大学受験で赤本はいつからやるべき?【現役大学生にアンケート】

スタディチェーンが無料体験実施中!東大・早稲田を主とした大学に通う現役大学生に、オンラインで受験勉強をマンツーマン指導してもらえる"スタディチェーン”が初めての方限定で『2週間無料体験』と『お得な入会キャンペーン』を実施中です!
-

受験勉強をしたことがある人ならだれもが一度は考えたことがあると思う問題のひとつに「赤本勉強」はいつからやればいいの?という悩みがあります。

受験を経験した現役大学生たちは、受験勉強において赤本はいつごろから取り組むべきだと考えるのでしょう。

赤本とは?

そもそも赤本とは?赤本とは教学社が発売している過去問題集です。
その見た目が真っ赤なことから「赤本」と呼ばれています。
基本的には各大学別ですが、有名大学に限っては学部別・教科別にも発売されていることがあります。

収録年数が多く最大で25年分載っているものもあります。
さらに対策と問題傾向も詳しく解説されているので、初めて解く人には有益な情報となるでしょう。

【調査結果】赤本はいつごろから取り組むべきですか?

現役大学生60人を対象に「赤本はいつごろから取り組むべきですか?」とアンケートを実施したところ以下のような結果となりました。

3年生の前から:17.2%

3年の春:15.5%

3年の夏:36.2%

3年の秋以降:31%

高校3年生の夏、夏以降に赤本を取り組むべきという選択肢を支持する人が多いという結果になりました。

赤本の正しい使い方とは

高3の夏休みまでには1回解いてみる

最低でも高3の夏休みまでには第1志望の過去問を一度解いておきましょう。第1志望のみで構いません。
「夏休みを制するものは受験を制する」とまで言われるほど受験生にとって夏休みの過ごし方は大事です。
その夏休みをより実りあるものにするためにも、その時点での自分の実力とその後やるべき勉強内容を明確にしておきましょう。
その時点で解けなかったとしても全く気にすることがありません。
あくまで力試しです。

センター試験の過去問は12月から

センター試験の過去問を始める時期は12月からでいいでしょう。
ただし国公立大学志望で受験科目数が多い場合は11月から始めた方がいい場合もあります。
自分が何教科を何年分解くのかということをしっかりと考えて予め計画を立てておきましょう。

第1志望の過去問は秋(10月)から始めてもいい

第1志望校の過去問を開始する時期は夏休み以降です。夏休みで基礎の確認を終えて秋から過去問演習という流れがベストでしょう。
11月の後半にはセンター対策に移行しておきたいので10月から11月までの1ヶ月間を過去問をやる時間に当てましょう。
注意しておきたいのはここで全部過去問を使い切ってしまわないことです。
本格的な過去問演習をする時期は入試直前期なのでそこを見越して計画的に消費していきましょう。

本格化するのはセンター試験後

過去問演習が本格的するのがセンター試験後です。 第2志望以下の大学の過去問を始めるのもこの時期で構いません。

ノートやルーズリーフを使う

赤本の答えをそのまま赤本に書きうつすのは辞めましょう。

なぜなら、赤本自体の紙は1ページごとがとても薄いんです。触ってみるとわかると思います。なので、一度書き込んでしまうと筆の跡が残ってしまって元には戻りません。

そのため、答えを赤本自体に書き込んでしまうと二週目に同じ問題を解くときに、一周目に書いた跡がのこっているため答えがわかってしまいます。

赤本は基本、一週で終わらせるものではないので、ノートやルーズリーフに書いてそれを残しておくことで過去の自分の点数からどれくらい上がっているか、まえの自分はどこで間違えたのかなどがハッキリわかるため絶対にノートもしくはルーズリーフは使いましょう。

赤本専用の赤本ノートもあります。

赤本ノートをAmazonでみる

赤本をやる意味とは?

問題の傾向を知ることができる

入試問題は、大学や学部によって問題の形式や傾向が全然違います。同じ学部であっても大学が違えば問題の難しさも違いますし、国立と私立では形式が大きく変わります。赤本を解くことによって、自分が受験する大学、学部の問題がどのようなものかということを理解することができます。

自分の実力を測ることができる

自分の志望校の過去問を解くことによって自分の実力を知ることができます。志望校に合格するためには、あと何点足りないのか、点数を上げるためにどの教科のどの分野の勉強をする必要があるのかということがはっきりと見えてくるでしょう。自分に必要なことがわかれば勉強のスケジュールも立てやすくなります。

問題に慣れる

自分の志望校の問題の出題パターンに慣れておくというのは本当に大切なことです。試験当日に初めてその大学の問題を解く人と、何回も過去問を解いてパターンに慣れている人では点数がまるで違いますよね。過去に出題された問題がほぼそのまま試験当日に出てくるという可能性もあるので、パターンが完全に頭に入るくらい過去問を解きましょう。

赤本を解き始める時期までの準備

赤本を本格的に解く時期を決めるためには、赤本を解くのに必要な基礎的な学力をいつまでに身に付けることができるかを見極める必要があります。

なぜならば、赤本を解くのに十分な基礎学力がついていないうちに解くのは、赤本のただの無駄使いに過ぎないからです。
赤本は必ず基礎的な学力がついてから解くようにしなければなりません

ただし、基礎学力が十分についていなくとも夏にその時点で「赤本」に一度取り組みの自分の実力とその後やるべき勉強内容を明確にすることが最も大切です。

高1、高2の受験勉強の始め方、開始時期

「受験勉強っていつから始めたらいいの?」

「実際、今から受験勉強したとしても、第1志望に合格できるのか不安……」

「受験勉強を始めようとは思うけどどこから手を付ければいいかがわからない…..」

「高1、高2で受験勉強をするにはどうすればいいの?」

こういった悩みを抱えている高1・高2生、多いのではないでしょうか?   

下記の記事では高1、高2の大学受験の必勝合格戦略ということで

  • 受験勉強はいつから始めればいいのか
  • 高1・高2からの受験勉強として具体的にやるべきこと
  • 高1・高2からの受験勉強を進めていく上で大切なこと

といった内容を徹底解説しています。これを読めば受験勉強の始め方がわかり、何から始めればいいのかわからないという疑問も解消することができます。

高校3年生の勉強の計画の立て方、受験生として大切なことは?

「逆転合格するにはどうしたらいいの?」

「勉強計画の詳しい立て方がわからない」

「高校3年生の勉強法がよくわからない」

「部活を続けながらでも合格できる?」

 こういった悩みを抱えている受験生は、少なくはありません。   そこで高3向けの大学受験の必勝戦略ということで、 

  • 受験勉強の正しいスタートダッシュ
  • 逆転合格を狙う上で具体的にやるべきこと
  • 高3生の受験勉強を進めていく上で大切なこと

などから、勉強計画をたてるうえでやってはいけないNG行為、受験勉強をしているのに中々点数が上がらない人がやってしまいがちな勉強法といったところまで踏み込んで解説しています。一読の価値はあると思うのでぜひ読んであなたの受験勉強に役立ててください。

現役難関大学生講師から合格まで最短の勉強計画の作成と学習サポートが受けられるオンライン塾

オンライン学習コーチングサービス「スタディチェーン」では週一回のオンラインでのマンツーマン指導で、学力レベル、学習状況、志望校を基に東京大学、早稲田大学、慶応義塾大学の現役大学生講師に勉強計画を作成してもらえます。

もちろん勉強計画だけではなく勉強の分からない部分の質問対応なども行うこともできます。

週一回の1対1のオンラインでの難関大学生講師によるマンツーマン指導

オンラインでのマンツーマン指導

365日の学習管理サポート

週一回のオンラインマンツーマン指導で立てた勉強計画を悩まず、無理せず、自分のできる範囲でしっかりと進めることができるように、365日いつでも質問したり、相談したりすることができます。

毎日、スタチェログと呼ばれる同じ志望校同士の生徒とその志望校の現役大学生が集まったグループに一日の勉強記録を投稿するとそのグループの中にいる志望校の現役大学生がアドバイスであったり、相談に必ず乗ってくれます。

スタディチェーンの365日の学習管理サポート

オンラインでもオフラインのような環境を完備

オンラインの塾では、自習室もないし、友達もいないし、なかなか自分一人で始めるのは不安といった声をよく聞きます。

しかし、安心してください!

オンラインの塾であっても、スタディチェーンではオンライン自習室をやっているだけでなく、過去問添削サービス、お悩み相談室、さらに志望校に合格した生徒同士の勉強時間のランキングや模試の成績ランキングを匿名で行っています。※スタディチェーンに通う生徒同士のみ

こういった機能がスタディチェーンにはあるからこそ、従来のオンライン塾にはなかったような魅力が詰まっているオンライン塾だと考えています。

コース一覧

スタディチェーン全コース

オンラインだからこそ日本全国のライバルと繋がれる

オンライン塾でも同じ志望校同士の日本全国のライバルとも匿名で勉強記録を毎日毎日投稿して、お互いに刺激し合うだけでなく、志望校に合格した先輩からもアドバイスがもらえる。さらに、同じ志望校同士の勉強時間ランキングや模試の成績ランキングも毎週末に送信されるためにオンラインであっても日本全国の受験生とライバル心をもって受験勉強に望むことができます。

▼無料体験へのお申し込みはこちらから

スタディチェーンが無料体験実施中!東大・早稲田を主とした大学に通う現役大学生に、オンラインで受験勉強をマンツーマン指導してもらえる"スタディチェーン”が初めての方限定で『2週間無料体験』と『お得な入会キャンペーン』を実施中です!
-

関連記事

  1. 高校生・受験生が知りたい!大学・学部ランキング【憧れ編】

  2. 【オンライン塾】オンライン塾、ネット塾って何?使い方は?

  3. 【大学受験】オンライン塾とオフライン塾を徹底比較‼ 費用やメリットは?

  4. 落ちこぼれが【早慶上智】に【現役】合格したワケ(前編)

  5. 意外とかかる⁉大学受験にかかる平均費用とは??

  6. 【科学的根拠あり】勉強中に仮眠をとることで記憶力がアップする。