【大学受験】独学でも合格できる物理のおすすめ参考書は?

物理の参考書は多く存在しているため、どの参考書を使えばいいのか分からない受験生は多くいます。この記事ではおすすめの物理の参考書、おすすめの物理の参考書の特徴、おすすめの物理の参考書のレベルといった大学受験生が知りたい情報について紹介していきます。

大学受験向け物理の参考書についての紹介の前に

皆さんは理科の勉強を軽視していませんか?大学受験において、理科を軽視する学生が圧倒的に多いです。では、なぜ理科を軽視する大学受験生は多いのでしょうか?

大学受験において、大半の学生が高1高2の間は国数英を最重要視して優先的に勉強します。なので理科や社会を後回しにしがちです。その結果、大学受験本番ギリギリで理科を詰め込もうとする学生が続出しています。

確かに、国数英を優先的に勉強するスタンスは間違っていません。ですが、それでは理科が大学受験本番に間に合わないという学生が続出してしまいます。

「高1高2の間は国数英を優先的に勉強する」これの本当の意味は「理科も基礎固めだけは付随してやっておく」です。高1高2の間は応用問題に手を付ける必要は全くないです。とにかく基礎固めだけは必ずやりましょう。多くの大学受験生は勘違いして理科の基礎固めを疎かにしてしまいます。

その勘違いが大学受験本番に理科が間に合わないということを引き起こしてしまいます。

大学受験の勉強において理科という教科を後回しにした結果、大学受験本番に間に合わず、理科が足を引っ張ってしまう現象が起こりがちです。後回しにしすぎてもう手遅れだから捨て科目にしようと考える学生は多いです。

しかし、その考えは非常にもったいないし、国数英より大学受験対策が簡単な理科を捨て科目にするのは100%大学受験に失敗するといっても過言ではないでしょう。

大学受験で物理を得点源にするには、自分に合った物理の参考書を選ぶのが非常に重要です。自分のレベルよりの高すぎる参考書、自分のレベルより低すぎる参考書だと物理のレベルは一向に上がりません。これは物理に限らずどの科目にも当てはまります。

この記事を読んで物理を正しく選択すれば、大学受験に向けた物理の勉強をスムーズに進められるでしょう。

今からは、そんな大学受験向け物理のおすすめの参考書を紹介していきます。

大学受験向け物理のおすすめの参考書 ①物理のエッセンス

物理のエッセンス 熱・電磁気・原子 (河合塾シリーズ)

「物理のエッセンス」は二冊で構成されていて、赤色の『力学・波動編』と青色の『熱・電磁気・原子編』の2冊に分かれています。

この参考書は理系で物理を本格的に理解するにはうってつけの一冊になっており、説明に無駄がなくて受験物理に必要なことがぎっしりと詰まっています。

章のはじめにその章に出てくる公式や定理の丁寧な解説、覚えるべき重要キーワード、章で使う公式、その公式を使った例題と解説を載せてあるのが特徴です。

対応レベルとしては高校基礎からセンター試験の物理までカバーしてくれます。

「物理のエッセンス」に掲載されている内容を理解できれば、物理に必要な知識はすべて手に入れられるといっても過言ではありません。基礎固めにおすすめの大学受験向け物理の参考書です。

大学受験向け物理のおすすめの参考書 ②良問の風

良問の風物理頻出・標準入試問題集 (河合塾シリーズ)

「良問の風」はシンプルでまとまっていて大学受験生におすすめの参考書です。「良問の風」は、「物理のエッセンス」と「名問の森」(後述)の中間のレベルにあたる参考書です。

「良問の風」は教科書の内容を一通り理解して、すこし難しい問題に取り組みた大学受験生が取り組む参考書として最適です。物理の基礎固めができているのが前提なので、センター試験の物理の点数が7割未満の大学受験生は「良問の風」ではなくて上記の「物理のエッセンス」を使って勉強しましょう。

「良問の風」の特徴として、参考書のタイトル通り良問揃いで過去に大学受験問題で出題された問題が多く掲載されています。また、問題と解答の冊子が別になっており、答え合わせがしやすくなっています。問題冊子には、基礎知識のまとめ、演習問題、論述問題、答えが掲載されています。解答冊子にはキーポイントと問題の解説が掲載されています。

対応レベルとしてはセンター試験~MARCH・中堅国公立大学の物理までカバーしてくれます。

大学受験の勉強を始めて基礎固めができた学生におすすめの物理の参考書です。

大学受験向け物理のおすすめの参考書 名門の森

名問の森物理 波動2・電磁気・原子 (河合塾シリーズ)

「名門の森」は二冊で構成されていて、緑色の『力学、熱、波動Ⅰ』とオレンジ色の『波動Ⅱ、電磁気、原子』の2冊に分かれています。

「名門の森」の特徴として、「物理のエッセンス」と「良問の風」のさらに上のレベルの物理の参考書になります。「名問の森」は難関大学向けの参考書ですが、すべての問題のレベルが異常に高いというわけではありません。「物理のエッセンス」や「良問の風」をきっちりと理解してから「名問の森」に取り組んだ人であれば、「難しい割に理解できる」と感じるでしょう。

逆に、センター試験の物理で9割取れていなかったり、「良問の風」を完璧に解けていなかったりの段階で「名門の森」の取り組むのは絶対にやめましょう。問題が解けなくて解答を読んでも、書いてあることが理解できなくて時間の無題になるでしょう。

また、「名問の森」の別の特徴として、問題ごとに重要レベルが表示されていてどの問題を優先的に解けば良いのか分かりやすく、小問ごとに難易度が表示されています。なので、自分の得意分野・苦手分野に合わせて解く優先順位をつけて取り組みましょう。

対応レベルとしてはMARCH、中堅国立~早慶、難関国立(東大・京大、東工大、医学部を除く)をカバーしてくれます。

難関大学を目指す大学受験生におすすめの物理の参考書です。

大学受験向け物理のおすすめの参考書 物理重要問題集

2020実戦 物理重要問題集 物理基礎・物理

「物理重要問題集」は難関大学の物理の大学受験対策におすすめの参考書です。

この本の特徴として、受験に必要な問題の解法やパターンが網羅的に構成されていることです。大学受験によく出てくるパターンが網羅されているので、問題を解いた後に解答・解説を隅から隅まで読み込んで理解すれば難関校でも高得点を期待できます。

他の特徴として、『最近の大学受験物理の傾向を知ることができる』『解説が少し煩雑』です。最初の2つはプラスで、最後の特徴がデメリットとなります。

対応レベルとしてはMARCH、中堅国立~早慶、難関国立(東大・京大、東工大、医学部を除く)をカバーしてくれます。

難関大学を目指す大学受験生におすすめの物理の参考書です。

大学受験向け物理のおすすめの参考書 難問題の系統とその解き方

難問題の系統とその解き方 新装第3版 物理 電磁気・原子

「難問題の系統とその解き方」は東大受験者のバイブルと称されるほど、物理の参考書の中でも最高難易度を誇る参考書になります。

「難問題の系統とその解き方」の特徴として、非常に難しい参考書になるので、中途半端な実力で「難問題の系統とその解き方」に手を出すと痛い目にあいます。問題はもちろん、解答・解説の内容も難しいので、自信を無くして物理アレルギーになるかもしれません。

対応レベルとしては東大・京大、東工大、医学部をカバーしてくれます。

超難関大学を目指す大学受験生におすすめの物理の参考書です。

関連記事

  1. 【生物】大学受験で合格を勝ち取るための生物の勉強法は?

  2. 指定校推薦に面接で落ちる?指定校の面接試験への対策

  3. 指定校推薦のメリット、デメリットを徹底解説!

  4. 【大学受験】倫理の勉強に使いたい参考書・問題集6選!!

  5. 受験勉強と定期考査どう両立すべき?【現役大学生にアンケート】

  6. 勉強のやる気が出ない人必見!すぐに実践できるやる気の出し方って?