【大学受験】数学の受験範囲が変わる⁉新課程の数学の範囲とは?

スタディチェーンが無料体験実施中!東大・早稲田を主とした大学に通う現役大学生に、オンラインで受験勉強をマンツーマン指導してもらえる"スタディチェーン”が初めての方限定で『2週間無料体験』と『お得な入会キャンペーン』を実施中です!
-

2022年度から大学受験の数学の範囲が変わります。大学受験の勉強において、数学は文系・理系問わず必要不可欠な科目です。そんな超重要な科目である数学の範囲が変わるのです。数学の範囲が変わることについて、現役で難関大学に通う理系大学生が徹底解説します。

「文系学生は数学でベクトルを習わなくなる」

上の一行、嘘だと思う学生は多いのではないでしょうか。ですが、事実なのです。具体的に述べると、2022年度から大学受験における数学の範囲が大幅に変わるのです。

数学Ⅰの範囲

現在の数学Ⅰの範囲とほとんど変わりません。ですが、現在の数学Aの範囲である「整数の性質」から、「分数が有限小数や循環小数で表される仕組み」が数学Iに移行します。

数学Ⅱの範囲

課題学習が追加された以外、数学Ⅱの範囲はほとんど変更はありません。

数学Ⅲの範囲

課題学習が追加され、「平面上の曲線と複素数平面」が「数学C」に移行しました。

それ以外の数学Ⅲの範囲は、現在の数学Ⅲの範囲と変更はありません。

数学Aの範囲

新しい数学Aの範囲では、「場合の数と確率」では「期待値」が扱われることになったとともに、「頻度確率」も扱われます。ですが、「頻度確率」は大学受験数学では以前から頻度確率が扱われているので、現在の数学の範囲と比較しても大学受験には影響しないと思われます。

現行課程での大学受験が始まってもう4年目になりますが、「期待値」は出題範囲に含まれていないにもかかわらず、未だに間違って期待値を出題している大学を多く見かけます。現行課程でも期待値という名称を使用せずに期待値の計算を問題文中で定義した上で出題している場合もあり、旧課程の頃のように、大学受験問題において活発に出題されるようになることが想定されます。

数学Bの範囲

基本的に数学Bは「数列」「ベクトル」が大学受験の出題範囲となっていますが、新しい数学Bの範囲では「ベクトル」が数学C に移行され、社会生活で用いられている数学を扱う「数学と社会生活」が新設されます。

また、数学Bではほとんど大学受験で疎遠となり外れていた「確率分布と統計的な推測」が、新しい数学Bの範囲では必修化されます。内容についても、標本調査や正規分布を用いた仮説検定といった項目が追加されます。

現在の数学Bの範囲にも「確率分布と統計的な推測」がありますが、現在の大学受験において出題範囲に含めている大学は慶應義塾大学環境情報学部や昭和大学医学部といった一部の大学のみです。

つまり、数学Bの大学受験での出題の方法が大幅に変更されます。

数学Cの範囲

「数学B」から移行された「ベクトル」、「数学III」から移行された「平面上の曲線と複素数平面」が主な数学C の範囲となります。旧課程で含まれていた「行列」も大学受験に向けて学習する必要があります。

以上の内容を読んだら分かる通り、文系の数学の範囲がかなり緩和されました。数学Bに新しい範囲が加わりましたが、数学Cに移行したベクトルは文系の大学受験生が苦手に感じる分野なので、かなり楽に感じるのではないでしょうか。

逆に理系の大学受験生は、現過程と比べてかなり負担が増すと思われます。なので、計画を立ててしっかりと数学を勉強していきましょう。

 

現役難関大学生講師から合格まで最短の勉強計画の作成と学習サポートが受けられるオンライン塾

オンライン学習コーチングサービス「スタディチェーン」では週一回のオンラインでのマンツーマン指導で、学力レベル、学習状況、志望校を基に東京大学、早稲田大学、慶応義塾大学の現役大学生講師に勉強計画を作成してもらえます。

もちろん勉強計画だけではなく勉強の分からない部分の質問対応なども行うこともできます。

【大学受験】コロナによる休校中のオンライン授業・オンライン塾を徹底解説‼

週一回の1対1のオンラインでの難関大学生講師によるマンツーマン指導

オンラインでのマンツーマン指導

365日の学習管理サポート

週一回のオンラインマンツーマン指導で立てた勉強計画を悩まず、無理せず、自分のできる範囲でしっかりと進めることができるように、365日いつでも質問したり、相談したりすることができます。

毎日、スタチェログと呼ばれる同じ志望校同士の生徒とその志望校の現役大学生が集まったグループに一日の勉強記録を投稿するとそのグループの中にいる志望校の現役大学生がアドバイスであったり、相談に必ず乗ってくれます。

スタディチェーンの365日の学習管理サポート

オンラインでもオフラインのような環境を完備

オンラインの塾では、自習室もないし、友達もいないし、なかなか自分一人で始めるのは不安といった声をよく聞きます。

しかし、安心してください!

オンラインの塾であっても、スタディチェーンではオンライン自習室をやっているだけでなく、過去問添削サービス、お悩み相談室、さらに志望校に合格した生徒同士の勉強時間のランキングや模試の成績ランキングを匿名で行っています。※スタディチェーンに通う生徒同士のみ

こういった機能がスタディチェーンにはあるからこそ、従来のオンライン塾にはなかったような魅力が詰まっているオンライン塾だと考えています。

コース一覧

スタディチェーン全コース

オンラインだからこそ日本全国のライバルと繋がれる

オンライン塾でも同じ志望校同士の日本全国のライバルとも匿名で勉強記録を毎日毎日投稿して、お互いに刺激し合うだけでなく、志望校に合格した先輩からもアドバイスがもらえる。さらに、同じ志望校同士の勉強時間ランキングや模試の成績ランキングも毎週末に送信されるためにオンラインであっても日本全国の受験生とライバル心をもって受験勉強に望むことができます。

【オンライン塾】コロナ予防に学生の携帯の通信料金が無料⁉

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回の記事ではコロナウイルスの感染拡大による休校中での受験勉強(自習学習)の大切さや勉強計画を立てることの大切さについて詳しく話してきました。

是非今後の受験勉強に活かしながら頑張ってみてください!スタディチェーンではコロナウイルスの感染拡大による休校中の受験生もしくは勉強がはかどっていない全国の受験生を対象に14日間の無料体験を実施しております。

▼無料体験へのお申し込みはこちらから

高校3年生の勉強の計画の立て方、受験生として大切なことは?

「逆転合格するにはどうしたらいいの?」

「勉強計画の詳しい立て方がわからない」

「高校3年生の勉強法がよくわからない」

「部活を続けながらでも合格できる?」

 こういった悩みを抱えている受験生は、少なくはありません。   そこで高3向けの大学受験の必勝戦略ということで、 

  • 受験勉強の正しいスタートダッシュ
  • 逆転合格を狙う上で具体的にやるべきこと
  • 高3生の受験勉強を進めていく上で大切なこと

などから、勉強計画をたてるうえでやってはいけないNG行為、受験勉強をしているのに中々点数が上がらない人がやってしまいがちな勉強法といったところまで踏み込んで解説しています。一読の価値はあると思うのでぜひ読んであなたの受験勉強に役立ててください。

高1、高2の受験勉強の始め方、開始時期

「受験勉強っていつから始めたらいいの?」

「実際、今から受験勉強したとしても、第1志望に合格できるのか不安……」

「受験勉強を始めようとは思うけどどこから手を付ければいいかがわからない…..」

「高1、高2で受験勉強をするにはどうすればいいの?」

こういった悩みを抱えている高1・高2生、多いのではないでしょうか?   

下記の記事では高1、高2の大学受験の必勝合格戦略ということで

  • 受験勉強はいつから始めればいいのか
  • 高1・高2からの受験勉強として具体的にやるべきこと
  • 高1・高2からの受験勉強を進めていく上で大切なこと

といった内容を徹底解説しています。これを読めば受験勉強の始め方がわかり、何から始めればいいのかわからないという疑問も解消することができます。

スタディチェーンが無料体験実施中!東大・早稲田を主とした大学に通う現役大学生に、オンラインで受験勉強をマンツーマン指導してもらえる"スタディチェーン”が初めての方限定で『2週間無料体験』と『お得な入会キャンペーン』を実施中です!
-

関連記事

  1. 【数学】現役大学生がおすすめする大学受験向け数学の参考書

  2. 【数学】大学受験に向けた勉強で役立つチャート式の正体は?

  3. 【数学】現役大学生がおすすめする大学受験向け数学のアプリ

  4. 【数学】大学受験で高得点を取るためには基礎固めが大事!?

  5. 【大学受験数学】大学受験で合格を勝ち取れる数学の勉強法!

  6. 【数学】大学受験の数学でとても役に立つ数学の公式まとめ!