【大学受験】世界史論述の勉強法って?おすすめの参考書は?

スタディチェーンが無料体験実施中!東大・早稲田を主とした大学に通う現役大学生に、オンラインで受験勉強をマンツーマン指導してもらえる"スタディチェーン”が初めての方限定で『2週間無料体験』を実施中です!
-
詳しくはスタディチェーンの無料体験を受けたら「今日何の勉強をしようかな?と悩む時間が無くなった話
  

[大学受験]世界史論述の形式・特徴・対策

世界史論述で合格点を最速で取るために習得する必要があるのは「知識・過去問・記述力・読解力」の4つです。

また、論述問題といってもさまざまです。

論述の種類

まず、分量について30~100字程度で簡潔にまとめるものから、600字もの長い記述を求めるものまであります。

「小論述」・・・100字に満たない短めの論述

「中論述」・・・150字程度の分量の論述

「大論述」・・・300字を超える特に分量の多い論述

大きく分けると論述というのは3種類に分けることができます。

論述の形式

形式もさまざまで、指定語句が示されるものや、提示された史料や地図から読み取れることを参考に論述するよう求める問題もあります

各大学の世界史論述問題の特徴

世界史論述を出題する大学の多くは、例年似たような形式・分量を踏襲する傾向にあり、字数や形式が大幅に変わることはめったにありません

そのため、世界史の論述対策では過去問の分析が非常に大きな意味を持ちます。また、自分の志望校と似たような出題傾向を持つ大学の過去問に取り組むことも有効な勉強となるでしょう。

例えば、東大では600字論述という非常に長い論述問題があります。また、慶應経済の問題は、1500年以降が主な対象となります。首都大の問題は、50字や100字で教科書レベルの内容が問われるシンプルな論述です。

このように志望する大学によってどんな対策をすればいいか、どこを重点的に勉強すべきかが大きく変わってきます。そのため、世界史論述攻略の為に真っ先にすべきことは過去問研究ということになります。

世界史の論述対策[インプット]

世界史論述が解けるようになるためには、まずは一問一答レベルの基礎知識の定着や、センター試験・私立大学入試レベルの問題を解くための学力養成が必要です。

理想的には、高2の秋ごろからインプットを始めておくべきでしょう。基本的には授業進度に合わせてインプットを進めていってよいですが、通っている高校の授業進度があまりに遅く、センター直前になってようやく通史が終わる、というような場合は自学で勉強を進めていきましょう。

さらに、古代から現代までの全時代が論述の出題範囲となるものの、特に多く出題されるのは近現代をテーマとする問題です。このことからも、まだ通史の学習を終えていない段階で論述対策に力を注ぐことはあまり効果的ではないと言えるのです。

世界史の論述対策[アウトプット]

アウトプットの開始時期は、知識のインプットがどれだけ進んでいるかによって決まります。

一般的には、高校3年生の秋までに始めることを1つのタイムリミットとしましょう。高校3年生の夏までは基礎固めに専念するのがよいでしょう。
東京大学や一橋大学など、特にハイレベルな論述が出題される大学を受験する場合は、もっと早く、高校3年生の春には対策を始めて論述に慣れておくことをおすすめします。

ただし、国公立大学の受験生はセンター試験対策に力を注ぐことが優先事項です。論述の対策ばかりで他の科目や世界史の基礎がおろそかになり、第二次試験に進むことができない(足切りされてします)のは本末転倒になってしまうので気をつけましょう。

世界史論述の対策におすすめの参考書

みるみる論述力がつく世界史

基本編」「発展編」に分かれた構成です。
「基本編」では「よくある解答」に対する辛口採点と、具体的にどの部分を改善すべきかが詳細に解説されています。また、合格答案に必要な知識について教科書の該当ページを利用した空欄補充が掲載されています。
「発展編」では各問題について「論述解法の手順」を7つのステップを踏んで解説しています。

みるみる論述力がつく世界史をAmazonでみる

段階式 世界史論述のトレーニング

100字未満→100~180字論述→200~250字論述→300字以上の大論述とだんだん字数を増やしていくので、初心者でも無理なく取り組め、最終的には実戦的な論述力が身につけることができるオススメの一冊です。

また、採点ポイントが細かく記されているので自己採点もしやすい内容となっています!

段階式 世界史論述のトレーニングをAmazonでみる

判る!解ける!書ける!世界史論述

この参考書は4章構成になっており、第1章「入門編」では、論述学習の大前提となる基本が身につく。第2章「通史研究編」では、全時代・全地域の論述ポイントが把握できる。第3章「テーマ史研究編」では、一歩進んだ応用力が鍛えられる。第4章「練習問題」では、ワンランク上の解答力が養われる。ポイントを見極める例題75、実力アップの練習問題116を収録。

判る!解ける!書ける!世界史論述 をAmazonでみる

【大学受験】世界史の特徴・勉強法

ここまでは、世界史の論述に絞って解説していきましたがここからは大学受験における世界史はどのように勉強していけばいいかを解説していきます。

世界史を学習していく上で重要なことは「語句」と「流れ」です。 「語句」に関しては想像が容易だと思います。「ナポレオン」や「マリーアントワネット」といった語句のことを指します。

しかし、世界史を勉強し始めると受験生がよく口にするのが「流れがつかめない」ということです。多くの世界史選択者が流れがわからないと言いますが、流れとはなんなのでしょうか?

流れとは簡単に言うと「因果関係」です。

世界史という科目は数多くある社会科目の中でも「学習すべき分量が社会の科目の中で最も多い」科目となっています。

また、世界史を受験科目として選択するに当たっては、世界史の特徴を十分踏まえて、学習に取り組むようにしてください。

  1. 学習すべき分量が社会の科目の中で最も多い。
  2. 世界中の国々の歴史の概要を網羅的に学習しなければならないため、世界史の全体像を把握するまで時間を要する。 ただし、一部の難関校は別として、日本史ほど詳細な知識を求められることは少ない。
  3. 日本史に比べて、小・中学校で学んだ世界史の知識が少ない

世界史を勉強する際に、ただ闇雲に年号や用語を暗記しても効果が薄いです。意識すべきことは、世界史全体の流れを掴むことです。 世界史の流れには、縦の流れと横の流れの2つの軸があります。

【縦の流れ】

「縦の流れ」とは、各国で起こった出来事を時系列で見る流れです。縦の流れは世界史を勉強する上で基礎となるため、横の流れを掴む前に勉強することをおすすめします。

縦の流れを追うことによって、1つの国の歴史や出来事を物語のように把握することが可能です。その国でどのようなことが起こったのかを掴む際に役に立つでしょう。

【横の流れ】

「横の流れ」とは、ある国である出来事が起こった際に、他の国ではどのようなことが起きているのかという流れです。世界史を勉強するにあたって、さまざまな国の時系列が混ざって混乱するという方は横の流れを理解できていない可能性があります。

縦の流れだけで世界史を覚えてしまうと、年代などがバラバラになってしまいます。 横の流れを把握するためには、ノートを1冊用意して自分で年表を作ることをおすすめします。

年代を書いた後、その時代に起きた出来事を記述しましょう。自分で年表を作ることによって、頭の中の知識が整理されます。

また、空いているスペースに地図を添えておくと、より理解を深めることが可能です。

【大学受験】世界史オススメの参考書

タテから見る世界史

先ほど述べたように、世界史の勉強に大切なのは物事の流れを「タテの流れ」で見ることと「ヨコの流れ」で見ることの2点が重要となってきます。 この参考書では世界史の流れで大切なタテの流れを学べる参考書となっています。

「世界史の流れがつかめない…」という人へ。 世界史の教科書は古代~現代という時代の区切りで書かれているため、ローマの次はインド、その次は中国…とどんどん地域が飛んでいきます。そのため「通史の流れがイマイチつかめない」という悩みを抱えている人が非常に多いです。

この参考書では各国・地域ごとに通史を一気に整理して解説しているので、流れを簡単に理解することができます。 「ヨコ」を問う問題を解くためには、「タテ」の知識が不可欠です。

「ヨコのつながり」がわからない、という人は「タテの流れ」を理解できていないということが多いです!

タテから見る世界史 パワーアップ版をAmazonでみる

ヨコから見る世界史

先ほど述べたように、世界史の勉強に大切なのは物事の流れを「タテの流れ」で見ることと「ヨコの流れ」で見ることの2点が重要となってきます。

この参考書では世界史の流れで大切なヨコの流れを学べる参考書となっています。世界史全体を時代ごとにヨコ割りにして整理し、同じ時代に他地域で起こった別々の出来事の因果関係を読み解いていきます。

特に上位校の入試問題では、世界史全体を「ヨコから問う」問題が主流となっています。また、知識量が重要と思われがちな正誤問題の対策も、出来事の相互の関連性を考えながら学ぶことがカギとなります。

論述問題でも「ヨコ」の流れが問われます

ヨコから見る世界史 パワーアップ版をAmazonでみる

時代と流れで覚える! 世界史

この参考書は、176ページ、77題と非常に少なく感じますが、この中に必要な情報は凝縮されており、これを一冊完璧に仕上げることで、関関同立程度の問題であれば、8~9割程度の点数はとることができます。 後述する、一元化という作業により、さらに内容を深めていくことも可能です。

古代から現代まで、重要な事項はほぼ網羅されています。 左ページは、資料集のように図や写真で説明されており、右ページに問題があるという見開きの構成です。難関私大で出題されるような比較的マイナーな語句もある程度載っています。

時代と流れで覚える! 世界史をAmazonでみる

 

 

現役難関大学生講師から合格まで最短の勉強計画の作成と学習サポートが受けられるオンライン塾

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: TN8v3Ts1BlMQ08fy0a4GvOKDEmL_jXP-8JO2qW6-rzrY8AILlu0V5jYgh1yGgIBGxpfsi81A8LUjnEKb_psuDE0ghvtepb7D4-uFd6YQnptsB38nXz5kHEkivW_vj96LQAgeRXGa

オンライン学習コーチングサービス「スタディチェーン」では週一回のオンラインでのマンツーマン指導で、学力レベル、学習状況、志望校を基に東京大学、早稲田大学、慶応義塾大学の現役大学生講師に勉強計画を作成してもらえます。

もちろん勉強計画だけではなく勉強の分からない部分の質問対応なども行うこともできます。

週一回の1対1のオンラインでの難関大学生講師によるマンツーマン指導

オンラインでのマンツーマン指導

365日の学習管理サポート

週一回のオンラインマンツーマン指導で立てた勉強計画を悩まず、無理せず、自分のできる範囲でしっかりと進めることができるように、365日いつでも質問したり、相談したりすることができます。

毎日、スタチェログと呼ばれる同じ志望校同士の生徒とその志望校の現役大学生が集まったグループに一日の勉強記録を投稿するとそのグループの中にいる志望校の現役大学生がアドバイスであったり、相談に必ず乗ってくれます。

スタディチェーンの365日の学習管理サポート

オンラインでもオフラインのような環境を完備

オンラインの塾では、自習室もないし、友達もいないし、なかなか自分一人で始めるのは不安といった声をよく聞きます。

しかし、安心してください!

オンラインの塾であっても、スタディチェーンではオンライン自習室をやっているだけでなく、過去問添削サービス、お悩み相談室、さらに志望校に合格した生徒同士の勉強時間のランキングや模試の成績ランキングを匿名で行っています。※スタディチェーンに通う生徒同士のみ

こういった機能がスタディチェーンにはあるからこそ、従来のオンライン塾にはなかったような魅力が詰まっているオンライン塾だと考えています。

コース一覧

スタディチェーン全コース

オンラインだからこそ日本全国のライバルと繋がれる

オンライン塾でも同じ志望校同士の日本全国のライバルとも匿名で勉強記録を毎日毎日投稿して、お互いに刺激し合うだけでなく、志望校に合格した先輩からもアドバイスがもらえる。さらに、同じ志望校同士の勉強時間ランキングや模試の成績ランキングも毎週末に送信されるためにオンラインであっても日本全国の受験生とライバル心をもって受験勉強に望むことができます。

スタディチェーンではコロナウイルスの感染拡大による休校中の受験生もしくは勉強がはかどっていない全国の受験生を対象に14日間の無料体験を実施しております。

▼無料体験へのお申し込みはこちらから

14日間の無料体験レッスン
スタディチェーンが無料体験実施中!東大・早稲田を主とした大学に通う現役大学生に、オンラインで受験勉強をマンツーマン指導してもらえる"スタディチェーン”が初めての方限定で『2週間無料体験』と『お得な入会キャンペーン』を実施中です!
-

関連記事

  1. 【大学受験】世界史の偏差値が短期間で一気に上がる勉強法を解説!

  2. 【大学受験】独学で9割を狙える世界史オススメの勉強法を紹介!!

  3. この勉強法で世界史9割突破!おすすめ参考書・問題集も紹介!

  4. 【大学受験】社会科目の選択方法って? (日本史、世界史、地理、倫理政経 )

  5. 【大学受験】世界史の勉強法とは? センター試験~国公立二次まで

  6. 【定期テスト対策】定期テストで世界史9割を取る勉強法