勉強のやる気が出ない人必見!すぐに実践できるやる気の出し方って?

スタディチェーンが無料体験実施中!東大・早稲田を主とした大学に通う現役大学生に、オンラインで受験勉強をマンツーマン指導してもらえる"スタディチェーン”が初めての方限定で『2週間無料体験』と『お得な入会キャンペーン』を実施中です!
-

勉強のやる気の出し方は?勉強の名言や出し方の方法を紹介!

これさえ読めばすべて解決!勉強のやる気の出し方【理論&実践編】

「勉強をしなければいけないのは分かっているのに中々勉強ができない、、、」

「いつも勉強しようと思ってもすぐに投げ出してしまう。」

「定期テストや大学受験に対しての焦りはあるのに気持ちが勉強に向かない、、、」

こういった悩みを持つ中学生、高校生は多いのではないのでしょうか。

こんにちは、スタディチェーンのモチベーション担当講師です!

今回は、勉強のやる気の出し方という内容で、モチベーションの原理や、扱い方を解説し、実践的で勉強しようと思ったときにすぐ使えるやる気の出し方を紹介していきたいと思っています。

勉強のやる気の出し方【理論】

そもそも、やる気とは何かを説明できる人はどれくらいいるのでしょうか。

やる気の出し方のテクニックをいくら覚えたところでそれには継続性がありませんから、すぐに慣れてしまい勉強に集中できない元のあなたに戻ってしまいます。

そうならないためにも、まずやる気、モチベーションとはどういうものかをしっかりと把握しておく必要があります。

モチベーションとは

モチベーションとは「やる気」「意欲」「動機」などの意味で用いられる表現である。行動を起こす契機となる刺激や意欲、といった意味合いが主といえる。「モチベ」と略される場合がある。

モチベーションを日本語に直すと、社会的動機づけという単語になります。行動するときの理由という意味です。

勉強のやる気がでないのは気合が足りないから?

よく、受験生から質問される内容です。『勉強に集中できないのは自分自身の気合が足りてないからなんでしょうか?』と。

それに対する答えは、Noです。集中力や、やる気というのはその時々の心理状態、環境に大きく左右されます。

つまり、ある程度の環境や精神的な部分を整えてあげることはやる気を引き出してあげるために必須と言えるでしょう。

人間はとても繊細な生き物ですから、少しの気温の変化やその日の体調なんかも心理状況にえいきょうを与えます。

勉強のやる気の出し方のコツは心技体?

みなさんは心技体という言葉を知っていますか?

心技体とは、こころ(ぎじゅつ)からだ)全てバランスが整ったとき、最大限の力が発揮できるという教訓のことです。英語でいうとメンタル、テクニカル、フィジカル。になります。

はたして、この心技体に優先順位をつけるとしたらどうなるのでしょうか?

技術は、サッカーで例えるとドリブルや、パスシュートといった部分で、勉強では、勉強法や参考書選びといったことが当てはまります。

多くの人が、技>心、体 と考えるのではないでしょうか。勉強において勉強はもちろん大切です。しかし、一度考えてみてください。毎年、同じ参考書、同じ勉強法で受験勉強に励んでいるひとが多くいながらそれでもなお多くの人が受験に失敗してしまうという事実を。

心技体で実際に大切なのは、心、体>技 です。

サッカー選手の本田圭佑さんや、ロマンスの神様などで有名なシンガーソングライターの広瀬香美さんも、技(テクニック)を意識する人が多いが成功への最も近い道は、体と心というような土台部分が最も重要だと様々なところで述べています。

勉強の本質とは、実のところ正しい勉強方法などではなく、しっかりとした健康づくり、例えば一日三食を欠かさず食べ、しっかりと睡眠をとって、適度な運動を取ること。そして簡単には投げ出さい忍耐とか、競争の中で自分を保てるメンタル、能動的に勉強がしたいと思える、こういった要素の方が大切です。

勉強のモチベーションのゴール

Happy woman jumping and enjoying life in field at sunset in mountains

要因は、人の内部に湧き上がる欲求が要因となって行動を起こす「内発的動機付け」と、外部からの干渉が要因となって行動を起こす「外発的動機付け」があります

内発的動機づけ

内発的動機づけは物事に対する強い興味や探求心など、人の内面的な要因によって生まれる動機付けを意味する言葉です

作業や仕事、取り組み自体に面白さ、楽しさ、充実感を持っており、その取り組みをやること自体にモチベーションを持てている状態です。内発という言葉が示す通り、自分の気持ちや気分が作業自体から高まる状態です。

この内発的動機づけを勉強に対して持てるかどうかが、受験勉強において大切になって来ると思います。

つまり、勉強そのものを好きになるということ

短期的な物事であれば必要はないとは思いますが、受験勉強では長期的な戦いになるので、これが身に付かないと勉強そのものが嫌で多分没頭した状態では勉強できないと思います。受験勉強を経験した人は、「あんな嫌いだった勉強が楽しいと思うことがたびたびあった、、、」ということが起きてる場合多いです。

ただ、第三者に「勉強そのものを楽しいと思うといいよ!」といわれてもピンとこないし、外的な何かで楽しく思える状態になることはないために、こちらから干渉することも難しく、実際に勉強は楽しいものだと受験生本人が感じない限りは、得られることができないため難しい。

モチベなんか無くても勉強できるっていう人は内発的動機づけが無意識的にきれいに出来てる印象。

勉強の面白さを、基礎を身に着けているインプットの段階で感じるのは厳しいです。

勉強が面白いという状態は、受験勉強きついし、先が見えんからしんどいけど、苦しみながらも気合で基礎身に付けてくると、今までバラバラに覚えていた知識が気付いたら繋がってて、「あ、ここで応用できるじゃん!とか、やべえ、めっちゃ解ける!ちょっと勉強楽しいかもしれないww」のようなかんじでもっと勉強したくなるといった感情が出てくるという状態です。

この状態になることが勉強における内発的動機づけができているということになり、勉強モチベーションの目指すゴールです。

勉強の挫折の一番の理由は受験初期のインプットの時期です。その挫折を起こさせないように、そして挫折からいかに早く立ち上がるかが心(メンタル)の部分で大切になってきます。

しっかりと基礎を詰み重ねた先にある、勉強が楽しいと思える状況が来ることを受験生に認知させていくことも大切な仕事となってきます。真っ暗闇の先にはしっかりとゴールがあることを忘れないでください。

メリット

無限のパワー、能動的な勉強

デメリット

スポーツにおけるゾーンとかと同じ類で、すぐになろうと思ってなれるものでもない。時間がかかる

外発的動機づけ

外発的動機づけとは、モチベーションが自分の外側にあるという考え方。一般的にモチベーションが上がらん、保てないといった状況になっている時に、多くの人が自然と求める動機付けの種類がこれ。

内発的な動機づけに基づいた行動は行動そのものが目的なのにに対し、外発的動機づけに基づいた行動は何らかの目的を達成するためのもの。

外発的動機づけの中にも、タイプがいくつかに分かれています

例を挙げると、先生に怒られて一気に身が引き締まり勉強に打ち込む。自分でご褒美を決めて勉強する。前向きな言葉をかけてもらう

メリット

やる気が上がりやすい。即効性がある

デメリット

やる気が上がりやすい反面、下がりやすい。継続性がない

勉強のやる気出し方1 勉強の環境を整える

これは、単純に勉強をする場所に限った話ではありません。まずは、勉強のデスク周りからきれいにしていきましょう。

机の上に置かれたスマホが集中力を奪う

例えば、よし勉強しよう!と思った時にLINEの通知が鳴って、うっかり画面を見てしまう。そして、ツイッターに通知が来ているからそっちも確認してしまう。

視線をスマホの画面に向けただけで、ようやくかかり始めていた集中のエンジンは止まってしまいます。

場所が集中力に与える影響は、あなたの想像以上に大きなものです。

といううわけで、集中力を促す「場所」にするために、見直したいのは机周りや作業スペースでのスマホやケータイの扱い、そしてモノを片付けることです。

デスクの上にスマホやケータイがあるだけで、集中力が落ちるという実験結果も出ています。

おすすめは、iPhoneであれば機内モードにして引き出しの中にしまっておく、そもそも別の部屋に置いておく、といった具合ですかね。

散らかった部屋は集中力がなくなる

モノが散らかった部屋や机は集中力を奪います。

このことは、散らかった部屋で勉強をしてもらうAグループと、きれいに片付いた部屋で勉強をしてもらうBグループとを比較した心理学の実験でも証明されています。

2つのグループに同じ内容を同じ時間に勉強をしてもらった後、「それだけ自分の自制心を保てるか」というテストを受けてもらいます。すると、Bグループに比べ

散らかった部屋で勉強をしていたAグループの人たちの方が気が散りやすく集中力がなくなっているという結果になったのです。

この実験結果から勉強をする際には、自分の勉強をする部屋の環境を整えるのがいかに大切かというのがわかるかと思います。

自分の部屋で勉強すると集中できないのは、自分の部屋にはモノであふれているからで、カフェなどで勉強すると捗るのは、勉強に必要なもの以外持ち込んでいないからではないでしょうか。

勉強のやる気出し方2 鏡を置く

勉強をする場合、勉強机に鏡を置くというテクニックがあります。

人間、鏡をみると、鏡の中の自分を見て前髪を直したり。身だしなみがおかしくないか確認します。ごく自然のことです。この時、自分の頭の中では理想の自分と鏡の中の自分を脳が無意識に比べ、理想の自分と違う部分を修正しようとする意識が無意識に行われます。

勉強とか仕事とかに疲れた~ってなまけた時に鏡に映る自分のなまけをを見ると脳内で修正しなきゃという無意識の働きが起こります。

そして、脳がシャキッとし「勉強やらなくては」という意識が再び芽生えます。

勉強のやる気出し方3 コップ一杯の水の大切さ

人間の身体は、寝ている間も汗として水分が放出されていきます。

朝起きたらまず水分をとるのは、脱水症状を起こさないためにも必要なこと。しかし、水を飲むという何気ない行動は、じつは脳のパフォーマンスを上げるうえでも効果的なのです。

イースト・ロンドン大学とウェストミンスター大学の研究者たちが水と集中力に関する実験を行いました。

知的な作業に集中する前に500mlの水を飲んだグループと飲まなかったグループを比較し、脳の反応速度を調べました。すると、水を飲んだグループは飲まなかったグループと比べて反応が14%も速くなることが明らかになったのです。

具体的には体から2%の水分が失われると、一気に集中力が低下してしまうことも明らかになっています。

そのため、水分が不足している朝の時間、勉強などの知的な作業を行う前にはコップ一杯の水を飲みましょう。

勉強のやる気出し方4 ストレッチやウォーキングなどの軽い運動をする

ジョージア大学で行われた運動と脳の研究によると、20分の軽い運動をした後の3~4時間は認知力、集中力や考察力が高まることがわかっています。

運動によって脳の血流が改善され、意欲、学習などにかかわるドーパミンを放出。集中力を持続させるだけでなく、ウィルパワーの回復にも運動は役立ちます。

ストレッチ、体操などの軽い運動、歩きながらの作業などによっても集中力が高まるのです。

運動と脳の働きの関係性を調査した他の一例をあげるとイギリスのエセックス大学の研究チームがおこなった調査があります。この調査によると、公園など戸外の緑の中で5分間、体を動かすだけで心身ともに大きなリフレッシュ効果を得られることがわかっています。

勉強のやる気の出し方6 作業興奮

やる気とは脳科学的にいうとドーパミンです。やる気=ドーパミン。

では、どのようにドーパミンを出すのかという話になってきます。

手足を動かしたり、脳を動かす事で側坐核に刺激を与え、やる気の元であるドーパミンが出ます。スポーツのウォーミングアップなど軽く体を動かすだけでもやる気になってくると言う事です。

逆に言うと、何もしなければ、手足も動かさなければ、やる気は出ないままです。

つまり、「やる気が出る→勉強する」ではなく、「勉強する→やる気がでる」

やる気はやってから出てくるのです。これを知っていればやる気中々でないなあ、といいYouTube見てやる気がでるのを待つといった行為がむだであるか、そしてやる気は作業興奮なんだからまずやる気がなくてもまずイスに座って始めようとする意志が出てくると思います。

勉強のやる気の出し方7 音楽を聴く

音楽をきくと勉強が捗る!という人、逆に勉強に集中できないという人さまざまな人がいると思います。実は、勉強をするときに音楽を聴くというのは、メリットもありますが、デメリットも存在するのです。

勉強のやる気を出すために音楽を聴くことのメリット

気分が高揚する

好きな音楽は気分を高揚させる効果があります。勉強になかなか気が向かなくて沈んだ気持ちになっているときも、音楽を聴くことでテンションをアップさせ、やる気とエネルギーを湧き上がらせる効果が期待できます。スポーツ選手などでも、会場入りの際、自分のお気に入りの音楽を聴きながらイメトレをしたりする姿が見られます。

集中力や記憶力が高まる場合がある

リラックスや集中力に関わるアルファ波の発生を促す音楽は、集中力や記憶力を高める効果もあると科学的に証明されています。例えば、クラシック音楽や静かなジャズなどは特にアルファ派の発生を促すとされ、勉強に役立つともと言われています。

勉強のやる気を出すために音楽を聴くことのデメリット

覚えている気分になるだけ

自分の好きな曲を聴きながら勉強をしていると、気分が高揚します。そして、ものすごく意義のある勉強ができているように感じます。しかし実際は、気分が高揚しているだけなのです。

気分が高揚することと記憶力・集中力がUPすることに関連性はありません。むしろ、歌詞がある曲は暗記の妨げになるとも言われています。自分の好きな歌詞がある曲は勉強開始前に聴き、勉強中は聴かないようにしましょう。

勉強のやる気の出し方8 眠い時は思い切って寝ること

勉強をして眠くなってくると、頭もボーッとしてきてなんども同じミスをしたり、線が乱れたり、集中が続かなかったりしますよね?

眠いけど勉強する。その意気込みは大切ですが、かけた時間の割には勉強の量も質も大したことがない、という効率の悪い状態になってしまっていませんか?

下記の記事では、睡魔とはムリに戦わずに勉強のパフォーマンスを向上させる仮眠法をご紹介します。

適度な睡眠は、記憶力がアップし、勉強のやる気も引き出します。

勉強中の仮眠の正しい取り方やコツは?効果を得るための姿勢とは?

勉強のやる気の出し方9 勉強の名言を読む

受験勉強を頑張る受験生へ!受験勉強でやる気を出すとき、モチベーションを上げたい時に読んで欲しい名言集です。受験勉強の名言としてアニメ、短文、英語、やる気、嵐、四字熟語、歌詞、一言、偉人からの名言をまとめています

勉強の名言50選!頑張る受験生へやる気の上がる名言集

高1、高2の受験勉強の始め方、開始時期

「受験勉強っていつから始めたらいいの?」

「実際、今から受験勉強したとしても、第1志望に合格できるのか不安……」

「受験勉強を始めようとは思うけどどこから手を付ければいいかがわからない…..」

「高1、高2で受験勉強をするにはどうすればいいの?」

こういった悩みを抱えている高1・高2生、多いのではないでしょうか?   

下記の記事では高1、高2の大学受験の必勝合格戦略ということで

  • 受験勉強はいつから始めればいいのか
  • 高1・高2からの受験勉強として具体的にやるべきこと
  • 高1・高2からの受験勉強を進めていく上で大切なこと

といった内容を徹底解説しています。これを読めば受験勉強の始め方がわかり、何から始めればいいのかわからないという疑問も解消することができます。

高校3年生の勉強の計画の立て方、受験生として大切なことは?

「逆転合格するにはどうしたらいいの?」

「勉強計画の詳しい立て方がわからない」

「高校3年生の勉強法がよくわからない」

「部活を続けながらでも合格できる?」

 こういった悩みを抱えている受験生は、少なくはありません。   そこで高3向けの大学受験の必勝戦略ということで、 

  • 受験勉強の正しいスタートダッシュ
  • 逆転合格を狙う上で具体的にやるべきこと
  • 高3生の受験勉強を進めていく上で大切なこと

などから、勉強計画をたてるうえでやってはいけないNG行為、受験勉強をしているのに中々点数が上がらない人がやってしまいがちな勉強法といったところまで踏み込んで解説しています。一読の価値はあると思うのでぜひ読んであなたの受験勉強に役立ててください。

現役難関大学生講師から合格まで最短の勉強計画の作成と学習サポートが受けられるオンライン塾

オンライン学習コーチングサービス「スタディチェーン」では週一回のオンラインでのマンツーマン指導で、学力レベル、学習状況、志望校を基に東京大学、早稲田大学、慶応義塾大学の現役大学生講師に勉強計画を作成してもらえます。

もちろん勉強計画だけではなく勉強の分からない部分の質問対応なども行うこともできます。

▼無料体験へのお申し込みはこちらから

スタディチェーンの人気記事はこちら↓

【大学受験】国語の点数が爆上がりする現代文勉強法!!
【大学受験】政治・経済の参考書を徹底分析!政治・経済の参考書3選!!
【大学受験】漢文で高得点を取る勉強法と参考書を徹底紹介!!
スタディチェーンが無料体験実施中!東大・早稲田を主とした大学に通う現役大学生に、オンラインで受験勉強をマンツーマン指導してもらえる"スタディチェーン”が初めての方限定で『2週間無料体験』と『お得な入会キャンペーン』を実施中です!
-

関連記事

  1. 【英語】早稲田大学社会科学部合格のための勉強法

  2. 現役早大生が語る早稲田教育学部に合格するための勉強法(生物編)

  3. 【世界史】早稲田大学商学部合格のための勉強法

  4. 【オンライン塾】コロナ予防に学生の携帯の通信料金が無料⁉

  5. 現役早稲田生が語る早稲田商学部に合格するための勉強法(国語編)

  6. 【英語】早稲田大学商学部合格のための勉強法