【早稲田英語】いまから本気で合格を目指す人の参考書リスト

スタディチェーンが無料体験実施中!東大・早稲田を主とした大学に通う現役大学生に、オンラインで受験勉強をマンツーマン指導してもらえる"スタディチェーン”が初めての方限定で『2週間無料体験』と『お得な入会キャンペーン』を実施中です!
-

「早稲田に合格したい!」

「そもそも早稲田に合格するには何から始めれば良いのかな、、、?」

「早稲田に合格するために必要な参考書を知りたい」

こういった悩みをもつ受験生は多いのではないかと思います。

そこで今回は、早稲田大学を突破するための参考書の選び方と、おすすめの参考書について紹介していきたいと思います。

最後まで読んで今後の受験生活の参考にしてみてください。

早稲田大学の特徴

早稲田大学は私立最難関と称される「早慶上智」の「早」の部分に位置します。東京都に11キャンパスを擁し、13学部で約5万人の学生が学ぶ大学となります。
偏差値としては65〜70前後で、就職率は約95%となっています。

【早稲田受験】勉強計画の立て方ポイント

勉強計画は勉強時間×勉強量で立てる

受験勉強は、勉強をする時間が多ければ多ければいいというものではなくどれだけ理解できているかが重要となってきます。そのため、勉強時間だけに着目して計画を立てるのはナンセンスといえるでしょう。

そのため、先に勉強量の計画を立てます。数学のワークの〇ページから章の終わりまで、英単語帳20ページ分といったように。

しかし、勉強量だけで計画を立ててしまうと一つの勉強に対してずるずる時間をかけてしまって他の勉強に手が回らないといった現象が多々起こる場合があります。そこで必要なのが、勉強時間です。

勉強時間で計画を立てる際のポイントは、「数学をいまから5時間やろう」といったあいまいな立て方ではなく、「数学のワーク5ページを1時間でやる」という形の締め切りとしての時間設定をおすすめします。これは締め切り効果という心理学の理論を応用しています。

人はやることの締め切り日時がはっきりとしていて、そこを逃すとマズイことが本能でも理性でも分かっていると、死守しようと頑張ります。 つまり締め切りが明確になっていることで、するべきタスクに集中できる(集中しなければならない)状態になれる。 

復習時間や復習日をしっかり確保する

勉強を進める上で、復習は何よりも大事です。一回の勉強で知識が定着するということはまずありません。長期記憶を形成するためにも、定期的な復習は欠かせません。その為に、一週間のうちに一日は復習日、また一日のうちに数時間は復習時間というものを設定しておきましょう。復習を忘れてどんどん先に進んでしまい、結局以前覚えたことはすっぽり記憶から抜け落ちてしまっている、なんて事態を防ぐように、定期的な「復習タイム」を計画に予め組み込んでおきましょう。

休憩時間は必ず入れる

数時間に一度休憩時間を設けましょう。休憩時間を設ける意図は2つあります。

①リラックスし、集中のスイッチを再び入れなおす

ずっと、勉強だけをし続けるというのは少し非効率です。人間の集中は短く長くは続きません。そのため、一度席から離れ飲み物を飲んだり、ストレッチなどをして一度集中のスイッチを切り替える時間を作るのはとても有効です。

②終わっていない部分の埋め合わせをこの時間に行う

勉強計画を時間と量で立てる場合、時間内にあと1ページ終わらなかった、少しやり残しが残っている、といったことが出てくるはずです。その時にはこの休憩時間を埋め合わせの時間だととらえて、一気に終わっていない部分を行いましょう。時間内に終わらない場合、休憩時間がなくなってしまうと考えたら、自分で立てた計画の時間内にどうしても終わらせようと意識が働いて集中力もアップします。

早稲田に合格するためのおすすめ参考書【英語】

早稲田英語のおすすめ参考書【英単語帳】

英単語は解説するまでもなく、英語の基礎の基礎です。英単語力がなければ文法にしても長文にしても何も理解できません。自分に合った英単語帳を使って語力を培いましょう。

①速読英単語

英単語を文章の中で覚えたい。長文読解の練習も同時に行いたい。
そんな方に是非おすすめの単語帳は、長文問題集としての役割も兼ねそなえた単語帳『速読英単語』です。

速単の特徴は、70個の長文に重要単語が2,000語散りばめられていることです。

それらの英文を繰り返し読むことで、単語を自然にインプットしていくことができます。「単語は英単語帳でコツコツ覚えるよりも、文章の中で覚えたい」という方におすすめの英単語帳となっています。

速読英単語 をAmazonでみる

②システム英単語

 中堅志望から難関志望まで幅広い人気を誇るのがシステム英単語。ベーシック版も販売されていることから、段階を踏んでステップアップすることも可能です。最大の特徴は「ミニマルフレーズ」。

ミニマルフレーズとは、掲載されている単語を用いて作られた短文のことですが、「文」というほどの長さではなく、一息で言えるような最小限の長さに作られていることから、スラスラと進めることができます。

単語で覚えるよりも頭に定着するでしょう。その他には、難易度ごとにSTEPで分けられている・最終章に多義語の特集があるなどといった特徴があります。

システム英単語をAmazonでみる

③リンガメタリカ

リンガメタリカは、早稲田を目指す受験生の2冊目の単語帳としてとてもおすすめの1冊です。

単語帳の2冊目に入るということはある程度英語の勉強が進んできて、早稲田レベルの長文などにも挑戦している、ということだと思います。

リンガメタリカは、他の参考書とは比べ物にならないほどに背景知識が詳しく解説されているため、早稲田レベルの難しい長文を解く際にとても役に立ちます。

話題別英単語リンガメタリカをAmazonで見る

 

早稲田英語のおすすめ参考書【文法編】

大学受験英語の基礎固めとして、何が一番必要なのかという声をよく聞きます。語彙力は大前提として、その次に必要となるのは、文法だといつも答えています。なぜなら、英文法がわからなければ、英語を読むのも書くのも聞くのもいまいち理解できないからです。

そのため大学受験英語を学習している方にとって、英文法の基礎固めは急務です。どの志望校、たとえ東京大学、京都大学、医学部であっても英文法から受験英語の勉強を始めることが必要です。

英文法を学ぶのにピッタリな大学受験向けの英文法問題集・参考書をレベル別に分けて紹介していきます。

基礎固めに最適な英語文法の参考書・問題集

こんな方におすすめ

  • 自分に合った英文法の参考書・問題集を知りたい
  • 英文法の参考書・問題集について詳しく知りたい
  • 大学受験英語で英文法は偏差値70レベルに到達したい
  • どんな参考書をやればいいのかわからない

総合英語 Evergreen 

英文法をわかりやすく丁寧に説明しており、初級者にもわかりやすく書かれているインプットに最適な参考書と言えます。

まだ英文法を勉強し始めの受験生向けです。中学レベルからもう一度完璧に復習したい方や共通試験でしっかりと点数が取れるようになりたい方へおすすめの参考書です。文法を基礎からやり直したい人はこの参考書を片手に勉強をスタートさせるといいでしょう。

『Evergreen 』の勉強法

エバーグリーンはあくまで基礎固めの参考書です。だからこそスピード感をもって、1問1問コツコツ理解していくことが大切です。少なくとも5周は繰り返して行う必要があります。

エバーグリーンが全部理解できるようになったら、是非次の参考書へと進んでみてください。

総合英語 EvergreenをAmazonでみる

②『大岩のいちばんはじめの英文法【超基礎文法編】』東進ブックス

今井の英文法教室は英文法を誰でも理解できることを目標とした参考書です。

今井の英文法教室には、中学レベルの英文法から大学受験で必要な英文法まで簡潔に書かれています。かなり基礎的なレベルからスタートするので英語が苦手な場合にはこの参考書からスタートさせましょう。

③『大岩のいちばんはじめの英文法【超基礎文法編】』の勉強法

「解説をよく読む→演習問題を解く→解説をよく読む」を繰り返してみてください。何度も何度もこのサイクルを繰り返して行うことで確実に力がつきます。

次の章に進むたびに前の章の演習問題を解きなおす。このサイクルを続けることでかなり基礎的な文法は定着します。

大岩のいちばんはじめの英文法【超基礎文法編】をAmazonでみる

大学受験の総仕上げとしての参考書

①『今井の英文法教室(上・下)』東進ブックス

文法説明の後に演習がついているForestなどと違い、最初に演習があり、後に問題がついています。

また、他の問題集のように「左ページに問題、右ページに解説」といった構造ではなく、問題の解説がページにわたり詳しく解説されています。そのため、文法を深くまでしっかりと理解したい!という方には是非おすすめの参考書となっています。

先ほどの参考書で紹介したサイクルを何度も何度も繰り返すことが基本になりますが、今井の英文法教室はとにかく解説量が多いため、間違えた問題については解説の中の知らなかった、間違えて覚えていたポイントに線を引いてできる限りスピード感をもって早く覚えることを意識するといいです。

今井の英文法教室をAmazonでみる

②Vintage

CDもついていて、解説も読みごたえがあり充実しているので、基礎から応用まで対応できる英文法力をつけることができます。進学校では、VINTAGEが必須の文法書として配られる学校も数多くあり、長年受験業界にて愛され続けた大学受験の参考書となっています。

VINTAGEは、問題数も多く、演習量も確保できます。

各問題の解説にそれぞれポイントが1行で書いてあるので、復習がしやすいです。この参考書から合格した実績がたくさん出ているので、どの大学を志望する方にもおすすめできる参考書となっています。

英文法・語法 Vintage をAmazonでみる

早稲田のおすすめ参考書【英文解釈】

英文解釈にもレベルが存在します。「英文読解入門 基本はここだ!」もしくは「入門英文解釈の技術70」は必ずやりましょう。早稲田大学を狙うのであれば、受験前の11月~12月あたりにポレポレを取り組むことができる実力にしておきましょう。

英文読解入門基本はここだ!

「英文読解入門基本はここだ」の特徴としては中学レベルの英文~大学受験標準レベルの英文まで掲載されています。そのため、英文解釈のイロハから学びたい受験生には最適の参考書と言えます。英文解釈をしなくても訳せる文だからこそ「なぜその和訳になるのか」を意識して取り組みましょう。

英文読解入門基本はここだ!をAmazonで見る

 

入門英文解釈の技術70

「入門英文解釈の技術70」の特徴としては高校基礎~大学受験標準レベルの英文までが掲載されています。

基本はここだ!との違いは、英文解釈の技術70の方がより多くの部分を網羅しているという点です。ただ、わかりやすさは基本はここだ!のほうが優れています。英文解釈について知識がまだないという人は「英文読解入門基本はここだ!」を、英文解釈の知識が少しあってなおかつ入門参考書を使いたいという人には「入門英文解釈の技術70」をおすすめします。

ポレポレ英文読解プロセス50

ポレポレ英文読解プロセスは、難関大学を目指す受験生におすすめの参考書として紹介しています。

英文読解をパターン別に詳しく紹介しており、模試などでミスが目立つ受験生や難しい文章を訳すとなると手も足もでなくなってしまう受験生のかたには是非おすすめの参考書となっています。

比較的簡単そうな問題に見えても、訳そうとするとなかなか訳せない文章などがたくさん収録されています。

早慶レベルから東大を目指す方におすすめの参考書です。

ポレポレ英文読解プロセス50をAmazonで見る

早稲田のおすすめ参考書・問題集【英語長文】

英語長文の問題集は様々な種類があり、その時々のレベルや時期に合わせて複数の問題集を使い分けることが必要になってきます。今回はそのなかでも特におすすめの早稲田に合格するうえで突破すべきレベルの問題集を紹介します。

やっておきたい英語長文

英語長文のおすすめ問題集『やっておきたい英語長文300』

受験生におすすめの参考書として、『やっておきたい英語長文』です。レベル別に4冊出版されています。なので、このシリーズが気に入れば4冊すべて使って英語力を段階的に培っていくのもありですね。

レベルと収録されている問題数は以下の折となっています。


やっておきたい英語長文300・・・30題 センターレベル

やっておきたい英語長文500・・・15題 中堅私立レベル

やっておきたい英語長文700・・・15題 MARCHレベル

やっておきたい英語長文1000・・・15題 早慶レベル


やっておきたい英語長文シリーズは、1冊1冊のボリュームがかなりあるので一通り文法などの基本事項を終わらせて問題演習にかかりたい人には最適な問題集となっています。

毎回毎回、音読を繰り返し行うことで英語力が信じられないくらい向上することになります。

やっておきたい英語長文をAmazonでみる

英語長文PREMIUM問題集

英語長文PREMIUM問題集には、standard,advanced,topの3つのレベルがあります。CD付きで解説もしっかり丁寧なため音読や、パラグラフリーディングの練習、学んだ英文解釈を生かす練習にも使うことができて優秀な問題集といえるでしょう

英語長文PREMIUM問題集をAmazonで見る

 

 

過去問早稲田の英語

早稲田大学を志望するのであれば必須とも言われる「早稲田の英語」です。

使い方

①夏に一回解くことで自分のゴールまでの距離を可視化する。

②直前期に、実際に時間もしっかり図り本番と同じ条件で解く。そして復習&音読までしっかり行う。

英語長文同様、過去問を解いて慣れることが重要です。

早稲田大学を志望するうえで、やはり英語の長文で点数を落としている暇はありません。穴を埋めるためにも自分の志望する学部だけでなく、他学部や他大学の過去問も解いておきましょう。

早稲田英語は、何度も英作文の実践練習を積むことで、内容のスキルアップができるだけではなく、英作文にかける時間をどんどん短縮できます!

早稲田の英語をAmazonで見る

受験勉強の勉強計画を立ててくれる塾

自分でできないから、勉強計画アプリを使って見たけど、それでも思うように勉強計画が進まない、、、という人も当然いるでしょう。
やはり、やったことのないことを一人で1から始めるというのは難しいものです。

勉強計画さえ立ててもらえることができれば、授業をみんなと同じペースで受けるという無駄を削り、参考書で溢れかえっている現在であれば、十分に参考書だけで合格を掴むことができます。

スタディチェーンでは、早稲田志望であれば、早稲田に合格した経験のある現役早稲田生が、慶應志望であれば、慶應に合格した経験のある現役慶應生が、マンツーマンでオーダーメイドの勉強計画作成、勉強進捗確認、受験勉強の悩み相談、アドバイスを行ってくれるため、ゴールまでの道筋をしっかりと把握しながら受験勉強を行うことができます。

ぜひ、スタディチェーンの無料体験に参加してみてください!

▼無料体験へのお申し込みはこちらから

高1、高2の受験勉強の始め方、開始時期

「受験勉強っていつから始めたらいいの?」

「実際、今から受験勉強したとしても、第1志望に合格できるのか不安……」

「受験勉強を始めようとは思うけどどこから手を付ければいいかがわからない…..」

「高1、高2で受験勉強をするにはどうすればいいの?」

こういった悩みを抱えている高1・高2生、多いのではないでしょうか?   

下記の記事では高1、高2の大学受験の必勝合格戦略ということで

  • 受験勉強はいつから始めればいいのか
  • 高1・高2からの受験勉強として具体的にやるべきこと
  • 高1・高2からの受験勉強を進めていく上で大切なこと

といった内容を徹底解説しています。これを読めば受験勉強の始め方がわかり、何から始めればいいのかわからないという疑問も解消することができます。

高1、高2のための大学受験の必勝合格戦略│志望校合格を目指す君へ

高校3年生の勉強の計画の立て方、受験生として大切なことは?

「逆転合格するにはどうしたらいいの?」

「勉強計画の詳しい立て方がわからない」

「高校3年生の勉強法がよくわからない」

「部活を続けながらでも合格できる?」

 こういった悩みを抱えている受験生は、少なくはありません。   そこで高3向けの大学受験の必勝戦略ということで、 

  • 受験勉強の正しいスタートダッシュ
  • 逆転合格を狙う上で具体的にやるべきこと
  • 高3生の受験勉強を進めていく上で大切なこと

などから、勉強計画をたてるうえでやってはいけないNG行為、受験勉強をしているのに中々点数が上がらない人がやってしまいがちな勉強法といったところまで踏み込んで解説しています。一読の価値はあると思うのでぜひ読んであなたの受験勉強に役立ててください。

高3生向け逆転合格の必勝戦略|すべての大学受験生に向けて

現役難関大学生講師から合格まで最短の勉強計画の作成と学習サポートが受けられるオンライン塾

オンライン学習コーチングサービス「スタディチェーン」では週一回のオンラインでのマンツーマン指導で、学力レベル、学習状況、志望校を基に東京大学、早稲田大学、慶応義塾大学の現役大学生講師に勉強計画を作成してもらえます。

もちろん勉強計画だけではなく勉強の分からない部分の質問対応なども行うこともできます。

週一回の1対1のオンラインでの難関大学生講師によるマンツーマン指導

オンラインでのマンツーマン指導

365日の学習管理サポート

週一回のオンラインマンツーマン指導で立てた勉強計画を悩まず、無理せず、自分のできる範囲でしっかりと進めることができるように、365日いつでも質問したり、相談したりすることができます。

毎日、スタチェログと呼ばれる同じ志望校同士の生徒とその志望校の現役大学生が集まったグループに一日の勉強記録を投稿するとそのグループの中にいる志望校の現役大学生がアドバイスであったり、相談に必ず乗ってくれます。

スタディチェーンの365日の学習管理サポート

オンラインでもオフラインのような環境を完備

オンラインの塾では、自習室もないし、友達もいないし、なかなか自分一人で始めるのは不安といった声をよく聞きます。

しかし、安心してください!

オンラインの塾であっても、スタディチェーンではオンライン自習室をやっているだけでなく、過去問添削サービス、お悩み相談室、さらに志望校に合格した生徒同士の勉強時間のランキングや模試の成績ランキングを匿名で行っています。※スタディチェーンに通う生徒同士のみ

こういった機能がスタディチェーンにはあるからこそ、従来のオンライン塾にはなかったような魅力が詰まっているオンライン塾だと考えています。

コース一覧

スタディチェーン全コース

オンラインだからこそ日本全国のライバルと繋がれる

オンライン塾でも同じ志望校同士の日本全国のライバルとも匿名で勉強記録を毎日毎日投稿して、お互いに刺激し合うだけでなく、志望校に合格した先輩からもアドバイスがもらえる。さらに、同じ志望校同士の勉強時間ランキングや模試の成績ランキングも毎週末に送信されるためにオンラインであっても日本全国の受験生とライバル心をもって受験勉強に望むことができます。

▼無料体験へのお申し込みはこちらから

スタディチェーンが無料体験実施中!東大・早稲田を主とした大学に通う現役大学生に、オンラインで受験勉強をマンツーマン指導してもらえる"スタディチェーン”が初めての方限定で『2週間無料体験』と『お得な入会キャンペーン』を実施中です!
-

関連記事

  1. 【世界史】早稲田大学教育学部合格のための勉強法

  2. 【世界史】早稲田大学文化構想学部合格のための勉強法

  3. 【数学】早稲田大学基幹理工学部合格のための勉強法

  4. 【日本史】早稲田大学政治経済学部合格のための勉強法

  5. 共通テスト数学9割とる対策とおすすめ参考書・問題集

  6. 【オンライン塾】オンライン塾を使って成績を上げる方法は?