響が出てきます。

大学受験のため勉強法 無機化学編

誤解を恐れずに言いますが、無機化学は実は暗記科目ではありません。もっと詳しく言うと、無機化学は皆さんが思っているほど暗記する内容はとても少ないのです。それが分かれば、容易に無機化学の勉強法を確立できると思います。

なぜ皆さんが無機化学の勉強法を確立できずに勉強を敬遠してしまうかと言うと、理論化学と関連させて勉強しないからです。

逆に理論化学と無機化学を関連させて勉強しなければ、皆さんのイメージ通り地獄の暗記分野になります。

イメージとしては、理論化学の中に無機化学が属していると思ってください。

まず初めに、大学受験向け無機化学の勉強に必要な理論化学の分野の勉強法を紹介していきます。

イオン化傾向(理論化学)

イオン化傾向とは、溶液中における元素のイオンへのなりやすさを表します。

一般的にイオン化傾向は
Li K Ba Ca Na Mg Al Zn Fe Ni Sn Pb H Cu Hg Ag Pt Au
という順番で覚えましょう。
「理科バカな、まあ当てにすんなひどすぎる借金」といった風に学校で習ったのではないでしょうか。

イオン化傾向に応じて、水との反応、希酸との反応、酸化力のある酸との反応が変わってきます。
これらの反応は気体を発生させるので、無機化学の「気体の製法」に深く関わってきます。

酸・塩基(無機化学のための理論化学)

理論化学の「酸と塩基」の分野も、大学受験に向けて無機化学の勉強法を確立するうえでにおいて重要な役割を果たします。

物質が強酸か弱酸か、また強塩基か弱塩基か。また、酸性塩や塩基性塩の性質などを理解しておくことが必要です。

無機化学において様々な物質を生成する反応が、中和反応であることはとても多いです。

それらの反応を単に丸暗記しないためにも、酸と塩基の単元をしっかりと把握しておくことが必要です。

酸化還元反応(無機化学のための理論化学)

酸化還元の単元を勉強すると半反応式について習います。この半反応式が無機化学においてかなり重要です。

半反応式を丸暗記しようとする大学受験生は多いですが、酸化還元の分野がしっかり身についていれば必ず半反応式を作ることが出来ます。

無機化学において様々な物質の生成反応を覚える必要があります。「半反応式の右側に現れる物質が何か」を覚えているとそれをそのまま応用できるのです。

つまり、最低限のことだけ暗記すれば半反応式は丸暗記する必要がないのです。

酸化還元を理解することが、無機化学を単なる暗記分野にするかしないかを決めます。

大学入受験向け無機化学の勉強法について

大学受験向け化学の勉強法として、暗記事項と理論化学で理解できる事項を整理しましょう。

上記の通り、無機化学は理論化学を組みあわせて勉強できれば暗記事項がかなり減ります。

理論化学の勉強をすることは、無機化学の勉強法の確立にもつながります。

ですが、とはいえやはり無機化学なので完全な暗記事項も一定量存在します。

無機化学の暗記事項を後回しにして大学受験に間に合わなくなります。理系だから暗記が苦手といって無機化学がら逃げてしまいます。

それでは絶対にダメです。この記事を読んで理論化学と組みあわえれば暗記事項をグンと減ることが分かった皆さんは絶対に後回しにせずに高3の夏前から無機化学の対策を始めておきましょう。

以上が大学受験向け無機化学を勉強するうえでのおすすめ勉強法です。

無機化学知識をある程度入れたら、問題集で知識をアウトプットしていきましょう。

「鉄は熱いうちに打て」の考えで問題集で演習を繰り返すことで完全に脳に定着していきます。

大学受験のため勉強法 有機化学編

有機化学の一つの特徴は、暗記事項が多いことです。

有機化学の授業の最初の頃、有機化合物の命名法について習いますが、これを理解しないと問題文が指示している化合物がわからないので問題が解けません。

そして、有機化合物には色んな官能基が存在し、官能基が組みあわさって初めて一つの物質を形成しています。

反応式をみたときになぜその反応が起こるのか理解するには、各々の官能基の性質を知る必要があります。

また、代表的な有機化合物については名称、構造式、反応を覚えておかなければなりません。

この通り、有機化学は暗記事項が非常に多いです。一方で考えて解く事項も多いです。

代表的なものとして「構造決定」が挙げられます。

「構造決定」を解くには、官能基や各種有機化合物の反応といった知識を備えておかないといけません。

要するに、有機化学の考える系の大学受験の問題も結局は基礎知識がないと歯が立ちません。

なので、大学受験で合格するための有機化学の勉強法としてはまずは暗記事項を徹底的に抑えることが必要不可欠です。暗記事項をおさえた後は問題集の問題を通して、有機化学に必要な思考力・考察力を身につけましょう。

化学の大学受験向けおすすめ問題集

この記事の後半に大学受験向け化学のおすすめ参考書と問題集を載せているので、是非参考に見てみてください。

この記事では、大学受験で合格を勝ち取るための化学の記述対策・記述のコツについて、理系の現役大学生が徹底解説します。

大学受験向けの化学の記述対策

化学の記述問題対策 ①基礎固め

記述問題を解くうえで化学の基礎知識がなければ記述の文章を書くことは不可能です。

これは記述に限らず、語句問題や選択問題、実験問題にも通じます。

要するに、化学の記述問題を解くには基礎固めが非常に大事です。

記述問題を解くときは、身に着けた化学の知識を取り出して解答します。基礎固めをすればするほど、記述問題で豊富な引出しを持つことができます。

例えばイオン結合や電子親和力の定義、無機化学に出てくる色をしっかり言えていますか?

化学に関する知識をたくさん蓄えておかなければ記述問題は解くことができません。

基礎固めをするには教科書を熟読し、問題集で知識を徹底的にインプットしましょう。

教科書を読むだけでは知識が定着しているか判断できないので、大学受験向け問題集を使って定着度が低い分野・苦手な分野の基本問題を徹底的に解きまくりましょう。

そして、何周も解いて基礎固めを行うことが大学受験の記述問題で必ず役に立ちます。

化学の記述問題対策 ②化学の理解を深める

教科書や大学受験向け問題集を使ってインプットができたら、アウトプットで化学の理解を深めましょう。

定期考査で化学の勉強する際、丸暗記でなんとかなると思います。教科書を丸暗記したり課題の解答を丸暗記したりしていると思います。

ですが、大学受験ではその勉強法は通用しません。化学の本質を理解しないと記述は絶対に書けないでしょう。

普段勉強しているとき、なんとなくで正解した問題や、なんとなく理解ている分野とかありませんか?

大学受験の記述問題で模範解答のような解答を書くには、化学知識の理解を深める、正しい知識で解答用紙を埋める作業が大事です!

どこまで自分の理解度が進んでいるのかを大学受験向け問題集の記述問題でアウトプットしていきましょう。

インプットした化学知識をアウトプットすることで、大学受験の記述で高得点を取れる実力がつきます。

記述対策でおすすめの参考書・問題集を最後の方で紹介します。

大学受験の化学の記述のコツ

記述問題を解く時は、指定文字数の8~9割は最低でも埋めるように意識しましょう。

文字数が指定されていたら、「その字数以内で、多く・詳しく説明する」ことが心がけましょう。

問題分の意図を理解し、しっかり要素を盛り込むことを意識しましょう。

そのために、上記の通り基礎固めの徹底して行いましょう。多くの知識を身につけると解答欄に要素を「多く・詳しく」盛り込むことができます。

 

高1、高2の受験勉強の始め方、開始時期

「受験勉強っていつから始めたらいいの?」

「実際、今から受験勉強したとしても、第1志望に合格できるのか不安……」

「受験勉強を始めようとは思うけどどこから手を付ければいいかがわからない…..」

「高1、高2で受験勉強をするにはどうすればいいの?」

こういった悩みを抱えている高1・高2生、多いのではないでしょうか?   

下記の記事では高1、高2の大学受験の必勝合格戦略ということで

  • 受験勉強はいつから始めればいいのか
  • 高1・高2からの受験勉強として具体的にやるべきこと
  • 高1・高2からの受験勉強を進めていく上で大切なこと

といった内容を徹底解説しています。これを読めば受験勉強の始め方がわかり、何から始めればいいのかわからないという疑問も解消することができます。

高校3年生の勉強の計画の立て方、受験生として大切なことは?

「逆転合格するにはどうしたらいいの?」

「勉強計画の詳しい立て方がわからない」

「高校3年生の勉強法がよくわからない」

「部活を続けながらでも合格できる?」

 こういった悩みを抱えている受験生は、少なくはありません。   そこで高3向けの大学受験の必勝戦略ということで、 

  • 受験勉強の正しいスタートダッシュ
  • 逆転合格を狙う上で具体的にやるべきこと
  • 高3生の受験勉強を進めていく上で大切なこと

などから、勉強計画をたてるうえでやってはいけないNG行為、受験勉強をしているのに中々点数が上がらない人がやってしまいがちな勉強法といったところまで踏み込んで解説しています。一読の価値はあると思うのでぜひ読んであなたの受験勉強に役立ててください。

関連記事

  1. 指定校推薦に落ちる可能性はある?落ちる理由を解説

  2. 【生物】教えて!教科書や参考書を使った生物の勉強法は?

  3. 指定校推薦の流れを解説、小論文、面接、過ごし方【早稲田大学】

  4. 日本史おすすめの参考書・問題集は?正しい勉強法って?【大学受験】

  5. 指定校推薦に面接で落ちる?指定校の面接試験への対策

  6. 【高校生】大学受験で合格を勝ち取るための国語の勉強法は?