【合格体験記】5か月で上智大学に合格した先輩の合格体験記

スタディチェーンが無料体験実施中!東大・早稲田を主とした大学に通う現役大学生に、オンラインで受験勉強をマンツーマン指導してもらえる"スタディチェーン”が初めての方限定で『2週間無料体験』と『お得な入会キャンペーン』を実施中です!
-

部活に恋愛に全力を注いだ中高6年間

名古屋の中高一貫校に通っていた私は、高校3年生の8月まで部活で忙しく,部活を引退するまでほとんど勉強をしてこなかった。

勉強は定期考査前に詰め込むくらいで、塾に通っていなかったので普段は部活に学校行事に恋愛に全力を注いでいた。そんな感じで中高6年間過ごしていたらあっという間に高校3年生になっていた。

高3の5月に受けた全統記述模試の成績は、『国語40、数学55、英語60強、物理50、化学55、世界史45』と散々な結果だった。

高3の8月に引退した私は、時間こそできたが,何から手をつけていいかわからなく,勉強に対するモチベーションが全く上がらなかった。

憧れの上智大学

そんな私だが,中学生の時から憧れを抱いていた大学があった。

「上智大学 総合人間学部 看護学科」

上智大学の看護学科は他の大学の看護学科と異なり,他学部の学生と一緒に授業を受けたり,看護以外の授業も履修できる。

上智大学はすべての学部が1つのキャンパスに集中していると知っていたので、大学生活をエンジョイしたい!と思っていた私にとってはとても憧れの環境であった。

高2の夏に上智大学のオープンキャンパスに行って以来、その憧れは増す一方だった。

でも、部活も忙しく勉強をしていなかったので、その憧れは遠い存在のままだった。

逆転合格するまでの5カ月間

上智大学の受験日まで残り約5ヶ月、全然時間が足りない。

行き詰まった私は周りの受験仲間や、上智大学看護学科に合格した先輩方に話を聞きまくり、受験に成功している人達の共通点を見つけた。

「勉強内容を見直し,自分にとって1番効率のいい勉強方法を見つけること」

これを掴み,自分の得意分野・苦手分野を再確認したのち,苦手分野に特化した,私にとって効率のいい勉強方法を見つけることができた。

時間がない中,受験当日まで毎日細やかな計画を立て,実践していった結果、偏差値がうなぎのぼりでアップすることに。

高3の5月の全統模試ではE判定だったのに、冬に受けた最後の模試ではB判定にまで成績を上げることができた。

ここまで伸びたのは毎日深夜3時に寝て6時に起きて1日17時間勉強したからだと思う。部活をやっていた分、他の受験生より体力があったからこの生活を続けられたのかもしれない。

最後に受けた模試のおかげで、自信をもって上智大学の受験日を迎えられることにある。

合格通知書を見た瞬間は格別だった。この5カ月のすべての苦労が報われた瞬間だった。

憧れの上智大学生になった今

上智大学生になった今、サークルにバイトに勉強に必死だ。

一人暮らしだから家事をしたり、看護学科の勉強をしたりで上京生活のハードさに少し動揺している。

でも、そのハードさ以上に東京の色んな所で遊べるし、何よりサークルやバイトが楽しくてしかたない。看護学科以外にもサークルや他学科にも友達ができて幸せな大学生活を送れている。

こんな生活を送れるなんて合格通知書を見るまで想像できなかった。

今思うことは一つ

受験期に頑張って上智大学に入れてよかった!

 

現役難関大学生講師から合格まで最短の勉強計画の作成と学習サポートが受けられるオンライン塾

オンライン学習コーチングサービス「スタディチェーン」では週一回のオンラインでのマンツーマン指導で、学力レベル、学習状況、志望校を基に東京大学、早稲田大学、慶応義塾大学の現役大学生講師に勉強計画を作成してもらえます。

もちろん勉強計画だけではなく勉強の分からない部分の質問対応なども行うこともできます。

週一回の1対1のオンラインでの難関大学生講師によるマンツーマン指導

オンラインでのマンツーマン指導

365日の学習管理サポート

週一回のオンラインマンツーマン指導で立てた勉強計画を悩まず、無理せず、自分のできる範囲でしっかりと進めることができるように、365日いつでも質問したり、相談したりすることができます。

毎日、スタチェログと呼ばれる同じ志望校同士の生徒とその志望校の現役大学生が集まったグループに一日の勉強記録を投稿するとそのグループの中にいる志望校の現役大学生がアドバイスであったり、相談に必ず乗ってくれます。

スタディチェーンの365日の学習管理サポート

オンラインでもオフラインのような環境を完備

オンラインの塾では、自習室もないし、友達もいないし、なかなか自分一人で始めるのは不安といった声をよく聞きます。

しかし、安心してください!

オンラインの塾であっても、スタディチェーンではオンライン自習室をやっているだけでなく、過去問添削サービス、お悩み相談室、さらに志望校に合格した生徒同士の勉強時間のランキングや模試の成績ランキングを匿名で行っています。※スタディチェーンに通う生徒同士のみ

こういった機能がスタディチェーンにはあるからこそ、従来のオンライン塾にはなかったような魅力が詰まっているオンライン塾だと考えています。

コース一覧

スタディチェーン全コース

オンラインだからこそ日本全国のライバルと繋がれる

オンライン塾でも同じ志望校同士の日本全国のライバルとも匿名で勉強記録を毎日毎日投稿して、お互いに刺激し合うだけでなく、志望校に合格した先輩からもアドバイスがもらえる。さらに、同じ志望校同士の勉強時間ランキングや模試の成績ランキングも毎週末に送信されるためにオンラインであっても日本全国の受験生とライバル心をもって受験勉強に望むことができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回の記事ではコロナウイルスの感染拡大による休校中での受験勉強(自習学習)の大切さや勉強計画を立てることの大切さについて詳しく話してきました。

是非今後の受験勉強に活かしながら頑張ってみてください!スタディチェーンではコロナウイルスの感染拡大による休校中の受験生もしくは勉強がはかどっていない全国の受験生を対象に14日間の無料体験を実施しております。

▼無料体験へのお申し込みはこちらから

     

スタディチェーンが無料体験実施中!東大・早稲田を主とした大学に通う現役大学生に、オンラインで受験勉強をマンツーマン指導してもらえる"スタディチェーン”が初めての方限定で『2週間無料体験』と『お得な入会キャンペーン』を実施中です!
-

関連記事

  1. 指定校推薦とは?指定校推薦経験者が語る指定校推薦の実態

  2. 【国語】早稲田大学文化構想学部合格のための勉強法

  3. 指定校推薦のメリット、デメリットを徹底解説!

  4. 【世界史】早稲田大学法学部合格のための勉強法

  5. 大学受験で意識すべき各科目の勉強法って?

  6. 【日本史】早稲田大学文化構想学部合格のための勉強法