【大学受験】現代文で単語勉強は必要?現代文おすすめ勉強法

スタディチェーンが無料体験実施中!東大・早稲田を主とした大学に通う現役大学生に、オンラインで受験勉強をマンツーマン指導してもらえる"スタディチェーン”が初めての方限定で『2週間無料体験』と『お得な入会キャンペーン』を実施中です!
-

現代文の単語の勉強法について、現役難関大学生が合格できる勉強法を徹底解説します。
おすすめの参考書、参考書の使い方、 自習や独学の際におすすめの現代文の勉強法や、大学受験本番や模試で結果を残せる現代文の勉強法をレベル別にしっかりと紹介します。

 

現代文の勉強で大切なこと、重要なポイント

 

現代文の勉強法って?

古文や漢文と異なり、現代文は何かを暗記すればすぐに点数に直結するようなことが少ない教科なので勉強法に困る人も多いと思います。


そこでこの記事では、現役早稲田生おすすめの現代文の勉強法を徹底解説していこうと思います。

現代文が苦手という人は普段問題を解く際、確立した解法を使っているのではなく、「なんとなく」で回答している人が多いと思います。


そのような解き方では、ある程度までの問題のレベルであれば対応できるかもしれませんが、MARCH以上のハイレベルな問題には対応することは難しいでしょう。

それでは、そのような難関大学に合格することのできる現代文の力をつけるにはどうすればいいのでしょうか。

  

現代文で陥りがちな誤解とは?


まずは現代文にありがちな誤解を解いていきます。

現代文は古文や漢文と全く勉強法が異なると思っている人が多いと思いますが、それは間違いです。

現代文も、古文や、漢文と同じように、
⒈単語、キーワードの暗記
⒉読解力
⒊論理的解答力
の3つの段階を踏んで勉強していくことで、システマティックに成績を上げていくことができます。

今まで、現代文の勉強は何をしたらいいかわからないから、とりあえず漢字をやってみたり、適当な問題集で問題を解いてみたり、はたまた勉強しても意味ないと模試本番しか現代文を解かないといった人もいるのではないのでしょうか。

しかし、それでは入試本番に泣きを見るだけです。
対策、攻略が可能なものしか大学側は受験教科にしません。
つまり、現代文のようにどんなに成績をあげるのが難しい教科でも、必ず正しい勉強法というものは存在します。

上述の3つの段階を意識して、他の教科と同じように現代文も論理的に勉強計画を立て、意味のある勉強をすることで着実に成績を上げていきましょう。

以下では上記で挙げた、単語、キーワードの暗記について話していきます。

  

おすすめの現代文の点数を確実に上げる勉強法、勉強方法

 

現代文の大学受験で絶対に成績を上げるための効果的な勉強法(キーワード編)

まずはじめに、この記事のタイトルでもある現代文のキーワード、単語、語彙について触れます。

大学受験の現代文では、知らないと読解に差が開いてしまうテーマや語彙が頻出しています。
そして、そのような問題は難関大になればなるほど増えてきます。
論理力ではなくそのような知識でカバーできるところで差をつけられてしまうのはなんだか悔しいですよね。

それではそのような語彙力をつけるためにはどうすればよいのでしょうか。


語彙の知識をつけるためには、現代文に特化したキーワード集や語彙集を使って暗記するのが最短ルートです。
英単語と同じように、知らない単語、語彙は覚えるしかありません。

それらの参考書には、日常生活では使われない現代文独特の難しい語句、評論文で扱われやすいテーマについての知識、小説分野での語句など、自分に馴染みのないキーワードが多数収録されており、とても便利です。

現代文読解をする際、その文章のキーである語彙を知らなければその文章を理解できなくなるのは当然です。
しかし現代文は日本語なので、前後から類推することはできます。
そのキーワードを知ってさえすれば、より短時間で解答を導き出せるので、その単語を知らない受験生と比べると、かなりのアドバンテージになります。

以下に、おすすめの参考書も掲載しているので、語彙力をあげるためにもぜひ、参考にしてみてください。

 

生きる現代文キーワード

駿台から出てる語彙力向上用の参考書です。
文章読解をしながらテーマやキーワードを確認、覚えていくため、記憶に定着しやすいです。難易度的には容易ですが低すぎることもなく、やさしい解説や、練られた問題配置のため初心者でも不安要素なく取り組める1冊です。

  

現代文キーワード読解

定番の難関大学時受験者用の参考書です。z会から出版されています。
読解の流れで定着させることに重点を置いているためか、頻出単語のみに絞られています。頻出テーマは確実に身につくでしょう。
また、解説文、例文共に文章自体のレベルが相当高いので、既に現代文単語をある程度覚えていて、かつ読解にも自信のある人使うと高い学習効果を見込めるでしょう。

  

現代文で絶対に成績を上げるための効果的な勉強法(漢字編)

次に、現代文の基礎とも言える漢字について解説していきます。

語彙を増やして読解力をあげても、その語彙を漢字で書けなければ「知ってるのに」と本番悔しい思いをすることになるでしょう。

漢字は軽視されがちな分野ですが、英単語同様その教科の礎を築いているものです。
漢字がわかれば、わからない単語が出てきても類推することができますし、読解にも役に立ちます。
また多くの大学、学部では漢字が単体で出題されることが多く、一点を争う受験においては対策しておく法が吉でしょう。

それでは漢字はどのように勉強していくのが良いでしょうか。
主な学習法としてはすきま時間、そして勉強のはじめ、終わりの時間がおすすめです。
漢字をやってから、現代文の問題集を解く、あるいは現代文の勉強を一通り終えたら漢字をやる、など時間を決めてやるとルーティン化できて勉強時間をかくほできます。

漢字は書いた方が覚えるので、なるべく紙に繰り返し書いて覚えましょう。
また参考書を使うときは、赤シートで隠して書けなかった単語だけ復習すれば、時間短縮になって効率的な学習を実現します。

以下に、おすすめの参考書も掲載しているので、語彙力をあげるためにもぜひ、参考にしてみてください。

 

入試漢字マスター1800+

この漢字帳のいいところは、漢字の横に意味も書いてあることです。
単なる漢字練習ではなく、現代文を読む際にも役に立つため一石二鳥です。
ぜひ何を買うか迷っている人ははじめに手に取ってみるのがいいのではないでしょうか。


収録内容としては、書き取り約1200題超、読み約400題、センター対策約100題、四字熟語約200題が収録されています。

 

頻出入試漢字コア2800―新版完全征服

上記の参考書と同じように、漢字の読み書きだけでなく、語の意味もしっかり学習できるように工夫されています。
漢字の意味も覚えられるように、例文を活用した語の意味を簡潔に掲載しています。


特徴としては、2800語もの語数を収録していることです。
これさえ完璧にすれば大学受験の漢字は網羅できると思います。
参考書には定評のある桐原から出版されているのでまず間違いなしの1冊です。

 

生きる漢字・語彙力

この参考書も漢字帳でありながら、語の意味も理解できるように工夫された参考書です。
例文が面白いので漢字学習のとっかかりにいいかもしれません。

掲載量も2300語と多く、こちらもこの1冊で十分大学受験で対応できます。

スタディチェーンが無料体験実施中!東大・早稲田を主とした大学に通う現役大学生に、オンラインで受験勉強をマンツーマン指導してもらえる"スタディチェーン”が初めての方限定で『2週間無料体験』と『お得な入会キャンペーン』を実施中です!
-

関連記事

  1. 【現代文】現役大学生おすすめ受験のための勉強法を徹底解説

  2. 【国語:大学受験参考書】きめる!センター現代文の使い方を解説!

  3. 国語によくある近代以降の文章!大学受験の悩みを解決‼

  4. 【参考書】現代文読解基礎ドリルの使い方を徹底解説【大学受験】

  5. 【国語】大学受験の志望校別おすすめ漢字参考書5選

  6. 現代文の記述式問題の特徴・勉強法?参考書って?