TOEIC初心者でも600・700・800点取れる勉強法を徹底解説!【独学】

TOEIC初心者でも600・700・800点取れるTOEICの勉強法を徹底解説!【独学】

TOEIC対策において目標点数が600点か700点か800点もしくは900点にするかによって大きく勉強法から使うべき参考書やアプリが変わります。

TOEIC学習において初心者の方から高校生、大学生、社会人と世代別に独学で急成長する勉強法を徹底解説します。

あき先生
あき先生

今回は、実際に自分TOEIC860点を2ヶ月以内に取得した方法を踏まえて超効率的な勉強法のコツも合わせて紹介していきたいと思います。

TOEICの高得点者の特徴と試験の概要

TOEICコーチ

TOEICの試験の特徴を知った上でどういう人がTOEICでは高得点を取りやすいのかを理解できるとTOEIC学習を通して自分の目指すべき状態が分かってくるようになります。今回はTOEICL&R試験の概要から解説していきます。

TOEIC試験の概要

TOEICには、「TOEIC Tests」と「TOEIC Bridge Test」の2つの種類があります。

その中でもそれぞれにおいて、リスニング力とリーディング力を測る「TOEIC Listening & Reading Test」があります。

そして、話す・書く力を測る「TOEIC Speaking & Writing Test」が用意されています。これらのテスト全体をまとめて「TOEIC Program」といわれています。※ただし、一般的にTOEICと言われるとListening & Reading Testのことを指します。

名称TOEIC® Listening & Reading Test
内容・リスニング:約45分間
・リーディング:約75分間
テスト形式マークシート方式
テスト結果スコア評価 10〜990点(5点刻み)
引用:TOEIC公式「テスト問題の構成

TOEICスコアの他の英語資格との比較

TOEICスコアと他の英語資格との比較については以下のようになります。もし今英検を持っていたり、他の資格を持っているのであればそれを元に大体どれくらいのTOEICスコアを取れるのか確認しておきましょう。

TOEIC L&R英検TEAPIELTSTOEFL iBTケンブリッジ英検
945~1級4007.0~8.095~120CAE
785~準一級334~3995.5~6.572~94FCE
550~2級226~3334.0~5.042~71PET
225~準2級150~2253.0KET
120~3級2.0

文部科学省 資料7 英語の資格・検定試験に関する基礎資料

https://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/117/shiryo/__icsFiles/afieldfile/2016/05/24/1368985_15_1.pdf

TOEICスコアの高得点者の特徴

実際に試験本番で200問もあるTOEICの試験で満点に近い高得点を獲得できる人はどういった勉強方法であったり、どういった状態になると高得点が取れるのでしょうか?

その高得点者達の特徴としては以下のようになります。

  • リスニング力が高いというよりもTOEIC独自のリスニングの聞き方ができている。
  • 時間に追われず、1つ1つ焦らずスピーディーに解ける。
  • TOEICの問題においては知らない単語がほとんど存在しない。

TOEICスコアの高得点者は、単語力、文法力、リスニング力の3つがTOEICレベルにおいては長けており、リーディングやその他の英語力についてはそこまで高くなくても今回紹介するTOEICの勉強法を実践すれば十分800点や900点は取ることが可能です。

次へ
塾長からのコメント

竹本明弘
オンラインTOEIC対策塾のTOEICコーチ塾長。
TOEIC高得点者の特徴としては、満点近くを狙いに行くセクションは決まっており、他の苦手や取れない分野では最低限の点数を取ります。

 

満点を目指す場合以外は、基礎的なpart5,part6に使う文法事項や全体的な単語学習が終わるとどのパートで何問中何問取るかを決めるのがTOEIC学習におけるスタートラインになります。

TOEICの参考書ガイドブック

TOEICのレベル別の参考書ガイドブックについては以下になるので、ぜひTOEICの受験を考えている人は参考にしてみてください。

下記の記事では就活に役立つ資格について紹介しているので、ぜひ参考にしてください!
就職で役に立つ資格とは?資格をアピールする方法や注意点も紹介

TOEIC学習初心者がまずやるべき勉強法

TOEIC学習初心者がやるべきことは大きく分けて3つの勉強になります。

その3つは、英文法と英単語とリスニングの3つになります。この3つのある一定の基礎ができなければどれだけTOEIC学習に時間を割いてもなかなかスコアが伸びづらくなる可能性があります。

ここから具体的にどういう勉強法でTOEICの基礎固めをすれば良いのか解説します。

TOEICの英文法の習得するための勉強法

世界一わかりやすいTOEICテストの英文法

TOEICにおいては長文読解問題から文法問題まで文法が基礎レベルができていないと解けない問題が数多く出題されます。そのため、もしTOEICスコア600点以上を狙うのであれば必ず英文法の基礎レベルの習得は必要です。

TOEICの英文法の習得する勉強法としては、何か一冊の参考書を完璧にすることに尽きます。おすすめの勉強法は、世界一分かりやすい英文法の教科書やなどを一冊習得することです。

基礎固めからしっかりとやりたい方は大岩の英文法の教科書を活用して、基礎レベルからしっかりと取り組んで

この際にもし800点以上のTOEICスコアを取りたいのであれば大学受験レベルの英文法まで習得する必要があるため、個人差はありますがvintageやnextstageといった2000問程度英文法の問題が掲載されている参考書をやり切るのがおすすめの英文法の勉強法です。

▷世界一わかりやすいTOEICテストの英文法はこちら
TOEIC L&R TEST 900点特急 パート5&6 (TOEIC TEST 特急シリーズ)
一億人の英文法

次へ
塾長からのコメント

竹本明弘
オンラインTOEIC対策塾のTOEICコーチ塾長。
文法を最短で習得していくには、問題集形式の参考書を1冊解き進めながら、苦手の部分は講義形式の参考書が確認がおすすめです。

 

例えば、TOEIC L&R TEST 900点特急 パート5&6を進めながら、「1億人の英文法」で理解するようなやり方をおすすめします。

TOEICの基礎レベルの英単語の勉強法

また英文法だけでなくTOEICにおいてはスピードが大事だからこそ単語力も非常に大切になってきます。一般的な英単語学習よりもTOEICにおける英単語学習では1つの単語を0.1秒で瞬間的に出てくるところまでこだわって学習することが重要になってきます。

そのため、いままでTOEICの英単語をただ意味をゆっくり覚えていたという意識がある方は、とにかく10分で10単語を10周するなどして、とにかく1つ1つの意味を高速に出てくるように覚える必要があります。

このTOEIC用の単語学習の勉強法が実践できれば、TOEICのリスニングにおいてもリーディングにおいても速読やリスニング力向上に確実に繋がってくるので少し大変かもしれないですが、ぜひ頑張ってください!

TOEICのリスニングの基礎の鍵は「発音」

TOEICのリスニングにおいても耳で聞き取れるようになる前に、「TOEICのリスニングのスピードで口で言えるようにする」ということがTOEICで目標達成するための一番のカギになってきます。

発音とも言いましたが、どちらかというとスピードについていけるかどうかの方がとても大切です。

そのため、TOEICのリスニングのスピードにあわせてTOEICのリスニングの音声を聞きながら、シャドーイングするという練習を最初の1ヶ月程度は必ず取り入れることをおすすめします。

またシャドーイングがもしできないという人がいれば、最初はディクテーションという音声を書き取る練習から始めてみると意外とシャドーイングが楽になったり、何回も読んだことのある文章からシャドーイングを始めてみると意外とすんなりできるようになったりもするので色々なやり方を試すことが重要になってきます。

単語や語彙などTOEICの基礎固めのための勉強法

キクタンTOEICL&RテストSCORE800

TOEICのリーディング、リスニングなどでしっかりと高得点を取るために単語や語彙における知識の勉強法について解説したいと思います。

基本的にTOEICの単語や文法をインプットするためのおすすめの勉強法5stepは以下となります。

  • ①キクタンTOEICL&RテストSCORE800を使って、単語を1秒で瞬間的に出てくるように5分で15個の単語を合計7周程度を6セットを毎日学習する。
  • ②文法についてはTOEIC L&R TEST 900点特急 パート5&6 (TOEIC TEST 特急シリーズ)や大学受験の文法の参考書を活用して、2000問程度の種類の文法を習得する。
  • ③実際のTOEICの過去問を活用して、part5,6を解いてみてできているかどうか確認する。
  • ④5回分程度TOEICのpart5,6を解いてみてから、自分のよくある間違いや苦手な文法の単元を復習する。
  • ⑤苦手な部分にフォーカスして、これまでの文法や単語の総復習を行うのがおすすめの勉強法
次へ
塾長からのコメント

竹本明弘
オンラインTOEIC対策塾のTOEICコーチ塾長。
TOEICは問題数が多い分、過去問演習において自分の苦手を発見しやすいです。

 

自分のよくやりがちやミスや苦手ポイントを見つけたら、それに対して1つ1つ苦手を潰していくことが重要になってきます。

▷TOEICにおすすめの単語帳=TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ (TOEIC TEST 特急シリーズ)
▷おすすめの単語帳(初心者)=キクタンTOEICL&RテストSCORE600
▷おすすめの単語帳(中堅者)=キクタンTOEICL&RテストSCORE800
▷おすすめの単語帳(ハイスコア)=キクタンTOEICL&Rテスト900

TOEICのリスニングの独学での勉強法

TOEICのリスニング力を最大限、最速であげる上で大切なのは、前半戦と後半戦で勉強法を分けることが重要になります。常に過去問演習ばかりやる人がいますが、もちろん量が大切ですが、量が全てではなりません。

TOEICのリスニング学習における前半戦の勉強法

まずはTOEICのリスニングの問題を自分ができそうなパートから音声についていけるようにシャドーイングしてみましょう。もちろん読みながらのシャドーイングで構いません。いきなり速くて長いと感じる見慣れない英文をいきなり聞いてもなかなか聞き取れるようにはなりません。

まずは意味を理解する前に聞こえてきた音を自分で紙にかけるような音声を認識する能力を強化しましょう。それを各パートから得意順、できそうだなと思える順番に取り組むことが大切です。

これがTOEICのリスニング学習における前半戦の勉強法になります。

TOEICのリスニング学習における後半戦の勉強法

TOEICのリスニング学習における後半戦では、とにかく「得点率をあげる」ことがテーマになります。音が聞き取れるようになったら次は意味を理解しようとすることが重要になります。

特に次の英文が流れてくる前までに、次の問題文を読めるような余裕が生まれるまでとにかくパートごとに学習していきましょう。

TOEICの過去問や問題集は一気にpart1~part4まで練習するのではなく、partは1つ1つ自分の目標点が取れるようになるまで学習して、取れるようになったら次のパートへと移っていくことが大切です。

TOEICのリーディングにおける独学での勉強法

TOEIC学習において大切なことは、①参考書選び②戦略(勉強する順番と目標設定)③L&Rそれぞれの勉強法です。特に勉強する順番と自分にあった参考書が選べるかはとても大切になってきます。確実にやればスコアが上がるものだけをレベル別にまとめたのでぜひ参考にしてみてください。

1つ注意して欲しい点としては、初学者〜700点レベルの方はpart別の解き方を徹底解説などの解き方の解説本はあまりおすすめしません。

800点以上を目指す方はたくさん読み込むべきですが、初学者〜700点レベルの方は目標スコアに対して、単語、文法、速読、リスニング、part1,2,3…など何か苦手なのかを徹底的に分析することが大切です。目標スコアを最短で掴み取りましょう!

下記の記事ではTOIECのリスニング、リーディングにも役に立つ初心者にもおすすめのオンライン英会話を紹介しています。ぜひご覧ください。

レアジョブは初心者でも安心のオンライン英会話_理由3選

TOEICスコア600点をとるために必要な勉強法

TOEICスコアで600点を取る為には、逆にできないパートを明確にしてそのパートは取らないと目標を決めることが大切です。あれもこれも手を出してしまいTOEICの目標点数が達成できない方が600点未満の方では非常に多いです。

基礎的な単語と文法をまずインプットすることに集中してから、リスニングのpart1,2に取り組みリーディングのpart5とリスニングのpart1,2の得点率を本気で上げることにコミットしていきましょう。

徐々に音声に慣れていきかつTOEICの中では最も簡単なパートになるので、挫折することなくTOEIC学習を続けることができるのでおすすめの勉強法です。

TOEICスコア700点をとるために必要な勉強法

TOEICスコアで700点を取る為には、リーディングのセクションのパート5、6で点数をとってパート7ではたとえ大きな失敗をしたり、時間が足りずに間に合わなかったとしても400点程度は取れるように準備することが最も最短の近道になります。

TOEICの文法問題の基礎的な対策にはTOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問をやり込むことがTOEICスコアを700点以上取りたい人にはおすすめの勉強法になります。さらに、次に800点や900点も狙っているという人には、1駅1題! TOEIC L&R TEST 文法特急 (TOEIC TEST 特急シリーズ) もでる1000問が終わった後に取り組むのがおすすめの勉強法です。

またリスニング力強化については、TOEIC L&Rテスト 壁越えトレーニング Part 1-4の1冊をとにかくやり切ることを目標にしてみてください。

TOEICスコア800点を取る為に必要な勉強法5ステップ

TOEICスコアで800点を取るために必要な勉強を5段階に分けて説明していきたいと思います。

1. TOEICの各パートごとに目標点数を設定する

まずは、TOEICの試験形式や問題の種類を理解しましょう。TOEICは、リーディングとリスニングの2つのセクションにおける目標から各パートごとの目標を自分の今の苦手や得意な分野を踏まえて立てることが重要になってきます。

2. TOEICのリスニング・リーディングに慣れる

TOEICのリスニング・リーディングに慣れることが重要です。まずは目標点数とのどれくらいのギャップがあるかどうかを過去問を3回分解いて確認していきましょう。目標点と現状の点数において最も差のある分野から取り組むことが大切です。

3. TOEICにおける単語力を鍛える+リスニング速度を上げる

TOEICのリーディングでは、多くの単語が出題されます。

そのため、単語力を鍛えることが重要です。単語帳を利用したり、TOEICの単語集を利用したりして、単語力を磨きましょう。

TOEICのリスニングでは、英語の会話や文章が速いスピードで流れます。そのため、リスニング速度を上げることかつ次の問題を事前に問題文を読めるほどの余裕を持てるようにすることが重要です。

少しTOEICよりも難しいTOEIC形式の問題が揃っている全方位リスニングという参考書をやり込むことで、リスニング速度を上げることができます。

4. TOEIC過去問や実践形式の問題を解いて対策を考える

TOEICの過去問を解いて、これまでの参考書学習の成果を踏まえた上での自分の弱点や対策を考えましょう。

過去問を解くことで、TOEICの試験形式や問題の種類に慣れることができますし、本番の流れでやった時しか出ない自分の速読の遅さやリスニングの問題のペースについていけないなどの問題に気付くことができます。

5. TOEIC学習においては継続して勉強する

TOEICの800点を取るためには、継続して勉強することが必要です。毎日少しずつでも勉強するようにしましょう。とにかく単語や文法はルーティン化することも大切ですし、参考書学習→過去問演習→苦手の発見→苦手の克服というサイクルを繰り返すのが最も大切な勉強法になってきます。

TOEICコーチ

TOEIC800点突破に向けおすすめの参考書

TOEICにおいて800突破のためにおすすめの参考書を4つ紹介します。

TOEIC L&R TEST 900点特急 パート5&6 (TOEIC TEST 特急シリーズ)

この教材は、TOEICのリスニングセクションのパート5とパート6に特化しており、高得点を目指す人におすすめです。本書の特徴は、実際の試験に近い形式で問題を出題していることです。

また、豊富な問題数と解説があることで、自己学習にも最適です。TOEICのリスニング力を向上させたい人には、ぜひ利用してみてください。

公式TOEIC Listening & Reading 800+

【音声DL・全問解説動画付】TOEIC(R) L&Rテスト 究極の模試600問+

TOEIC L&R TEST パート1・2特急 難化対策ドリル (TOEIC TEST 特急シリーズ) 

音声ダウンロード付 世界一わかりやすいTOEIC L&Rテスト総合模試2[800点突破レベル]

【特典音声DL付】TOEIC L&R テスト 究極のゼミ Part 7 

TOEIC(R)テスト新形式精選模試リーディング2 

[音声DL付] TOEIC L&R TEST 990点獲得 最強Part 7模試

TOEICスコアUPにはTOEIC特化のコーチング塾がおすすめ

TOEICスコアアップのためには、継続的な学習と努力が必要です。しかし、TOEICを自分で勉強するだけではなかなか成果が出ないこともあります。そんな方におすすめなのが、TOEICコーチです。

TOEICコーチは、あなたの目標スコアに合わせた学習プランを提供してくれます。また、問題解決のためのアドバイスや課題のフィードバックを行ってくれるので、自分で学ぶよりも効率的にTOEICのスコアアップが可能です。

さらに、TOEICコーチは、自分で学ぶ際には気付きにくい間違いや癖を指摘してくれるので、より正確な英語力の向上が期待できます。自分一人ではなかなかスコアアップが難しい方は、TOEICコーチの無料受験相談を一度受けてみてはいかがでしょうか?

4カ月専門の留学エージェントについての記事を掲載しているので、ぜひ参考にしてください。

【世代別】おすすめのTOEICの勉強法3選

世代別におすすめのTOEICの勉強法を紹介します。

TOEIC初心者の勉強法

TOEIC初心者の方には、まずは基本的な英語力を身につけることが重要です。TOEICテストの出題形式に慣れる前に英語の文法や単語をしっかりと基礎を学ぶことが大切です。

TOEICの勉強の際には、英語の音声を聞くことや、英語のニュースを読むことなど、リスニング・リーディングに重点を置いた学習が効果的です。

また、とにかく初心者の方は続けることが大事だからこそ自分にあった基礎的な教材を選び、毎日コツコツとモチベーションを維持しながら積み重ねることが大切な勉強法です。

海外赴任する方向けも記事の記事がありますので、ぜひ参考にしてください。
海外赴任きつい?やめとけ?メーカー海外駐在のデメリット9選【打線組んだ】

大学生におすすめのTOEICの勉強法

大学生の方には、英語学習の時間的な制約がある場合が多いかもしれません。そこで、授業の合間や通学時間など、ちょっとした時間を利用して英語学習を積極的に取り入れることが重要です。

レベルに合わせた教材を選び、リスニング・リーディングの2技能をバランスよく練習することで、テストでの高得点につながります。

隙間時間にて単語学習や直近でやったリスニングの音声を再度聞いてみるなど移動中でも別の作業をしながらでもできるような学習からコツコツと積み重ねることが重要です。

下記の記事では大学生でのオーストラリアのアルバイトのコツについて紹介しています。興味のある方はぜひご覧ください。

オーストラリアでアルバイトのトライアル!採用の連絡は来ないことも…仕事探し〜採用のコツも解説

社会人におすすめのTOEICの勉強法

社会人の方には、仕事や家庭の都合で英語学習の時間を確保するのが難しい場合が多いかもしれません。そこで、自分のライフスタイルに合わせた英語学習法を見つけることが大切です。

例えば、通勤時間に英語の音声教材を聞いたり、英語のニュースを読んだりすることで、無理なく学習時間を確保することができます。

BATIC(国際会計検定)終了!?なぜ?BATICの代わりになるのは?では、国際的な会計検定について記載されております。英語の学習する目的として、USCPAやBATICといった米国の会計資格取得を目標にしている方も多いと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

TOEICの勉強法についていかがでしたでしょうか?TOEICの勉強法ですが、参考書選びからリスニングの勉強法から文法の勉強までやるべきことがたくさんあります。

そこで、2ヶ月限定でTOEICのスコアを圧倒的に急成長させるTOEICコーチでは無料受験相談にてTOEICの勉強法や勉強計画についてもなんでも相談できるのでぜひ参考にしてみてください。

TOEICコーチ

以下に英検準一級や英検2級の勉強法についてもあわせて紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

英検準一級の勉強法

英検2級の勉強法

下記の記事ではTOEIC対策でオススメのオンライン英会話を紹介しておりますのでぜひ参考にしてみてください。

【TOEIC対策オンライン英会話】2024年おすすめ比較 受講や効果

下記の記事は楽しく英語を学べる名言を紹介しているので、ぜひご覧ください。
【一覧表つき】英語版スパーダ―マンの名言・セリフ22選

TOEICスコア最短で目標達成したいならTOEICコーチ!
今なら無料カウンセリング無料!
TOEICスコア最短で目標達成したいならTOEICコーチ
今なら無料カウンセリング実施中!