【大学受験】小論文の頻出テーマやおすすめの参考書って?

スタディチェーンが無料体験実施中!東大・早稲田を主とした大学に通う現役大学生に、オンラインで受験勉強をマンツーマン指導してもらえる"スタディチェーン”が初めての方限定で『2週間無料体験』と『お得な入会キャンペーン』を実施中です!
-

こんにちは、スタディチェーンです!

この記事では小論文の頻出テーマや勉強法やオススメの参考書などを記しておきたいと思います。小論文のある大学を受験したり、AO入試などを狙っている人はぜひ参考にしてみてください!

小論文とは? 自分の意見や主張を述べる

そもそも小論文とはどのような文章でしょうか? これまでに書いてきた作文とはどう違うのでしょうか? 一般的に、自分の体験や感想を表現力豊かに書く作文に対し、自分の意見や主張とその理由を論理的に述べるのが小論文です。

作文に比べて、自分で問題を発見する力や考える力、説得力が求められます。入試で出題される場合、出題の形式や内容は多様です。

特定のテーマが与えられる場合は、時事問題など一般的なテーマから専門分野に関するテーマまでさまざま。また、長文の課題文や表・グラフなどの資料を読み解くタイプもあれば、志望理由や自分の興味・関心のあることについて書く場合もあります。

受験生の多くは、小論文とはなんですか?と聞かれたら「自分の意見を述べた文章」という答えが飛んできます。が、それだけでは足りません。「自分の意見を述べる」というだけであれば、普通の作文にも要求されるからです。

小論文とは、「自分の意見を根拠と共に述べた文章」のことで、小論文で見られている能力というのは、「自分の意見を順序立てて、きっちりと論理的に述べる力」です。

小論文では「根拠」「意見」「論理的」の3つのポイントが大切になっています。

論理的思考能力

論理的思考とは道理や筋道に則って思考を巡らせて結論を導いたり、あるいは、複雑な事柄を分かりやすく説明したりできる能力として主に捉えられるものです。

小論文は自分の意見を客観的に主張する文章です。つまり、論理的に話を運び、相手を納得させることが大切なのです。なので小論文では論理の飛躍があったりすると大減点になります。

このためには論理的思考能力というものが必要になります。簡単にいうと、「相手を説得させる文章を考えつくか」です。

小論文の基本的な流れ

①意見の提示
↓ 
②理由・根拠
↓ 
③結論・まとめ 

①の意見ですが、小論文では、意見選びがとても重要になってきます。
初めに伝えたように、小論文とは、「根拠付けの上手さ」を問われる試験です。
つまりどれだけおもしろい意見を書けていてもそれに対する根拠付けが不十分であれば、点数はほとんどもらえません。

そこで、意見選びの基準を、「その意見が面白いかどうか」ではなく、「その意見に適切な理由付けがしやすいかどうか」にするようにすると安定した構成の小論文が書きやすくなるでしょう。

②の「理由・根拠」ですが、もちろんここに一番比重を割かなくてはなりません。
何度もいうように、理由付けの上手さが小論文で見られている能力だからです。
この理由付けの場面において一点、非常に注意して欲しい点は「定義づけ」です。

③「結論」「まとめ」序論で提起した内容のまとめをおこなう部分です。序論で述べた自分の意見や主張を明確に述べることが重要です。

大学入試小論文に頻出のテーマ・キーワード

大学入試の小論文では、メディアが中心的に取り上げたニュースに関する問題が出題されることが多いです。そのほか、政治・経済・労働・外交・社会・災害・環境・医学・福祉・スポーツ・文化・芸能など、多岐にわたる分野に関連した話題がテーマとなります。社会を動かした出来事は事前に調べておきましょう。

以下、キーワードを分野ごとにまとめてみました。自分の志望する大学の学部系統・分野にあわせて確認してみましょう。

<社会>

・超高齢化社会、少子化社会

・グローバル化

・自然災害への対策

・外国人観光客の増加

・東京オリンピック開催

・待機児童問題

<政治>

・消費税10%導入

・集団的自衛権

・働き方改革

・女性の社会進出

・地方創生

<経済>

・増税による経済的影響

・TPP参加への影響

・雇用問題と失業率の改善

・インフレとデフレ

・農業の就業人口減少

・日本の観光立国推進

・失業率と有効求人倍率

<教育>

・AIを使った新しい教育

・新大学入試

・小学校における英語教育

・体罰・虐待問題

・いじめに対する取り組み

・スマートフォン・インターネット依存

・留学の必要性

<医療・福祉>

・iPS細胞の活用

・脳死判定について

・尊厳死の是非

・超高齢化社会における介護問題(老々介護)

・チーム医療

・医療事故

・介護問題

・医療従事者として大切なこと

・クローン

その他

・e-スポーツ

・YouTube

・動物と人間の関係

・地方と都会

・リーダーに不可欠なもの

大学受験の小論文のおすすめ参考書・問題集

吉岡のなるほど小論文講義10 

講義式の小論文対策の参考書で、2020年の小論文対策にも十分活用できるおすすめの参考書です。

各問題の長さは標準的なため、小論文に割ける時間があまりない人でも無理なく取り組むことが可能です。また、各問題の難易度は大学入試本番で出題されるものより易しいため、段階的に実力を身に付けられます。

解説の文章は生徒と先生が対話するような文体で書かれているため、読みやすい点が特徴です。小論文の学習が初めての人でも取り組めます。大学入試の過去問演習に取り組む前の1冊としてもおすすめです。

掲載されている問題は最新の大学入試から厳選されているため、最近の入試傾向に合わせた様々なタイプの小論文対策ができます。なお、小論文の問題だけでなく、自己申告書や志望理由書の書き方が解説されていることも『吉岡のなるほど小論文 講義10』の特徴です。

吉岡のなるほど小論文講義10 をAmazonでみる

改訂版 何を書けばいいかわからない人のための 小論文のオキテ55

小論文の基本的な考え方を学ぶことが出来る参考書です。 

・そもそも小論文で何を書けば良いか分からない・小論文と作文の違いが分からない

・課題文の意味が分からない

・いつも時間切れになってしまう

上記のような小論文を書いていく中で受験生が陥るであろう悩みを55個まとめていて、それに対する解決策も詳しく解説しています。

何を書けばいいかわからない人のための 小論文のオキテ55をAmazonでみる

直前でも一発合格! 落とされない小論文

アマゾンの「高校小論文教科書・参考書」カテゴリで1位に輝いたこともある人気の参考書です。

「大学受験で落とされない小論文を書くには、いかに減点を防ぐかが大事だ」という著者の主張の元、減点されない小論文を書くポイントを多く解説しています。

具体的な内容は以下の通りです。・2000本もの失敗答案から導いた「全ての試験に共通した減点基準」

2000本もの失敗答案を研究して、統計的に導いた減点の基準と、どうすれば減点を防げるのかをBefore→After形式で解説しています。

・試験別「超頻出テーマ18」瞬速理解表

各試験の頻出のテーマを紹介した上で、それぞれのテーマの背景や原因・課題などを箇条書きで紹介しています。

・あらゆる試験に共通した12の超重大ミス

大学受験の小論文において、どの採点官も減点したくなる超重大ミスを12個紹介しています。

直前でも一発合格! 落とされない小論文をAmazonでみる

スタディチェーンが無料体験実施中!東大・早稲田を主とした大学に通う現役大学生に、オンラインで受験勉強をマンツーマン指導してもらえる"スタディチェーン”が初めての方限定で『2週間無料体験』と『お得な入会キャンペーン』を実施中です!
-

関連記事

  1. 大学受験向け小論文の参考書・問題集おすすめランキング!!

  2. 指定校推薦の流れを解説、小論文、面接、過ごし方【早稲田大学】

  3. 【大学受験】小論文の書き方とは?頻出のテーマ・参考書は?

  4. 大学受験の小論文対策をいつからやるべき?勉強法は?参考書は?