現役大学生・社会人が選んだ”国際色豊かな”大学ランキング

スタディチェーンが無料体験実施中!東大・早稲田を主とした大学に通う現役大学生に、オンラインで受験勉強をマンツーマン指導してもらえる"スタディチェーン”が初めての方限定で『2週間無料体験』と『お得な入会キャンペーン』を実施中です!
-

スタディチェーンでは、全国の高校生・受験生の受験校選びの手助けとして、現役大学生・社会人にさまざまな観点からアンケートを取り、提供することといたしました。今回の記事では現役大学生・社会人が選ぶ『国際色豊かな』大学ランキングについて紹介していきます。

“国際色豊かな”大学ランキング

現役大学生・社会人に対して「国際色豊かな大学ランキング」について調査しました。大学受験を考えている高校生・受験生必見のランキングとなっています。
まずは以下の表を参照してみてください。

  • 調査方法:インターネット調査
  • 対象:全国の大学生・社会人
  • 人数:215名
  • 期間:6/5~6/12

全国の現役大学生・社会人215人にアンケートを取った結果、このようなランキング結果となりました。1位は国際教養大学(公立)、2位は上智大学(私立)、3位は国際基督教大学(私立)となり、この3校で6割弱を占めました。また、トップ10には入らなかったものの票を集めた大学として青山学院大学や大阪大学が挙げられます。

次に投票率が20%を超えたランキング1位と2位の国際教養大学、上智大学についてそれぞれ詳しく解説していきます。

第1位 国際教養大学

秋田県にある公立大学である国際教養大学。2004年に設立されたばかりの歴史の浅い大学で、知名度やイメージだけで考えれば2位の上智大学やランキングトップ10に入っている他大学が第1位に選ばれても不思議ではありません。なのになぜそういった大学を押しのけて第1位になったのでしょうか。そこには高校生も納得の理由がありました。

授業がすべて英語

1クラスあたりの受講者数が平均17名程度の少人数のクラスを基本とし、優れたコミュニケーション能力と幅広い知識の修得のため、授業はすべて英語で行なわれています。新入生はまずTOEFLテストスコアによるクラス分けテストを行い、英語集中プログラムで徹底した英語教育により、4年間の学びに必要なツールとしての英語を習得します。

また、大学別TOEIC平均スコアランキングでも1位にランクイン(平均920点)するなど圧巻の英語教育が展開されています。

1年間の海外留学が必修

国際教養大学は、大学在学中に1年間の交換留学が義務付けられています。語学習得が目的ではなく、留学先の大学で専門課程を学び、単位を修得することを目的としています。つまり、その土地の言語が話せることが大前提ということになります。そのほかの特徴は以下の通りです。

  • 特徴① 提携大学数は世界50ヶ国、200大学を超える
  • 特徴② 留学中の学費は国際教養大学に学費を納めることで免除
  • 特徴③ 交換留学中の成績は、卒業単位に認定

文理の垣根を超えた『リベラルアーツ教育』を提供

現在、日本の大学教育は理系・文系に分類されています。つまり、理系なら理系、文系なら文系の学問を学ぶことしかできません。
しかし、国際教養大学が提供している「リベラルアーツ教育」では、細かな専門教育を決めず教養教育に重点を置き、文・理の区別なく学生が自ら学びたいと思うさまざまな学問領域を自由に積極的に選択することができます。

大学入試において高い偏差値を誇る

国際教養大学は大学入試において、非常に高い難易度を誇ります。偏差値は70を超え、名古屋大学や私立医学部と同程度の偏差値となります。

合格倍率は6倍を超え、共通テスト(旧センター試験)での得点率は85%~90%を必要とします。上記の通り文系・理系の垣根を超えたリベラルアーツを提供していますが、二次試験で課される科目は国語・英語となっており、やや文系有利と考えられます。

新入生は寮生活が義務付けられている

新入生は、1年間を大学の敷地内にある「こまち寮」で生活します。日本全国のすべての都道府県から集まる学生だけでなく、海外からの留学生たちも生活しているので、海外の文化や価値観に触れ合うことができます。

また、寮生活の内容は、①寮内は門限がある。②禁酒、禁煙。③男女共同の寮のため、夜間の男女間の部屋の行き来は禁止。④部屋は二人部屋で7.5帖を二人で使用。と少々厳しい生活が待っています。ですが、昼間は海外からの留学生や友達と時間を共有できるので厳しいだけではないようです。

第2位 上智大学

上智大学は”早慶上智”と呼称される通り、私立大学の名門中の名門です。早稲田大学。慶應義塾大学に次いで3番手と言われています。そんな上智大学がなぜ第2位にランクインしたのか。国際色豊かと思われる理由を深堀っていきたいと思います。

留学制度が整っている

上智大学では、他大学に比べて留学制度が整っており、どの学部でも交換留学を申し込むことができます(学内での成績で行ける大学が決まる)。交換留学では、留学先の大学へは上智大学の学費で行くことができます。

仮に留学先の学費を支払うとなると数百万円かかるので非常にお得です。選べる留学先も豊富なのも2位にランクインした要因の一つと考えられます。

留学生の数が多い

上智大学に通う留学生は多くいます。どの学部にも多くの外国人留学生が在籍しており、留学しなくても様々な国の学生たちと触れ合うことができます。

特に国際教養学部には多くの留学生が在籍しており、学生同士の会話は基本的に英語です。なので、国際教養学部に通う日本人の英語力は必然的に上がります。

また、キャンパス内では様々な言語が飛び交っているので、まるで外国にいるかのよウに感じることができます。

実際に英語を喋れる学生は少ない

「上智大学に入学したら英語がペラペラにになる」そういう風に思っていませんか?これが世間のイメージだと思います。ですが、実際はそんなことありません。

国際教養学部や外国語学部英語学科といった英語を専門として扱う学部学科の学生は除いて、そのほかの学部学科で英語がペラペラな学生は少ないです。

学部によっては、英語での必修科目が1年生のときしか存在しません。つまり2年生以降は必修で英語を学ぶ・英語で学べる授業がゼロなんです。例えば、経済学部は1年生のときこそ英語を用いた必修授業が複数存在しますが、2年生以降は全くありません。

「なんだ、上智に入っても英語力上がらないんだ」と思ってる中高生・受験生の皆さん、そこは安心してください。

豊富な数の英語授業が存在

先ほど例を挙げた経済学部で説明すると、経済学部には豊富な数の英語授業が存在します。外国人の教授と英語ディスカッションを行ったり、『経済英語』『Japanese economy』といった経済の授業を英語で学んだりできるカリキュラムが豊富に存在します。

こういった授業はすべて選択科目と呼ばれるもので、学生が学びたいと思えば履修することができます。つまり、英語への意欲がある学生に対して、十分な環境が整えられています。

今は経済学部を例に出しましたが、これはどの学部にも共通して言えます。上智大学のスタンスとして「英語を学ぶことは強制はしないけど、意欲のある学生にはそれ相応の環境を提供してる」と言えるでしょう。

 

第2位にランクインした『上智大学絶対合格プログラム』についてはこちら

2021年度上智大学入試への合格保証プログラムの選抜募集を開始


現役難関大学生講師から合格まで最短の勉強計画の作成と学習サポートが受けられるオンライン塾

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: TN8v3Ts1BlMQ08fy0a4GvOKDEmL_jXP-8JO2qW6-rzrY8AILlu0V5jYgh1yGgIBGxpfsi81A8LUjnEKb_psuDE0ghvtepb7D4-uFd6YQnptsB38nXz5kHEkivW_vj96LQAgeRXGa

オンライン学習コーチングサービス「スタディチェーン」では週一回のオンラインでのマンツーマン指導で、学力レベル、学習状況、志望校を基に東京大学、早稲田大学、慶応義塾大学の現役大学生講師に勉強計画を作成してもらえます。

もちろん勉強計画だけではなく勉強の分からない部分の質問対応なども行うこともできます。

週一回の1対1のオンラインでの難関大学生講師によるマンツーマン指導

オンラインでのマンツーマン指導

365日の学習管理サポート

週一回のオンラインマンツーマン指導で立てた勉強計画を悩まず、無理せず、自分のできる範囲でしっかりと進めることができるように、365日いつでも質問したり、相談したりすることができます。

毎日、スタチェログと呼ばれる同じ志望校同士の生徒とその志望校の現役大学生が集まったグループに一日の勉強記録を投稿するとそのグループの中にいる志望校の現役大学生がアドバイスであったり、相談に必ず乗ってくれます。

スタディチェーンの365日の学習管理サポート

オンラインでもオフラインのような環境を完備

オンラインの塾では、自習室もないし、友達もいないし、なかなか自分一人で始めるのは不安といった声をよく聞きます。

しかし、安心してください!

オンラインの塾であっても、スタディチェーンではオンライン自習室をやっているだけでなく、過去問添削サービス、お悩み相談室、さらに志望校に合格した生徒同士の勉強時間のランキングや模試の成績ランキングを匿名で行っています。※スタディチェーンに通う生徒同士のみ

こういった機能がスタディチェーンにはあるからこそ、従来のオンライン塾にはなかったような魅力が詰まっているオンライン塾だと考えています。

コース一覧

スタディチェーン全コース

オンラインだからこそ日本全国のライバルと繋がれる

オンライン塾でも同じ志望校同士の日本全国のライバルとも匿名で勉強記録を毎日毎日投稿して、お互いに刺激し合うだけでなく、志望校に合格した先輩からもアドバイスがもらえる。さらに、同じ志望校同士の勉強時間ランキングや模試の成績ランキングも毎週末に送信されるためにオンラインであっても日本全国の受験生とライバル心をもって受験勉強に望むことができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回の記事ではコロナウイルスの感染拡大による休校中での受験勉強(自習学習)の大切さや勉強計画を立てることの大切さについて詳しく話してきました。

是非今後の受験勉強に活かしながら頑張ってみてください!スタディチェーンではコロナウイルスの感染拡大による休校中の受験生もしくは勉強がはかどっていない全国の受験生を対象に14日間の無料体験を実施しております。

▼無料体験へのお申し込みはこちらから

コロナによる緊急事態宣言中の大学受験オンライン授業、オンライン塾

最後までご覧頂き誠にありがとうございました。コロナウイルスの感染拡大により日本全国の高校生が大学受験に向けて苦戦を強いられている状況です。そんな時に受験勉強をどれだけ効果的に効率的に進めることができるかどうかは、どれだけ自学自習の内容を改善することができるかです。

そのための一つの選択肢として、オンライン塾やオンライン授業を是非活用してみてください。スタディチェーンでは現在、2週間の無料体験授業を実施中です。

コロナウイルスの感染拡大での緊急事態宣言による自宅でなかなか大学受験勉強が進まない方、何から進めれば良いのか分からない方、一度体験授業を受けてみてはいかがでしょうか?

高1、高2の受験勉強の始め方、開始時期

「受験勉強っていつから始めたらいいの?」

「実際、今から受験勉強したとしても、第1志望に合格できるのか不安……」

「受験勉強を始めようとは思うけどどこから手を付ければいいかがわからない…..」

「高1、高2で受験勉強をするにはどうすればいいの?」

こういった悩みを抱えている高1・高2生、多いのではないでしょうか?   

下記の記事では高1、高2の大学受験の必勝合格戦略ということで

  • 受験勉強はいつから始めればいいのか
  • 高1・高2からの受験勉強として具体的にやるべきこと
  • 高1・高2からの受験勉強を進めていく上で大切なこと

といった内容を徹底解説しています。これを読めば受験勉強の始め方がわかり、何から始めればいいのかわからないという疑問も解消することができます。

高校3年生の勉強の計画の立て方、受験生として大切なことは?

「逆転合格するにはどうしたらいいの?」

「勉強計画の詳しい立て方がわからない」

「高校3年生の勉強法がよくわからない」

「部活を続けながらでも合格できる?」

 こういった悩みを抱えている受験生は、少なくはありません。   そこで高3向けの大学受験の必勝戦略ということで、 

  • 受験勉強の正しいスタートダッシュ
  • 逆転合格を狙う上で具体的にやるべきこと
  • 高3生の受験勉強を進めていく上で大切なこと

などから、勉強計画をたてるうえでやってはいけないNG行為、受験勉強をしているのに中々点数が上がらない人がやってしまいがちな勉強法といったところまで踏み込んで解説しています。一読の価値はあると思うのでぜひ読んであなたの受験勉強に役立ててください。

スタディチェーンが無料体験実施中!東大・早稲田を主とした大学に通う現役大学生に、オンラインで受験勉強をマンツーマン指導してもらえる"スタディチェーン”が初めての方限定で『2週間無料体験』と『お得な入会キャンペーン』を実施中です!
-

関連記事

  1. 【オンライン塾】コロナで休校中におすすめのオンライン塾

  2. 早慶上智生が語るコロナで休校中の受験生のおすすめ過ごし方

  3. 休校中の自習におすすめのオンライン塾、予備校、家庭教師

  4. 【大学受験】生物の対策には独学でも十分?塾に通うべき?

  5. 落ちこぼれが『早慶上智』に『現役』合格したワケ(後編)