【古文】早稲田生がおすすめする古文の参考書ランキング15選!

スタディチェーンが無料体験実施中!東大・早稲田を主とした大学に通う現役大学生に、オンラインで受験勉強をマンツーマン指導してもらえる"スタディチェーン”が初めての方限定で『2週間無料体験』と『お得な入会キャンペーン』を実施中です!
-

現役早稲田生が紹介する古文の参考書ランキング、古文単語帳、古典文法、古文読解など様々な古文の参考書の中からランキング形式でおすすめの古文の参考書を早稲田生が紹介していきます!独学でも今回紹介する参考書をすれば合格は確実に可能です。

大学受験古文の参考書学習において大切なこと

問題演習をこなす

古文の参考書に掲載されている問題と実際の入試試験に出される問題は同じであったり同じ話の違う部分であることが多々あります。なぜなら、古文は昔の日本の文章であり増えることはありえないためです。増えないので今存在する古文の文章が問題集に乗せられたり入試に使われます。解き方や考え方を学ぶだけでなく、問題数をこなすことで実際の入試で一度見た問題を解ける可能性があるのです。

文中の文法、単語の意味を確認する

古文の参考書には、問題の他に細かい解説がついていると思います。少し面倒ですが、1つの文章を一単語ごとに区切ってその意味や用法などを確認しましょう。現代の文章でも同じ言葉が違う文章で使われるのは当たり前であるように、同じ単語、文法は必ず他の文章でも出てきます。

古文単語の勉強法を解説!

古文は単語がわかればなんとなーく読めます!英語でも単語がわかればなんとなーく何を言っているのかわかるのと一緒です。ですが、英単語に終わりがないように古文単語にも終わりはありません。

そこでこの記事では、いったい「どれくらいの古文単語を覚えればいいのか」について解説しています。

古文の参考書おすすめランキング15選

古文おすすめ参考書15位  「二刀流古文単語634 」

古文おすすめ参考書15位は「二刀流古文単語634」です。この二刀流とは「古文単語」と「文章読解」の2つを一冊でえられることを意味します。単語だけでは覚えずらいという人には、文章の中でどのような使われ方をするのかを知ることができるため、オススメです。また、634語が入試頻出度順に並べられているので前の方のページを重点的にやるだけでも効果があるでしょう。

古文おすすめ参考書14位  「望月光の古文単語333」

古文おすすめ参考書14位は「望月光の古文単語333」です。代々木ゼミナールの人気講師望月光氏が執筆しており、単語の意味を「覚える」のではなく「理解する」ことができる一冊です。語の成り立ちやコアイメージを解説しています。イラストも多用されているので視覚的なイメージも残りやすいでしょう。別冊で一問一答クイズもついておりしっかりと理解できたかどうかの確認ができます。

古文おすすめ参考書13位  「古文解釈の完成 中・上級問題集 」

古文おすすめ参考書13位は「古文解釈の完成 中・上級問題集」です。上位校の駿台と言われる駿台受験シリーズの参考書であり、非常に難易度の高い問題が多いです。国立上位校や難関私立校を受験する人はやっておきましょう。センター試験の古文問題で満点を取れる程度のレベルに達したら、手を付けるのがおすすめです。

古文おすすめ参考書12位  「望月光の古文教室(古典文法編)」

古文おすすめ参考書12位は、「望月光の古文教室(古典文法編)」です。代々木ゼミナールの人気講師望月光氏が執筆しており、高得点に必要な三要素の文法、単語、背景知識のうち文法を固めることができます。ウォーミングアップ編では、そもそもの品詞や活用とは何かという基礎中の基礎を学びます。その後の実践編で、各々の文法を1つずつ覚えていきます。古文を初めて学ぶ人向けに書かれているので非常に丁寧な解説が特徴です。

古文おすすめ参考書11位  「速読古文単語」

古文おすすめ参考書11位は「速読古文単語」です。1つ1つの単語の最も用いられている意味が赤くなっていて赤シートを使えるようになっています。また、1つ1つの単語の成り立ちやイラストが乗っているので、意味を「覚える」のではなく「理解する」ことができます。重要な単語は「重要単語」「最重要単語」「最重要敬語」などにカテゴライズされているので、入試前などの短い時間で重要な語をチェックできます。

古文おすすめ参考書10位  「マドンナ古文常識217」

古文おすすめ参考書10位は「マドンナ古文常識217」です。古文参考書といえばマドンナシリーズですよね。その中で、この参考書は、古文が書かれた時代の「常識」を知ることができます。古文が書かれた時代は、結婚するまで相手と顔を合わせることはなかった、ということは古文を読む上では常識ですので、知らないと文章を理解することは難しいでしょう。非常にコミカルに書かれているので、参考書というより面白い本という感覚で読むことができます。

古文おすすめ参考書9位  「古典単語ゴロゴプレミアム」

古文おすすめ参考書9位は「古典単語ゴロゴロプレミアム」です。古典単語を覚えられない!という人におすすめの本です。ゴルゴ13でおなじみのデューク東郷が一単語につきその単語と意味が入った一語呂を紹介してくれます。語呂が面白いので「暗記しなきゃ!」と思わなくても自然に記憶に残っているでしょう。

古文おすすめ参考書8位  「富井の古文読解をはじめからていねいに」 

古文おすすめ参考書8位は「富井の古文読解をはじめからていねいに」です。古文の「読解」方法を丁寧に解説してくれています。「センテンス」「常識」「ジャンル」「実践」という4つのカテゴリーがあります。古文文法、単語を一通り覚えたかな、と感じている人に向いている参考書です。この一冊を解き終わったらセンター試験の過去問やMARCHレベルの私大の過去問に移っても良いでしょう。

古文おすすめ参考書7位 「おいしい古文」

古文おすすめ参考書7位は、「おいしい古文」です。この本は大学入試に頻出する古典文学をコンパクトに紹介してくれています。詳細まで覚えていなくてもあらすじや登場人物、時代背景を知っているだけで入試問題の内容がさほどわからなくても一部の問題を解ける場合すらあります。非常に読みやすい一冊です。古文に慣れてきた頃に読解と並行しながら進めるのが良いでしょう。

古文おすすめ参考書6位 「古文文法問題演習―基本テーマ30」

古文おすすめ参考書6位は「古文文法問題演習ー基本テーマ30」です。テキストのわかりやすさで有名な河合塾出版の文法書です。助動詞編、助詞編、用語敬語その他編、文法の基礎編、解答解説編の5パートから成り立ちます。練習問題に加えて実際の入試問題も載せられているので、どの程度の難易度の問題に対策が必要かがわかるでしょう。丁寧な解説と見比べることで自分の考え方自体があっているのかを確認することもできます。

古文おすすめ参考書5位 「ステップアップノート30古典文法基礎ドリル 」

古文おすすめ参考書5位は「ステップアップノート30古典文法基礎ドリル 」です。大学入試に必要な文法が網羅されています。難易度もそれほど高くないので、古文が苦手な人や初めて勉強する人におすすめです。ステップアップノート30古典文法基礎ドリルは基礎中の基礎となるので、全問正解できるレベルまで持っていきましょう。

古文おすすめ参考書4位 「ステップアップノート30古典文法トレーニング」  

古文おすすめ参考書4位は「ステップアップノート30古典文法トレーニング」です。初歩的な文法の説明よりも問題演習に重点置かれれいます。初心者向けの参考書を何周かして、「多分理解できたかな?」と思ったタイミングで挑みましょう!この参考書が完璧にできているようだったら読解問題集をやってみましょう。

古文おすすめ参考書3位    「マドンナ古文単語230 」

古文おすすめ参考書3位は「マドンナ古文単語230」です。一ページで一単語を学ぶことができます。語源や解説、イラストが載っているので意味の「暗記」ではなくその単語を「理解」することができます。他の古文単語集に比べ収録語数が少ないので、重要な単語を効率よくまなうことができます。現在古文が苦手な人やセンター試験でしか古文を使わない人はこの単語帳を完璧にすれば足りるでしょう。

古文おすすめ参考書2位 「古文上達 読解と演習45」

古文おすすめ参考書2位は「古文上達 読解と演習45」です。「読解」の問題集で基本問題から応用問題まで45題の問題が収録されれいます。この問題集の特徴は文法事項について、「まとめ」を「集中講義」で詳しく解説している点です。「まとめ」を読んでわからなかった場合はさらに細かい解説である「集中講義」を読むことでしっかりと理解できます。また、丁寧な解説も特徴であり、復習の際に非常に役立つでしょう。

古文おすすめ参考書1位 「古文上達 読解と演習56 」

古文おすすめ参考書1位は「古文上達 読解と演習56」です。本書は「読解」についての参考書です。問題レベルは非常にハイレベルな問題が多ので、初級レベルの読解参考書を一冊完了したら手をつけるのが良いでしょう。過去問題集の解説はそこまで詳しくなく、丁寧な解説がついているのは参考書だけです。丁寧な解説をしっかりと読み込み全ての単語、文法、時代背景を理解しましょう。

最後に

「古文の授業を受けているがさっぱりわからず、苦手意識がある…。」「古文に足を引っ張られている」と感じる人は多いでしょう。古文は確かに現代文の昔バージョンですが、同じ単語でもその意味は大きく異なります。古文を英語のように外国語だと捉えてルールにしたがって理解していくことが遠いようで近道だと言えるでしょう。しかし、古文の範囲は非常に狭くやり込めば高得点を取ることは難しくありません。最高の参考書を使って古文を得意科目に変えましょう!

「参考書は買ったけど、勉強のやり方がわからない!!」という人は、下のような記事も参考にしてみてくださいね!

古文以外にも現代文・漢文の参考書選びや勉強法で悩んでいる人はこれらの記事も必見です!

スタディチェーンが無料体験実施中!東大・早稲田を主とした大学に通う現役大学生に、オンラインで受験勉強をマンツーマン指導してもらえる"スタディチェーン”が初めての方限定で『2週間無料体験』と『お得な入会キャンペーン』を実施中です!
-

関連記事

  1. 【古文】大学受験で合格するおすすめ勉強法を徹底解説!!

  2. 【大学受験】高校生必見!国語勉強法の完全版!現代文・古文・漢文

  3. 大学受験に出る国語の文学史の特徴・勉強法・参考書を紹介!

  4. 私立大学の古文で9割を取る勉強法を徹底解説!!【大学受験】

  5. 【大学受験】国語の特徴・対策法を知ることで合格までの距離が近くなる!

  6. 【古文】大学受験で合格するための参考書と問題集の選び方って?