【大学受験】漢文で高得点を取る勉強法と参考書を徹底紹介!!

スタディチェーンが無料体験実施中!東大・早稲田を主とした大学に通う現役大学生に、オンラインで受験勉強をマンツーマン指導してもらえる"スタディチェーン”が初めての方限定で『2週間無料体験』と『お得な入会キャンペーン』を実施中です!
-

こんにちはスタディチェーンです!

漢文は暗記事項もそれほど多くなく、入試の問題量もそれほど多くないことが多いため、軽視している受験生が多いです。

しかしそれゆえに対策不足で、漢文のせいであと一歩、第一志望校に届かなかったという人も毎年数多く存在します。

配点も低いため、もちろん英語や数学を真っ先に勉強しなければならないことは当然のことですが、そこで差がつくかといったらこういう科目です。最低でも平均点は取れるようになっておかなければなりません。

後悔のない受験をするためにも、隙のない学習を進めていきましょう。
しかし、漢文に時間をかけすぎるのもまた受験においては不利になってしまうので、まずそのために正しい参考書選び、正しい勉強法をしっかりと身に付けて万全の対策をしましょう。

【大学受験】漢文の勉強法

漢文の勉強法は他の科目に比べてとてもシンプルです。

漢文という科目は「句法を押さえて」「問題演習をこなす」という2つのステップを行うだけで成績が上がります。

漢文の勉強の手順は、返り点→句法→単語 の順番で勉強することです。

【大学受験】漢文、返り点の勉強法

漢文には、読み方の特殊なルールがあります。なので、まずはその読み方のルールを覚えないと勉強が始まりません。そこで、重要になってくるのが返り点です。

返り点は全部で4種類あります。

4種類の返り点

・レ点
・一二三点
・上中下点
・甲乙丙点

この4種類の返り点をまずは攻略することから漢文の勉強は始めていきましょう。

返り点をマスターするコツは、音読です。このあとに紹介していく『漢文ヤマのヤマ』でそれぞれの返り点のルールを理解できたら、とにかく例文の音読をしてください。例文を10回ぐらい音読すれば自然と返り点のルールが頭に入ってきます

【大学受験】漢文、句法の勉強法

句法とは、漢文を訓読する際の、基本的構文や文法事項のことをいいます。

“漢文の句法”とは、英語でいうところの文法というようなイメージです。

漢文の句法の例

ここで、句法の例を幾つか挙げておきます。 白文を直接理解することと、句法を用いて理解することの違いを感じましょう

  • 不復A:「復タAセズ」=「二度と〜できない」

例 兔不可復得 →「兔復た得るべからず」=「二度とうさぎを捕まえることはできない」

漢文の句法(一例)

・否定
・反語
・使役

【大学受験】漢文、単語の勉強法

漢文の勉強法の3つ目が単語の暗記です。

単語と聞くと、英単語のように大量の単語を覚えないといけないの……と不安に思うかもしれませんが、漢文の単語は50個もありません

覚えないといけない頻出の単語は本当にわずかです。逆に、このわずかな単語を覚えてしまえば漢文の読解で困ることはありませんし、単語の読み方や意味を問う問題もカンタンに解くことができます。

漢文の参考書はこれ一冊で完璧!

・漢文ヤマのヤマ



漢文ヤマのヤマの具体的な使い方

① 句形の説明を読んで理解する

まずは句形を暗記する前に句形そのものが「どのような意味をもっているのか」「どのような場面の際に使われるのか」を理解しておきましょう。

漢文ヤマのヤマは、見開き2ページにわたってとても詳しく句形の説明が行われています。

句形はただただ暗記していても成績が上がることはないので、成績を上げるには点数を取ることができる実践的な実力をつけていかなくてはならないのです。

まずは、じっくり句形の説明を読み込むことを心がけてください。

② 句法を暗記し、練習問題を解く

句形の説明を読み、理解したら次は句形を実際に覚えていきましょう。ここで大事にしてほしいことは「最初から完璧を求めすぎない」ことです。

人間は完璧に覚えたと思っていても、1回覚えたくらいではすぐに忘れてしまいます。なので1周目から完璧を求めても時間の無駄になってしまうのです。

③ 漢文ヤマのヤマは3周行うこと

1周目】 

一周目は右ページの「句法の解説」と「句法の例文」を活用していきます。左ページにある問題は2周目以降に活用していくので、1周目は右ページを進めることに集中してください。漢文の句法を学んでいく上でポイントとなるのが、音読です。声に出して句法の例文を何回も音読することが、もっとも効率のいい勉強法です。なぜなら、漢文には独特のリズムがあり、実際に声に出して音のリズムと一緒に覚えるとよく定着するからです

【2周目】

2周目からは左ページにある問題にも取り組みます。実際に問題を解くことによって、漢文の句法が定着していきます。ここでも、1つ1つの問題を丁寧に解いていくよりも、たくさんの問題に触れていくことを意識していきましょう。

【3周目】

3周目は問題を解くことだけに集中しましょう。特に、2周目で間違えてしまった問題を正解することに集中して問題演習を進めていきましょう。1つの参考書を3周することである程度の力はついています。3周目以降のインプットは、問題集を解きながらわからないところが出てきたら適宜埋めていくという形をとることが好ましいでしょう。

漢文ヤマのヤマ 共通テスト対応版をAmazonでみる

【大学受験】漢文おすすめ問題集

漢文は国語の他の教科と比べて、なかなか問題尾を解く機会が学校でない分、いざ過去問をやるときに解き方がわからない人や、どこから手をつければいいかわからない人が数多く存在します。

そのように、漢文の路頭に迷わないための道標となる演習用参考書を以下で紹介します。

マーク式基礎問題集 漢文



この問題集は、センターでしか漢文を使わない人や、マーク式の演習をしたい人におすすめです。難易度的にはそこまで難しくないので、演習を重ねたい人にとても役に立ちます。

また、この問題集はマーク模試の過去問から精選されており、悪問が少ないため納得しやすく、自分の知識にできる構造になっています。マーク式の演習を始めたい人はまずこの問題集から始めてみましょう。

マーク式基礎問題集 20漢文をAmazonでみる

 

得点奪取漢文―記述対策

過去問で記述問題に入る前にまず取り掛かりたいのがこの参考書です。
文章自体は難しくありませんが、記述の形式に慣れるには最適な参考書になっています。

記述で一番難しい採点基準も詳しく載っているので過去問を実施するときに、何に気をつけて解答すればいいかわかるようになります。

記述問題に免疫がない人や、過去問をやってみてどうも書き方がわからないという人におすすめの1冊です。

得点奪取漢文―記述対策 をAmazonでみる

 

高1、高2の受験勉強の始め方、開始時期

「受験勉強っていつから始めたらいいの?」

「実際、今から受験勉強したとしても、第1志望に合格できるのか不安……」

「受験勉強を始めようとは思うけどどこから手を付ければいいかがわからない…..」

「高1、高2で受験勉強をするにはどうすればいいの?」

こういった悩みを抱えている高1・高2生、多いのではないでしょうか?   

下記の記事では高1、高2の大学受験の必勝合格戦略ということで

  • 受験勉強はいつから始めればいいのか
  • 高1・高2からの受験勉強として具体的にやるべきこと
  • 高1・高2からの受験勉強を進めていく上で大切なこと

といった内容を徹底解説しています。これを読めば受験勉強の始め方がわかり、何から始めればいいのかわからないという疑問も解消することができます。

高校3年生の勉強の計画の立て方、受験生として大切なことは?

「逆転合格するにはどうしたらいいの?」

「勉強計画の詳しい立て方がわからない」

「高校3年生の勉強法がよくわからない」

「部活を続けながらでも合格できる?」

 こういった悩みを抱えている受験生は、少なくはありません。   そこで高3向けの大学受験の必勝戦略ということで、 

  • 受験勉強の正しいスタートダッシュ
  • 逆転合格を狙う上で具体的にやるべきこと
  • 高3生の受験勉強を進めていく上で大切なこと

などから、勉強計画をたてるうえでやってはいけないNG行為、受験勉強をしているのに中々点数が上がらない人がやってしまいがちな勉強法といったところまで踏み込んで解説しています。一読の価値はあると思うのでぜひ読んであなたの受験勉強に役立ててください。

現役難関大学生講師から合格まで最短の勉強計画の作成と学習サポートが受けられるオンライン塾

オンライン学習コーチングサービス「スタディチェーン」では週一回のオンラインでのマンツーマン指導で、学力レベル、学習状況、志望校を基に東京大学、早稲田大学、慶応義塾大学の現役大学生講師に勉強計画を作成してもらえます。

もちろん勉強計画だけではなく勉強の分からない部分の質問対応なども行うこともできます。

週一回の1対1のオンラインでの難関大学生講師によるマンツーマン指導

オンラインでのマンツーマン指導

365日の学習管理サポート

週一回のオンラインマンツーマン指導で立てた勉強計画を悩まず、無理せず、自分のできる範囲でしっかりと進めることができるように、365日いつでも質問したり、相談したりすることができます。

毎日、スタチェログと呼ばれる同じ志望校同士の生徒とその志望校の現役大学生が集まったグループに一日の勉強記録を投稿するとそのグループの中にいる志望校の現役大学生がアドバイスであったり、相談に必ず乗ってくれます。

スタディチェーンの365日の学習管理サポート

オンラインでもオフラインのような環境を完備

オンラインの塾では、自習室もないし、友達もいないし、なかなか自分一人で始めるのは不安といった声をよく聞きます。

しかし、安心してください!

オンラインの塾であっても、スタディチェーンではオンライン自習室をやっているだけでなく、過去問添削サービス、お悩み相談室、さらに志望校に合格した生徒同士の勉強時間のランキングや模試の成績ランキングを匿名で行っています。※スタディチェーンに通う生徒同士のみ

こういった機能がスタディチェーンにはあるからこそ、従来のオンライン塾にはなかったような魅力が詰まっているオンライン塾だと考えています。

コース一覧

スタディチェーン全コース

オンラインだからこそ日本全国のライバルと繋がれる

オンライン塾でも同じ志望校同士の日本全国のライバルとも匿名で勉強記録を毎日毎日投稿して、お互いに刺激し合うだけでなく、志望校に合格した先輩からもアドバイスがもらえる。さらに、同じ志望校同士の勉強時間ランキングや模試の成績ランキングも毎週末に送信されるためにオンラインであっても日本全国の受験生とライバル心をもって受験勉強に望むことができます。

▼無料体験へのお申し込みはこちらから

スタディチェーンが無料体験実施中!東大・早稲田を主とした大学に通う現役大学生に、オンラインで受験勉強をマンツーマン指導してもらえる"スタディチェーン”が初めての方限定で『2週間無料体験』と『お得な入会キャンペーン』を実施中です!
-

関連記事

  1. 【大学受験】国語の特徴・対策法を知ることで合格までの距離が近くなる!

  2. 【国語】大学受験で合格をつかむための参考書の選び方とは?

  3. 【大学受験】オンライン塾で国語9割取る勉強法をお教えします

  4. 【古文漢文】大学受験で合格するための参考書の選び方とは?

  5. 【大学受験】高校生必見!国語勉強法の完全版!現代文・古文・漢文

  6. 【漢文】大学受験で合格するための問題集の選び方って?