勉強計画の立て方がわからない人必見‼挫折しない勉強計画の立て方

スタディチェーンが無料体験実施中!東大・早稲田を主とした大学に通う現役大学生に、オンラインで受験勉強をマンツーマン指導してもらえる"スタディチェーン”が初めての方限定で『2週間無料体験』と『お得な入会キャンペーン』を実施中です!
-

挫折しない勉強計画の立て方を徹底解説‼【大学受験】

勉強計画の立て方がしっかりできている人、勉強計画をしっかりと立てることは、大学受験のための受験勉強や、中学高校などの定期テストでは有効なのでしょうか?また立てる際に注意しなければならないポイントはどんなところにあるのでしょうか?

そこで今回は、定期テストに焦点を当てた勉強計画の立て方、大学受験を突破するための勉強計画の立て方について紹介していきたいと思います。

最後まで勉強計画の立て方についての今回の文章読んで今後の受験生活の参考にしてみてください。

勉強計画の立て方のポイント

勉強計画の立て方はどう行えばよいのでしょうか?勉強計画の立て方において一番大切なことは、まずは勉強計画を立て、それを実行した際にそのようなゴールが待っているかということを意識しないといけないということです。

勉強計画の立て方の間違った例として、勉強計画を立てる際、自分のゴールがどこにあるのかが分かっていないということがあります。これを自分の中で明確化しておかないと勉強計画自体がずれた方向になってしまったり、計画を遂行することがつらくなってしまい投げ出してしまう、といったことも少なくはありません。

そのため、正しい勉強計画の立て方を知る前にまずはこの勉強計画は何のために立てるのか。そして達成した際の未来ではどのような世界が広がっているのかをしっかりと頭の中で想像してください。

勉強計画の立て方が悪い人の特徴は?

勉強計画を最後までやり抜けることができる人とできない人のいちばんの差ともいえるポイントは計画をやり抜いた後の未来の自分の姿をしっかりと想像することができるかどうか、そしてその理想像を毎日意識して計画を実行できるかどうかにかかっています。大学受験というのは長期に及びます。

勉強計画の立て方がうまいことは長期になればなるほど大きな影響を及ぼします。ゴールまでの道のりをしっかりと逆算できている人とそうではない人ではメンタル的にも大きな影響を与えることになります。例えば、「これからランニングのトレーニングを30キロやる」と言われてからトレーニングを開始する場合と、「コーチがつぎに笛を吹くまでランニングしろ」と言われる場合では、同じランニングのトレーニングを30キロ行う中でもメンタルなどの様々な部分で違いが生まれます。

勉強計画の立て方をしっかり学び、実行し、自分のゴールが明確化できていればゴールまでの距離をしっかりと測ることができるため進むべき方向に迷いがなく、挫折にも強いです。

逆にゴールまでの道のりを明確化できていない人は目の前に暗闇がひろがっているように感じられるため勉強のスタートが切りづらかったり、今行っていることが自分にとって正しいかの確信が持てないためダラダラとした勉強生活を続けてしまいます。

勉強計画を立てるときには現在の学力とゴールまでの逆算でたてる。

勉強計画の立て方で意識することは、受験勉強のゴールをイメージできたら、次はスタート地点、つまり自分の現在位置を把握することです。それは、現在の学力、受験本番までの日数などのことです。通っている高校が進学校であるなら、実力テストなどでの学校内の順位で自分の学力を測ってもよいのですが、やはり一番いいのは模試を受けることです。同じ大学を志望する受験生の中で、自分がどのくらいの位置にいるのかが一発でわかるため勉強計画の立て方がスムーズでにできます。
勉強計画を立てるときには、自分がいまどのような立ち位置にいるのか、得意な科目はなにか?苦手な科目は?苦手な分野は?これらを把握するとともに、受験日までの日数を計算し、どこにどれくらい時間をかけるべきなのかを決めましょう。

おすすめの勉強計画の立て方ポイント【大学受験者向け】

勉強計画立て方①勉強計画は勉強時間×勉強量で立てる

勉強計画の立て方のポイントを紹介していきます。受験勉強は、勉強をする時間が多ければ多ければいいというものではなくどれだけ理解できているかが重要となってきます。そのため、勉強時間だけに着目して勉強計画を立てるのはナンセンスといえるでしょう。

そのため、勉強計画の立て方では先に勉強量の計画を立てます。数学のワークの〇ページから章の終わりまで、英単語帳20ページ分といったように。

しかし、勉強量だけで計画を立ててしまうと一つの勉強に対してずるずる時間をかけてしまって他の勉強に手が回らないといった現象が多々起こる場合があります。そこで必要なのが、勉強時間です。

勉強計画の時間での立て方の際のポイントは、「数学をいまから5時間やろう」といったあいまいな立て方ではなく、「数学のワーク5ページを1時間でやる」という形の締め切りとしての時間設定をおすすめします。これは締め切り効果という心理学の理論を応用しています。

人はやることの締め切り日時がはっきりとしていて、そこを逃すとマズイことが本能でも理性でも分かっていると、死守しようと頑張ります。 つまり締め切りが明確になっていることで、するべきタスクに集中できる(集中しなければならない)状態になれる。 

勉強計画立て方②復習時間や復習日をしっかり確保する

勉強計画を立てるだけで満足してはいけません。勉強を進める上で、復習は何よりも大事です。一回の勉強で知識が定着するということはまずありません。長期記憶を形成するためにも、定期的な復習は欠かせません。その為に、一週間のうちに一日は復習日、また一日のうちに数時間は復習時間というものを設定しておきましょう。

勉強計画通りにやらなくてはという意識が先行しすぎて復習を忘れてどんどん先に進んでしまい、結局以前覚えたことはすっぽり記憶から抜け落ちてしまっている、なんて事態を防ぐように、定期的な「復習タイム」を計画に予め組み込んでおきましょう。

勉強計画立て方③休憩時間は必ず入れる

勉強計画の立て方で注意すべきポイントに休憩時間があります。数時間に一度休憩時間を設けましょう。休憩時間を設ける意図は2つあります。

①リラックスし、集中のスイッチを再び入れなおす

ずっと、勉強だけをし続けるというのは少し非効率です。人間の集中は短く長くは続きません。そのため、一度席から離れ飲み物を飲んだり、ストレッチなどをして一度集中のスイッチを切り替える時間を作るのはとても有効です。

②終わっていない部分の埋め合わせをこの時間に行う

勉強計画を時間と量で立てている場合、時間内にあと1ページ終わらなかった、少しやり残しが残っている、といったことが出てきます。その時にはこの休憩時間を埋め合わせの時間だととらえて、一気に終わっていない部分を行いましょう。時間内に終わらなかったら、休憩時間がなくなってしまうと考えたら、自分で立てた計画の時間内にどうしても終わらせようと意識が働いて集中力もアップします。

勉強計画立て方④勉強計画はノートに立てる

勉強計画をノートに立てることによって、毎日の積み重ねがしっかりと目に見えて確認することができます。

スマホのスケジュール管理を使うのもありですが、ついでにSNSやゲームアプリを開いてしまうという人もいると思うので、ノートなどの紙類に書くことをおすすめします。

勉強計画の立て方をサポートしてくれる勉強計画アプリ

勉強計画の立て方を学び、上のやり方をしてもやっぱり自分で管理するのが難しい、何を基準に勉強計画を立てたらいいのかわからない、なんて人もいると思います。

そんなあなたにオススメなのが、受験勉強をサポートしてくれる勉強計画アプリです。上記で立てた勉強計画を、必要な事項さえ埋めれば勝手に立ててくれるものや、自分の記録を他の受験生と比較したりできる勉強計画アプリもあります。

ぜひ、自分にあった勉強計画アプリを探してみてください。
以下に何個かオススメの勉強計画アプリとその特徴を挙げておくので、ぜひ使ってみてくださいね。

勉強計画の立て方アプリ①study plus

勉強計画の立て方の手助けアプリの1つ目がStudy Plusになります。Study Plusの特徴的な機能は以下になります。

教科、参考書ごとに勉強時間を記録できる

勉強計画の立て方が上手くできないという人も勉強時間の記録機能はバーコードを読み込むことで、その参考書の表紙を表示させることができます。また、表紙が見つからない参考書や独自の教材についても自分の好むの画像を表紙として設定可能です。


ライバルの勉強記録がわかる

友達機能があり、ライバルのの勉強記録を見ることできます。自分のモチベーションにつながり、同じ大学・学部を志望している人を検索することも可能で、「友達」になると、勉強記録がタイムラインに表示されるようになります。

勉強計画の立て方アプリ②コソ勉

勉強計画の立て方を簡単にするもうひとつのアプリがコソ勉です。15分単位で勉強した時間を塗っていく「ぬり絵勉強法」を基に作られた勉強計画アプリです。勉強科目に合わせて最大9色のペンを設定して、勉強した分だけ学習した科目の色をぬっていく仕組みです。また、総勉強時間や科目ごとの勉強時間も記録できます。SNS連携がないので、その名の通りこっそり勉強したい人におすすめの勉強計画アプリです。

定期テストの勉強計画の立て方

勉強計画の立て方、定期テスト編です。テスト対策に必要なのは、何よりもテスト勉強の時間を確保すること。
勉強計画を立てるのに一番いいのは、2週間前から始めるのが効果的です。テスト対策としてやるべきことを考えると少なくとも2週間は必要です。実際に中間テスト、期末テストで確実に高得点をとる成績のいい人の多くは、テスト勉強に2週間かけています。実際の立て方は上記に述べたように勉強量×勉強時間で立てていきましょう。

しかし、部活動が、活動停止になるのは1週間前や、なかには3日だけという部活もあります。そういう人はテスト勉強と部活動の期間が重なってしまうことになりますが、それを不利だと考えるのも、困難だからこそ絶対やってやるぞ、と考えるのでは結果も変わってきます。

受験勉強の勉強計画を立ててくれる塾

勉強計画の立て方を中々自分でできないから、勉強計画アプリを使って見たけど、それでも思うように勉強計画が進まない、、、という人も当然いるでしょう。
やはり、やったことのないことを一人で1から始めるというのは難しいものです。

勉強計画さえ立ててもらえることができれば、授業をみんなと同じペースで受けるという無駄を削り、参考書で溢れかえっている現在であれば、十分に参考書だけで合格を掴むことができます。

スタディチェーンでは、早稲田志望であれば、早稲田に合格した経験のある現役早稲田生が、慶應志望であれば、慶應に合格した経験のある現役慶應生が、マンツーマンでオーダーメイドの勉強計画作成、勉強進捗確認、受験勉強の悩み相談、アドバイスを行ってくれるため、ゴールまでの道筋をしっかりと把握しながら受験勉強を行うことができます。

ぜひ、スタディチェーンの無料体験に参加してみてください!

▼無料体験へのお申し込みはこちらから

高1、高2の受験勉強の始め方、開始時期

「受験勉強っていつから始めたらいいの?」

「実際、今から受験勉強したとしても、第1志望に合格できるのか不安……」

「受験勉強を始めようとは思うけどどこから手を付ければいいかがわからない…..」

「高1、高2で受験勉強をするにはどうすればいいの?」

こういった悩みを抱えている高1・高2生、多いのではないでしょうか?   

下記の記事では高1、高2の大学受験の必勝合格戦略ということで

  • 受験勉強はいつから始めればいいのか
  • 高1・高2からの受験勉強として具体的にやるべきこと
  • 高1・高2からの受験勉強を進めていく上で大切なこと

といった内容を徹底解説しています。これを読めば受験勉強の始め方がわかり、何から始めればいいのかわからないという疑問も解消することができます。

高1、高2のための大学受験の必勝合格戦略│志望校合格を目指す君へ

高校3年生の勉強の計画の立て方、受験生として大切なことは?

「逆転合格するにはどうしたらいいの?」

「勉強計画の詳しい立て方がわからない」

「高校3年生の勉強法がよくわからない」

「部活を続けながらでも合格できる?」

 こういった悩みを抱えている受験生は、少なくはありません。   そこで高3向けの大学受験の必勝戦略ということで、 

  • 受験勉強の正しいスタートダッシュ
  • 逆転合格を狙う上で具体的にやるべきこと
  • 高3生の受験勉強を進めていく上で大切なこと

などから、勉強計画をたてるうえでやってはいけないNG行為、受験勉強をしているのに中々点数が上がらない人がやってしまいがちな勉強法といったところまで踏み込んで解説しています。一読の価値はあると思うのでぜひ読んであなたの受験勉強に役立ててください。

高3生向け逆転合格の必勝戦略|すべての大学受験生に向けて

現役難関大学生講師から合格まで最短の勉強計画の作成と学習サポートが受けられるオンライン塾

オンライン学習コーチングサービス「スタディチェーン」では週一回のオンラインでのマンツーマン指導で、学力レベル、学習状況、志望校を基に東京大学、早稲田大学、慶応義塾大学の現役大学生講師に勉強計画を作成してもらえます。

もちろん勉強計画だけではなく勉強の分からない部分の質問対応なども行うこともできます。

週一回の1対1のオンラインでの難関大学生講師によるマンツーマン指導

オンラインでのマンツーマン指導

365日の学習管理サポート

週一回のオンラインマンツーマン指導で立てた勉強計画を悩まず、無理せず、自分のできる範囲でしっかりと進めることができるように、365日いつでも質問したり、相談したりすることができます。

毎日、スタチェログと呼ばれる同じ志望校同士の生徒とその志望校の現役大学生が集まったグループに一日の勉強記録を投稿するとそのグループの中にいる志望校の現役大学生がアドバイスであったり、相談に必ず乗ってくれます。

スタディチェーンの365日の学習管理サポート

オンラインでもオフラインのような環境を完備

オンラインの塾では、自習室もないし、友達もいないし、なかなか自分一人で始めるのは不安といった声をよく聞きます。

しかし、安心してください!

オンラインの塾であっても、スタディチェーンではオンライン自習室をやっているだけでなく、過去問添削サービス、お悩み相談室、さらに志望校に合格した生徒同士の勉強時間のランキングや模試の成績ランキングを匿名で行っています。※スタディチェーンに通う生徒同士のみ

こういった機能がスタディチェーンにはあるからこそ、従来のオンライン塾にはなかったような魅力が詰まっているオンライン塾だと考えています。

コース一覧

スタディチェーン全コース

オンラインだからこそ日本全国のライバルと繋がれる

オンライン塾でも同じ志望校同士の日本全国のライバルとも匿名で勉強記録を毎日毎日投稿して、お互いに刺激し合うだけでなく、志望校に合格した先輩からもアドバイスがもらえる。さらに、同じ志望校同士の勉強時間ランキングや模試の成績ランキングも毎週末に送信されるためにオンラインであっても日本全国の受験生とライバル心をもって受験勉強に望むことができます。

▼無料体験へのお申し込みはこちらから

スタディチェーンが無料体験実施中!東大・早稲田を主とした大学に通う現役大学生に、オンラインで受験勉強をマンツーマン指導してもらえる"スタディチェーン”が初めての方限定で『2週間無料体験』と『お得な入会キャンペーン』を実施中です!
-

関連記事

  1. 【数学】受験生におすすめの数学の参考書まとめ大学受験編

  2. 高3生向け逆転合格の必勝戦略|すべての大学受験生に向けて

  3. 【生物】大学受験の生物対策におすすめのアプリはある??

  4. 現役早稲田生が語る早稲田商学部に合格するための勉強法(国語編)

  5. 大学受験で意識すべき各科目の勉強法って?

  6. 【オンライン塾】緊急事態宣言で、高校生はどう過ごすべき?