【化学】大学受験生におすすめの化学の参考書「一問一答」

スタディチェーンが無料体験実施中!東大・早稲田を主とした大学に通う現役大学生に、オンラインで受験勉強をマンツーマン指導してもらえる"スタディチェーン”が初めての方限定で『2週間無料体験』と『お得な入会キャンペーン』を実施中です!
-

この記事では、化学の大学受験向けの参考書である「一問一答」について徹底解説していきます。

化学の「一問一答」の紹介をする前に

皆さんは化学の勉強を軽視していませんか?

大学受験生は、化学に限らず理科を軽視する学生が圧倒的に多いです。

なぜ理科を軽視する大学受験生は多いのでしょうか

大学受験において、大半の学生が国数英を最優先に勉強します。なので理科や社会を後回しにしがちです。その結果、大学受験本番ギリギリで理科を詰め込もうとする学生が続出しています。

確かに、国数英を優先的に勉強するのは大事です。

ですが、それでは理科、化学が大学受験本番に間に合わないという学生が続出してしまいます。

大学受験の勉強において理科、化学という科目を後回しにした結果、大学受験本番に間に合わず、化学が足を引っ張ってしまう現象が起こりがちです。後回しにしすぎてもう手遅れだから捨て科目にしようと考える学生は多いです。

しかし、その考えは非常にもったいないし、国数英より大学受験対策が簡単な化学を捨て科目にするのは100%大学受験に失敗するといっても過言ではないでしょう。

高3の夏までに参考書や問題集を使って基礎を固めておけば、上記のように大学受験直前に焦る必要はないでしょう。

そんな化学の基礎固めに最適な参考書「一問一答」について、今から徹底解説していきます。

化学「一問一答」完全版

化学「一問一答」完全版の特徴

一通り化学の知識が身についている大学受験生におすすめの化学「一問一答」完全版は11章33節の構成となっています。

化学「一問一答」完全版の最大の特徴は、徹底的に暗記をすることです。

参考書に出てくる計算問題も計算過程の覚え方を書いてくれていることが多く、計算問題まで含めて暗記しやすいようになっています。

また、他の化学の参考書は解答解説が参考書の一番後ろに載っているのが大半です。

ですが、一問一答では解答解説がすぐに確認できるように構成されており、そのうえ解答は赤字で書かれているので赤シートで隠せば答えば答えが見える心配はいりません。

他の特徴として、語句問題や化学反応式は穴埋めになっているもの大半で、英単語帳のように勉強できます。

問題に出てくる実験は覚えやすいようにイラスト付きで解説されています。

また、大学受験本番まで時間がなく、試験直前まで知識を詰め込みたい大学受験生にもおすすめの一冊です。

化学「一問一答」完全版の対象大学受験生

①センター試験対策を行いたい大学受験生

化学のセンター試験対策におすすめです。

他の化学の大学受験向け参考書・問題集と比べると網羅性の高さがずば抜けており、ここに掲載されている知識を完璧にマスターできればセンター試験で安定して満点か満点近い得点が狙えます。

②中堅国公・私立大学を志望校とする大学受験生

中堅国公・私立大学を志望校とし、合格平均点くらいの点数を狙う大学受験生におすすめです。

化学「一問一答」ではそれらの大学の大学受験問題に出てくる難問までは対応しきれませんが、基本問題や、周囲も解答できそうな問題は対応できているといえます。

③化学に苦手意識を持つ大学受験生

化学に苦手意識を持つ大学受験生、特に何から手を付けていいかわからない大学受験生や教科書レベルの化学知識を覚えていない大学受験生におすすめです。

化学は計算力だけでなく知識力も必要です。大学受験の勉強の最初の頃は、圧倒的に暗記の方が大事です。

化学に苦手意識を持つ大学受験生の多くは知識力が欠けています。暗記の作業は面倒で後回しにしがちです。ですが、後回しにすると化学は一生できるようになれません。

なので、知識不足だと感じる大学受験生は化学「一問一答」で知識を培うことをおすすめします。

化学「一問一答」完全版の勉強法

化学の「一問一答」は小さいサイズでコンパクトにまとめられているので、バスや電車といった通学時間を使って勉強できます。

化学「一問一答」は章ごとに完璧にしていくのがおすすめです。

化学「一問一答」は400ページを超え、最初から最後まで順番に解いていくと相当の時間を要します。なので、章ごとに区切って勉強するのが最善の勉強方法といえます。

化学「一問一答」は全部で11章から構成されているので、まずは11パートに分けましょう。その11パートで完璧な章は二度とする必要はありません。

逆に苦手な分野や一度間違えたパートは何度も繰り返す反復勉強をしましょう。そうすることで苦手分野を徹底して勉強できます。

大学受験生以外でも、定期考査の勉強で化学「一問一答」を使うこともおすすめです。定期考査の試験範囲のパートを上記のように反復勉強sすることで定期考査対策に繋がります。

化学基礎「一問一答」完全版

化学「一問一答」の内容が化学基礎になったものです。化学基礎が受験科目にある人は必ずやりましょう。

上記の化学「一問一答」には化学基礎に範囲が含まれていません。なので理系の大学受験生は必ずやりましょう。

センター試験で化学基礎を選択する国公立大学志望の大学受験生も必ずやりましょう。化学基礎の50点は化学「一問一答」で対応できるといえます。

 

 

現役難関大学生講師から合格まで最短の勉強計画の作成と学習サポートが受けられるオンライン塾

オンライン学習コーチングサービス「スタディチェーン」では週一回のオンラインでのマンツーマン指導で、学力レベル、学習状況、志望校を基に東京大学、早稲田大学、慶応義塾大学の現役大学生講師に勉強計画を作成してもらえます。

もちろん勉強計画だけではなく勉強の分からない部分の質問対応なども行うこともできます。

週一回の1対1のオンラインでの難関大学生講師によるマンツーマン指導

オンラインでのマンツーマン指導

365日の学習管理サポート

週一回のオンラインマンツーマン指導で立てた勉強計画を悩まず、無理せず、自分のできる範囲でしっかりと進めることができるように、365日いつでも質問したり、相談したりすることができます。

毎日、スタチェログと呼ばれる同じ志望校同士の生徒とその志望校の現役大学生が集まったグループに一日の勉強記録を投稿するとそのグループの中にいる志望校の現役大学生がアドバイスであったり、相談に必ず乗ってくれます。

スタディチェーンの365日の学習管理サポート

オンラインでもオフラインのような環境を完備

オンラインの塾では、自習室もないし、友達もいないし、なかなか自分一人で始めるのは不安といった声をよく聞きます。

しかし、安心してください!

オンラインの塾であっても、スタディチェーンではオンライン自習室をやっているだけでなく、過去問添削サービス、お悩み相談室、さらに志望校に合格した生徒同士の勉強時間のランキングや模試の成績ランキングを匿名で行っています。※スタディチェーンに通う生徒同士のみ

こういった機能がスタディチェーンにはあるからこそ、従来のオンライン塾にはなかったような魅力が詰まっているオンライン塾だと考えています。

コース一覧

スタディチェーン全コース

オンラインだからこそ日本全国のライバルと繋がれる

オンライン塾でも同じ志望校同士の日本全国のライバルとも匿名で勉強記録を毎日毎日投稿して、お互いに刺激し合うだけでなく、志望校に合格した先輩からもアドバイスがもらえる。さらに、同じ志望校同士の勉強時間ランキングや模試の成績ランキングも毎週末に送信されるためにオンラインであっても日本全国の受験生とライバル心をもって受験勉強に望むことができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回の記事ではコロナウイルスの感染拡大による休校中での受験勉強(自習学習)の大切さや勉強計画を立てることの大切さについて詳しく話してきました。

是非今後の受験勉強に活かしながら頑張ってみてください!スタディチェーンではコロナウイルスの感染拡大による休校中の受験生もしくは勉強がはかどっていない全国の受験生を対象に14日間の無料体験を実施しております。

▼無料体験へのお申し込みはこちらから

スタディチェーンが無料体験実施中!東大・早稲田を主とした大学に通う現役大学生に、オンラインで受験勉強をマンツーマン指導してもらえる"スタディチェーン”が初めての方限定で『2週間無料体験』と『お得な入会キャンペーン』を実施中です!
-

関連記事

  1. 【化学】早稲田大学基幹理工学部合格のための勉強法

  2. 【大学受験化学】大学受験で化学の記述力はどれくらい必要?

  3. 【大学受験】化学と生物を選択するうえでそれぞれの特徴は?

  4. 【大学受験】化学の勉強法をしっかり理解すれば合格へは近づく!!

  5. 【大学受験】化学と物理を選択するうえでそれぞれの特徴は?

  6. 【化学】塾に通って大学受験向けの化学を習う必要はあるの?