【大学受験】政治経済の時事問題の勉強法⁉

スタディチェーンが無料体験実施中!東大・早稲田を主とした大学に通う現役大学生に、オンラインで受験勉強をマンツーマン指導してもらえる"スタディチェーン”が初めての方限定で『2週間無料体験』と『お得な入会キャンペーン』を実施中です!
-

大学受験における政治経済の勉強法

政経には政治分野と経済分野の両方が含まれます。

両分野をバランスよく勉強しないと、高得点を取ることは出来ません。

政治分野は得意だけど経済分野が少し苦手という方や、またはその逆という方も多くみられます。どちらかに点数が偏ってしまうというのはあまりよろしくないため、政治分野・経済分野の両方の勉強が大切になってきます。

他の社会の科目と倫理・政治経済が大きく異なることは、各章ごとで単元が独立していることが挙げられます。

そのため、世界史や日本史のように流れを理解する必要がないため自分の好きな単元から勉強できたりと勉強法の幅が広いです。

いくつかある政治経済の勉強法の中でも推奨したいのが、

1週目 前から通しで一度勉強する

2周目以降 苦手分野を重点的につぶしていき、苦手なところの周辺も一緒に復習していくことで苦手ではない範囲は得意分野へとなります。

政治経済を勉強するうえでのポイント

政治経済は絶対暗記の科目

政治経済という科目は暗記が成績アップのほぼすべてを握ります。

そのため、演習の参考書を数多くこなすよりも、自分で決めた1冊のインプット用参考書を完璧にすることが重要です。

時事問題の勉強法

政治経済の時事問題の勉強を開始するのは、政治経済の得点率が7割を超えていることを前提としてください。

なぜなら、大学受験の政治経済において年によっては、時事の問題が出ないことがあるためです。

時事の勉強をするのは、普通の政治経済の範囲での点数が取れるようになってきたらで十分です。「周りと同じ点数を取れるようになってきた」、「合格最低点を取れるようになってきた」という人が周りと差を少しでもつけるために取り組むのが時事問題です。

時事問題の一例としては2019年の話題であると、イギリスEU離脱、WTO訴訟、日本が逆転敗訴、戦後最長の景気回復

オススメの参考書としては毎年10月に出る現代社会の最新時事をおすすめします。

・周りの受験生は中々時事問題を仕上げてこない。 

・大前提として他の政治経済の範囲を完璧にしとく事。

今年の出来事の対策としては、普段から欠かさずニュースを見ておくことが大切です。

ニュースを見るのは、テレビ、新聞、ネットなど色々な媒体がありますがどの媒体を利用してもかまいません。ずっと、時事問題を追っている必要はないので、時々にでも時事の流れを把握しておいてください。

計算問題が出る

政治経済の特徴として、社会科なのに計算問題が出ることが挙げられます。

そのため、最低限の計算はこなせる必要があります。

計算自体は簡単なため、実際に問題を解いて対策しておきましょう。

蔭山のセンター政治・経済 パワーアップ版 

「こんなにおもしろい政治・経済の本ははじめて」と絶賛の声がやまない蔭山先生のセンター政治・経済対策本のパワーアップ版。

物事の「なぜ」と「流れ」が説明されてあり初学者にもピッタリだと思います。

講義調ですらすら読めて、政治のしくみや経済の流れがしっかりわかる最新&最強の改訂版。独学しにくい時事問題も手厚くサポートしてくれます。

蔭山のセンター政治・経済 パワーアップ版の使用法

赤シートを使いながら本参考書の解説を読んでいきましょう。

そこでいまいち理解が難しい内容のものは、必ず政治・経済用語集や「政治経済資料 とうほう」などの用語集や資料集を使い完璧に理解してから読み進めましょう。

チェック問題まで読み終わったら、問題を解き、間違えた問題や理解できなかった問題は、解説をもう一度復習しなおしましょう。

復習が終わったら次の項目に進みましょう。

蔭山のセンター政治・経済 パワーアップ版をAmazonでみる

政治経済一問一答 【完全版】

東進の有名な一問一答シリーズ

基本事項を過去問からピックアップ。さらに、時事テーマは「完全予想問題」として過去問から改題・新作。入試で狙われる統計・資料データ問題を多数掲載。理由・問題点・対策など背景や流れを重視。

政治経済一問一答 【完全版】をAmazonでみる

 

改訂第3版 センター試験 政治・経済の点数が面白いほどとれる本

この本では、教科書では抽象的にしか説明されていない政治と経済の“根本原理”を、石井先生の授業と同じように、極力易しい言葉で、かつ正確に説明しています。

センター試験は廃止となりますが、新入試に対応した参考書がまだまだ少なくまた、センター試験は良問ぞろいなため使わない手はないでしょう。

1.本参考書を一通り勉強し、政治経済の内容をつかみましょう。

2.単語を覚えるのはもちろんのこと、その単語の意味や仕組みを理解しながら暗記を進めていきましょう。

3.インプットの勉強にある程度余裕が生まれてきたころにアウトプット用の参考書を解き、間違えた問題は本参考書で復習しましょう。

センター試験 政治・経済の点数が面白いほどとれる本をAmazonでみる

大学入学共通テスト 畠山のスッキリわかる 倫理、政治・経済 完成講義

この倫理、政治・経済完成講義は、今年発売されたばかりの大学入学共通テストに対応している問題集でインプットに最適です。

共通テストの倫政対策はこの一冊で万全ともいえる代物で、下記に掲載してある完全問題集と合わせて使うのをおすすめします。

大学入学共通テスト 畠山のスッキリわかる 倫理、政治・経済 完成講義

大学入学共通テスト 畠山のスッキリ解ける 倫理、政治・経済 完成問題集

上記の参考書と同じくこの倫理、政治・経済完全問題集は、今年発売されたばかりの大学入学共通テストに対応している問題集でアウトプットに最適です。

倫理、政治・経済は情報量が膨大なため、参考書を読むのに手一杯で、問題演習まで手が回らないのが現状です。

この問題集では倫理、政治・経済合わせてテーマ別の28章を1章につき9~10問を掲載、グラフ・資料問題対策も万全、多くの出題予想資料を収録されており
「倫理」ではシンプルかつ明快な解説を、「政治・経済」では詳細で精緻な解説を掲載。

大学入学共通テスト 畠山のスッキリ解ける 倫理、政治・経済 完成問題集をAmazonでみる

ただ、今回の記事だけでは、大学受験の勉強方法が具体的によく分からない!どんなペースで勉強したらよいのかよく分からない!という方には是非スタディチェーンの無料体験指導をおすすめします。

スタディチェーンの無料体験指導では、現役難関大学生から直接、参考書の選び方や苦手科目の克服方法や各教科の勉強方法を直接聞くことができます。

実際、私も勉強法や参考書の選び方に悩んでいましたが、スタディチェーンの無料体験指導を受けたことで、どうやって勉強したら良いかを直接、早稲田大学の現役大学生講師から聞くことができ、その方法を基に勉強して見事現役合格を果たすことができました。

「どうしても早慶に行きたい!」「逆転合格したい!」という方は、ぜひ下のリンクから無料体験指導が申し込めるので、概要をご覧になってみてください。

スタディチェーン一同、勉強を頑張る皆さんを心から応援しています。

スタディチェーンが無料体験実施中!東大・早稲田を主とした大学に通う現役大学生に、オンラインで受験勉強をマンツーマン指導してもらえる"スタディチェーン”が初めての方限定で『2週間無料体験』と『お得な入会キャンペーン』を実施中です!
-

関連記事

  1. 【大学受験】政治経済の偏差値を上げるためのオススメ問題集4選!!

  2. 【大学受験】社会科目の選択方法って? (日本史、世界史、地理、倫理政経 )

  3. 【大学受験】センター試験における倫理の特徴って?参考書は?

  4. 【大学受験】倫理政経の勉強法って?おすすめの参考書は?

  5. 独学だけで倫理政経でセンター、共通テストで90%取れる?

  6. 倫理政経(倫理、政治経済)のオススメ参考書・問題集って?【大学受験】